2016年新製品TS6030とTS5030の違いを比較
キャノンの中間モデルと下位シンプルモデルとでもいいましょうか


比較項目TS6030TS5030
本体カラー白・黒の2色白・黒の2色
液晶モニター3.0型3.0型
大きさ幅372×奥行315×高さ139(mm)幅372×奥行315×高さ126(mm)
重さ約6.2kg約5.5kg
消費電力約13W約12W
インク5色(BCI-371+370)5色(BCI-371+370)
印刷速度約33秒約33秒
印刷コスト約20.0円約20.0円
価格約2万5千円前後
約1万9千円前後

※印刷速度やコストはキャノンのL版写真印刷での測定環境から紹介しています
よってメーカーの考えから若干差が生じる可能性もありますご了承願います
TS6030は大容量インクがありますのでこれを使えばコストが約15.1円になります同じくTS5030も約15.1円


TS6030とTS5030同じシリーズですが概要は似てますね
大きさが若干違うくらいでインクも同じ5色なので




機能的にTS6030とTS5030の違いは

TS6030もTS5030もNFCはありません


※NFCとは
スマホをプリンターにかざすだけで
選んだ写真が面倒な設定なしで印刷


色域も両者はハイスペックモデルに比べて
4800DPIということで落ちます


TS6030は前面給紙も背面給紙もありますがTS5030には
背面給紙だけです


TS6030/TS5030にはレーベルプリントなし

自動両面プリントはTS6030あり、TS5030なし


ダイレクトプリントでTS5030にはSDカードOKですがTS6030なし



TS6030とTS5030の違い、比較のまとめ

キャノンとエプソンはインクジェットプリンターの国内シェアを独占しています
しかもその割合はほぼ半々です

キャノンというメーカーはまさに
選ぶべきメーカーです

TS6030とTS5030の違い
去年のPIXUSシリーズに対してはデザインを大きく変えてきました


毎年、年賀状季節にA4インクジェット複合機は
どのメーカーも投入してくるので

大きな変化はありませんが
改良はあります

残念なのが今年のPIXUSはデザインはカエテきたが
インクは去年のものです

TS6030とTS5030の差は概要も機能も差が小さいです
あとは細かな差と価格との折り合いで選ぶということでしょうか


ちなみに
TS6030とTS5030の価格の違いは
ざっくりですが現在6,000円ほどの差