BCI-371+3705MPはキャノンで使うインクジェットプリンター
消耗品ですが


このタイプは、BCI371のブラック・シアン・マゼンダ・イエローと
BCI370のブラックと、5色パックです


標準タイプと大容量タイプがあります
おおまかですが30%ほどの差があります


>>> BCI-371XL(BK/C/M/Y)+370XL 5色マルチパック 大容量タイプ BCI-371XL+370XL/5MP


>>> BCI-371(BK/C/M/Y)+370 5色マルチパック BCI-371+370/5MP


>>> BCI-370 ブラック 大容量タイプ BCI-370XLPGBK

>>> BCI-370 ブラック 大容量タイプ 2個パック BCI-370XLPGBK2P


>>> BCI-371 ブラック 大容量タイプ BCI-371XLBK

>>> BCI-371 シアン 大容量タイプ BCI-371XLC

>>> BCI-371 マゼンダ 大容量タイプ BCI-371XLM

>>> BCI-371 イエロー 大容量タイプ BCI-371XLY


>>> BCI-370 ブラック BCI-370PGBK


>>> BCI-371 ブラック BCI-371BK

>>> BCI-371 シアン BCI-371C

>>> BCI-371 マゼンダ BCI-371M

>>> BCI-371 イエロー BCI-371Y






BCI371+370純正インク


今紹介したのはメーカーの絶対消耗品の
純正インクです

キャノンBCI371+370純正インクは大きな値引きはありません
しかし高品質は約束されています

インクジェットプリンターのインクや消耗品は
メーカーの利益の源です

メーカー以外にも子会社や
協力会社、販売店なども恩恵を受けています

価格体系は崩れない
崩せない

純正インクがもし半値以下で売られているのがあれば
訳あり品や賞味期限きれと思われます



BCI371+370互換インク



互換インクは
メーカーではない業者が汎用インクとして独自に作ったものです


やはり純正インクに比べて互換インクはかなり安くなります
安くなかったら売れないわけですから当然といえば当然ですが。。


価格は安いのはわかったが
疑うべきは品質ですね
やはり新品といえども純正と比べると問題はあります




BCI371+370インク詰め替え



詰め替えインクは、液体だけの販売です
インクカートリッジに自分で補充します


詰め替えインクは一番安いといえそうな価格です
インク(液)だけなので確かにという感じです


また業者が空になった純正インクのカートリッジを集め
メーカーではない業者がクリーニングや液を詰め替える
リサイクルインクというのがあります


意外とと価格は高いです
手間がかかるのでしょう このリサイクルインクは
純正より安いですが互換や詰め替えインクより高いですね



BCI371+370インクのまとめ


詰め替えインクと
互換インクが価格だけに関しては最有力です

詰め替えインクは自分で補充するので
多少、手間がかかったり手が汚れたりすることもあります

詰め替えインクも互換もリサイクルも
販売しているのはメーカーではない業者です

特に会社規模の小さいところが多いです
初期不良なんかで交換がずさんであったりするリスクはあります

そして
メーカーはこのような業者とは対です

裁判なんかも起こります
独占禁止法だ、いや特許侵害だ

こういうこともあるんだ
とリスク管理は必要です