エプソンEP-50VとEP-30VAを比較しましたその違いは
エプソンの位置づけは両機種カラリオ最高画質でよりキレイによりお得にプリントしたい人への提案です。EP-50Vは2017年発売ですがEP-30VAは去年の機種です

比較項目EP-50VEP-30VA
本体カラー
液晶モニター2.4型4.3型
大きさ収納時で幅476×奥行369×高さ159(mm)収納時で幅390×奥行339×高さ141(mm)
重さ約8.5kg約7.0kg
消費電力約21W約15W
インク6色6色
印刷速度約34秒(L版写真)約33秒(L版写真)
印刷コスト約12.7円約12.7円
価格

※1.印刷速度やコストはキャノンやエプソンのL版印刷での測定環境から紹介しています
よってメーカーの考えから若干差が生じる可能性もありますご了承願います



仕様からEP-50VとEP-30VAは結構違います


印字コストや速度はほとんど差はありませんが大きさや重さには大きな違いが液晶モニターがEP-30VAの方が立派でワイドでタッチパネルですEP-50Vはありません


そして根本的な差が・・EP-50Vはプリンターで範囲がカード/名刺~A3ノビに対し
EP-30VAはプリンター他コピーやスキャン機能が付いています範囲はL版~A4
複合機が必要かA3サイズはどうかA4でいいのかここで決定しそうな感じです


次に
EP-50VとEP-30VAの機能の違いをみていきましょう



EP-50VとEP-30VAの機能の比較




最高解像度5760×1440dpi




スマホ対応(EPSONIPrint)




操作パネル排紙トレイ自動開閉:EP-30VAありEP-50Vは排紙トレイのみ自動




無線LANとUSBと有線LAN:両機種あり






ディスクレーベルプリント




前面給紙は:2段はEP-30VAで
EP-50Vは前面1段です




自動電源ON/OFF:両機種あり




自動両面プリント




ダイレクトプリント:EP-30VAはメモリーカード、USBメモリー、赤外線
EP-50Vはなし




EP-50VとEP-30VAの機能の比較での違い
EP-30VAの方が充実しています


EP-50Vはプリントに特化しているイメージですね




EP-30VAは去年の製品ということで価格差はほとんどありません




EP-50VとEP-30VAの違いを紹介してきましたが
インクジェットプリンターでエプソンとキャノンは
国内シェアをほとんど占めています


選ぶべきメーカーです
そのシェアの内訳もほぼ半々なんです


高品質の写真や印刷にはぴったりのEP-50VとEP-30VAですが
EP-50VはA3サイズまでのプリンターとしての専機
EP-30VAはA4サイズの複合機的なタイプですね