2018年の新製品キャノンTS6230と去年発売のTS6130を比較しましたその違いはどちらもPIXUSシリーズのスタンダードモデル中間機です

比較項目TS6230TS6130
本体カラー白・黒の2色白・黒の2色
液晶モニター3.0型タッチ3.0型
大きさ収納時で幅372×奥行315×高さ139(mm)収納時で幅372×奥行315×高さ139(mm)
重さ約6.2kg約6.2kg
消費電力約14W約14W
インク6色5色
印刷速度約18秒(L版写真)約31秒(L版写真)
印刷コスト約17.3円約17.2円
価格2万円台1万円台

※1.印刷速度やコストはキャノンのL版印刷での測定環境から紹介しています
よってメーカーの考えから若干差が生じる可能性もありますご了承願います


TS6230とTS6130は新製品と去年ということで
差はほとんどないですね
強いて言えば印刷スピードですね



次に
TS6230とTS6130の機能の違いをみていきましょう
TS6230とTS6130の機能の比較






スマホ対応:両機種





無線LAN:両機種






ディスクレーベルプリント:両機種なし




前面給紙は:1段





自動電源ON:両機種




自動両面プリント:両機種あり





TS6230とTS6130の機能ほとんど同じですね




こうなると価格差でしょうか




価格差は1万円ほどでしょうか




TS6230とTS6130の違いを紹介してきましたが
インクジェットプリンターでキャノンとエプソンは
国内シェアをほとんど占めています


選ぶべきメーカーです
そのシェアの内訳もほぼ半々なんです


TS6230とTS6130はキャノンではスタンダードモデル
売れ筋でもあります。差は小さいとの結果を受けて
価格差1万円の安いTS6130が魅力的に映るのは私だけでしょうか