2018年の新製品キャノンTR4530と前回発売のTR7530を比較しましたその違いはどちらもビジネスでも活躍できるタイプですが品番から推測するのはTR7530の方がスペックは高い

比較項目TR4530TR7530
本体カラー
液晶モニターモノクロ2行3.0型タッチ
大きさ収納時で幅435×奥行295×高さ189(mm)収納時で幅438×奥行350×高さ190(mm)
重さ約5.9kg約7.9kg
消費電力約8W約14W
インク黒とからーは一体型5色独立
印刷速度約52秒(L版写真)約31秒(L版写真)
印刷コストメーカー未記載約17.6円
価格1万円台2万円台

※1.印刷速度やコストはキャノンのL版印刷での測定環境から紹介しています
よってメーカーの考えから若干差が生じる可能性もありますご了承願います


TR4530とTR7530両者スタンダードモデルという位置付けですが
TR4530の方がコンパクトですが色域、モニターなどTR7530より
劣っています。そしてスピードの差と印刷コストはノーコメントのようです



次に
TR4530とTR7530の機能の違いをみていきましょう
TR4530とTR7530の機能の比較



最大解像度4800×1200dpi




スマホ対応:両機種

LINEからのプリントはTR7530可能




無線LAN:両機種







前面給紙と背面給紙:TR7530
前面給紙だけはTR4530





自動電源ON:両機種




自動両面プリント:両機種、ただしハガキは非対応




ディスクレーベルは両機種なし





TR4530とTR7530の機能の違い小さな差はありました




この差が必要か不要かでしょうか




価格差は7千円ほどでしょうか




TR4530とTR7530の違いを紹介してきましたが
インクジェットプリンターでキャノンとエプソンで
国内シェアをほとんど占めています


まさに選ぶべきメーカーです
そのシェアの内訳もほぼ半々だったりします


TR4530とTR7530はA4複合機で両機種FAXもADFもついています。大きな差はスピードですねそして印刷コストはTR4530はキャノンからのデーター供給ありませんがカラー一体型なのでコストもかなりの差があると想像できます。そしてインクは両者去年のものです。価格差は7千円なのでTR7530がおすすめでしょうか