2016年新製品MB5430とMB5130の違いを比較
キャノンMAXIFYという新しいブランドです
スモールビジネス向けオフィス複合機です


比較項目MB5430MB5130
本体カラー黒の1色
液晶モニター3.5型3.5型
大きさ幅463×奥行394×高さ351(mm)幅463×奥行394×高さ291(mm)
重さ約12.9kg約11.4kg
TEC値約0.2kWh約0.2kWh
インク4色(PGI2300)4色(PGI2300
印刷速度約6秒(プリンターモノクロ)約6秒(プリンターモノクロ)
印刷コストモノクロ約2.2円モノクロ約2.2円
価格約2万9千円前後
約2万4千円前後

※印刷速度やコストはキャノンのA4普通紙印刷での測定環境から紹介しています
よってメーカーの考えから若干差が生じる可能性もありますご了承願います

PGI2300は大容量インクがありますのでこれを使えばコストがモノクロ両者が約1.8円になります
プリンタースピードはファーストプリントの待機時ですモノクロ約6秒ですがカラーは約7秒


MB5430とMB5130はほとんど変わりません
同じインクを採用なのでコストも一緒です

コストでもう少し詳しく
カラー印刷の場合大容量が約6.1円 標準インクが約7.6円




MB5430とMB5130の違い、比較のまとめ

自動両面プリント
ADF(両面/最大50枚)
タッチパネル
無線LAN
有線LAN
スマホ・タブレットからのプリント

このような機能は両機種同じです


MB5430は給紙カセットが2段です
250枚×2段

MB5130は給紙カセットが1段です
250枚×1段

これだけが大きな違いですね
これが大きさや重さの差になっています

そしてその価格差がざっくりですが
5,000円となっています

このカセットが1段多く必要か
そうでないかがポイントですね




キャノンとエプソンはインクジェットプリンターの国内シェアを独占しています
しかもその割合はほぼ半々です

キャノンというメーカーはまさに
選ぶべきメーカーです

MB5430もMB5130も
SOHOやスモールオフィス向けのA4複合機です

コピー・スキャナ・プリント・ファックス対応で
ADFも付いているのでほぼ満足機能です