エプソンEP709AとTS5030を比較しましたその違いは
2016年発売の両機種ですがまずは仕様から比較してみました

比較項目EP709ATS5030
本体カラーホワイトの1色ブラックとホワイトの2色
液晶モニター1.44型3.0型
大きさ収納時で幅390×奥行338×高さ163(mm)収納時で幅372×奥行315×高さ126(mm)
重さ約6.0kg約5.5kg
消費電力約15W約12W
インク6色(ITHシリーズ)5色(BCI-371+370)
印刷速度約17秒約33秒
印刷コスト約26.5円約20.0円
価格約14,000円前後
約19,000円前後

※印刷速度やコストはキャノンやエプソンのL版印刷での測定環境から紹介しています
よってメーカーの考えから若干差が生じる可能性もありますご了承願います



EP709AとTS5030の違いは
上記の仕様から差は見てとれます

まずは今年はキャノンはデザインを変えてきました
結果、コンパクトになりました

去年まではエプソンの方がコンパクトなイメージでしたが
今年は数字からもキャノンのTS5030の方が小さめですね


TS5030はブラックが選べます



色域はEP709Aは6色、TS5030が5色
TS6030は大容量インクも用意されているので印刷コストは更に
約15.1円になります(エプソンのEP709Aは約26.5)コストに差がでそうですが印刷スピードはエプソンか


EP709Aの液晶モニターは小さくTS5030の方が大きい
仕様はキャノンTS5030の方が充実しているので価格は5千円ほど差があります




EP709AとTS5030の機能の違いは


無線LANは:両機種あり
有線LANは:両機種なし

NFCは:両機種なし

ディスクレーベルプリントは:EP709Aは有り、TS5030は無し

前面給紙:EP709A
背面給紙:TS5030
給紙の仕方が違います


自動電源ON/OFF:両機種あり(EP709Aはオフのみ)


TS5030とEP709Aの機能はほぼよく似ています



EP709AとTS5030の違いを紹介してきましたが
インクジェットプリンターでエプソンとキャノンは
国内シェアをほとんど占めています


選ぶべきメーカーです
そのシェアの内訳もほぼ半々なんです


あとは
価格と充実度というかコストや印字スピードあたりの折り合いですね
ほぼ価格差通りのイメージですね