キャノンTS8130とTS6130を比較しましたその違いは
2017年発売の両機種ですがキャノンからハイスペックモデルと
スタンダードモデルとの位置づけ

比較項目TS8130TS6130
本体カラー黒・白・赤の3色黒・白の2色
液晶モニター4.3型3.0型
大きさ収納時で幅372×奥行324×高さ139(mm)収納時で幅372×奥行315×高さ139(mm)
重さ約6.5kg約6.2kg
消費電力約16W約14W
インク6色5色
印刷速度約18秒(L版写真)約31秒(L版写真)
印刷コスト約19.4円約17.2円
価格

※1.印刷速度やコストはキャノンやエプソンのL版印刷での測定環境から紹介しています
よってメーカーの考えから若干差が生じる可能性もありますご了承願います


仕様からTS8130とTS6130は結構細かく差はつけてますね


液晶モニターの大きさやインクがTS8130が6色でTS6130が5色なので
色域が当然TS8130がよさそうです。が逆にコストは若干高くなります
一番驚いたのがスピード倍とはいいませんがなかなかの差です


次に
TS8130とTS6130の機能の違いをみていきましょう


TS8130とTS6130の機能の比較



最高解像度4800×1200



スマホプリントあり



スマートトレイはTS8130だけ

 スマートトレイ対応モデルなら操作パネルや
排紙トレイが自動で開いてそのままプリントで便利




無線LANは:両機種あり



レーベルプリントはTS8130だけ




前面給紙は:両機種あり




自動電源ON/OFF:両機種あり



自動両面プリント:両機種ありますがTS6130はハガキ非対応



ダイレクトプリントでSDカードはTS8130だけ



☆マメ知識

黒インクが2種類あるのは文字用と写真用
染料インクで写真をきれいに鮮明な色再現
顔料インクで文字をくっきり





TS8130とTS6130の機能の比較で違い
いくつかTS6130にはない機能があります


印刷でも機能でも差があります細かく必要か不要かチェックを


価格差は8,000円ほどです




TS8130とTS6130の違いを紹介してきましたが
インクジェットプリンターでエプソンとキャノンは
国内シェアをほとんど占めています


選ぶべきメーカーです
そのシェアの内訳もほぼ半々なんです


あとは
印刷スピードや色域と細かな機能ですねこれでどちらか選ぶのがいいでしょう
デザインはほとんど一緒