2018年の新製品キャノンTR4530とブラザーのPRIVIO新製品MFC-J898Nを比較しましたその違いはどちらもビジネスでも使えるタイプです

比較項目TR4530MFC-J898N
本体カラー
液晶モニターモノクロ2行2.7型タッチ
大きさ収納時で幅435×奥行295×高さ189(mm)収納時で幅400×奥行341×高さ172(mm)
重さ約5.9kg約8.6kg
消費電力約8W約18W
インク黒とカラーは一体型4色
印刷速度約52秒(L版写真)約14秒(L版写真)
印刷コストメーカー未記載約18.6円
価格1万円台2万円台

※1.印刷速度やコストはキャノンとブラザーのL版印刷での測定環境から紹介しています
よって各メーカーの考えから若干差が生じる可能性もありますご了承願います


TR4530とMFC-J898Nメーカーは違いますがA4カラー複合機で
ビジネスでも使えるプリント・コピー・スキャナ他両機種FAXとADFを搭載しています


ただ結構な差がでています。デザインと重さはキャノンでしょうかしかしモニターやスピード印字コストはブラザーです


次に
TR4530とMFC-J898Nの機能の違いをみていきましょう
TR4530とMFC-J898Nの機能の比較



スマホ対応:両機種





無線LAN:両機種

有線LAN:MFC-J898Nだけ





前面給紙が2段と背面はMFC-J898N

前面のみはTR4530





自動電源ONOFF:TR4530だけ




自動両面プリント:両機種あり




ディスクレーベルはMFC-J898N




TR4530とMFC-J898Nの機能も

結構な差があります




価格差は8千円ほどでしょうか



8割の確率でMFC-J898Nが魅力的です
本当はインクジェット複合機はキャノンやエプソンがオススメなんですが
今回はどうも給紙やスピード他MFC-J898Nがオススメとなりそうです


思ったより価格差も大きいのでTR4530もそこから計算するとこんなものかなって思っています