インクジェット プリンターとインク@正しい選び方

インクジェットプリンターや複合機の比較と消耗品のインクの純正、詰め替え、互換、リサイクルインクを解説

カテゴリ: 超特価激安複合機

家庭用コピー機に代わって今では複合機が主流になっています
その結果、シャープやゼロックス、リコーなど家庭用コピー機を販売していましたが
全て撤退しています。家庭用複合機のおすすめや選び方を紹介します

家庭用複合機のランキング


まずは大手ショッピングサイトの家庭用複合機のランキングを見てみましょう

>>> 家庭用複合機人気ランキング


家庭用複合機のランキングを確認するとメーカーで気づくことがあると思います
キャノンとエプソンがほとんどということ
家庭用複合機はインクジェットとレーザーと2種類ありますが特に


インクジェットプリンターや複合機はこの2社でほとんどを占めています
その割合もほとんど半々じゃないでしょうかなので
キャノンとエプソンは選ぶべきメーカーとなります


レーザー複合機もこの2社が牽引しているメーカーです
特にキャノンはレーザープリンターのパイオニアでありますし
業務用複合機を古くから販売していますノウハウは相当蓄積されているでしょう


ランキングにちょろちょろ顔を出すのがブラザーです
元々はミシンメーカーで家庭用複合機でいうと新興メーカーですが
後発にしては思いのほか検討しているのではないでしょうか


インクジェット系の複合機はキャノン、エプソンを軸にブラザー
レーザー系の複合機はキャノン、エプソンを軸にブラザーや最近はプラス
業務用複合機メーカーもこの手のA4サイズで仕掛けていますね


シャープとかコニカミノルタ、OKI、京セラ、ムラテックあたり
ただ業務用複合機の延長でのやり方なので保守契約を締結させられたり
本体価格が50万円ほどするのでA4といえども家庭用とは言い難いですね

このあたりは接触機会があってもよく検討する必要あります

家庭用複合機おすすめインクジェット


家庭用複合機でインクジェットタイプですが各メーカーによって若干
特色が違います。ポイントは色域やスピード、印字コストあたりでしょうか
キャノンやエプソンは6色のインクジェット複合機多くそろえていますがブラザーはほぼ4色


印字や写真印刷にこだわるならブラザーは劣ります
またキャノは黒を2色使いますがエプソンは黒1色に
ライトシアン、ライトマゼンダとカラー色が多いです


印字スピードも若干メーカーによって違います
その差は数秒なので気にならないかもしれませんが・・・
同じメーカーでも高価なタイプと下位モデルだと

倍以上スピードが変わるので要注意で確認するべきです


他にも選択肢でインクジェット複合機のデザイン
これもメーカーのよって違いますし大きさも変わります


自動電源ONOFFという機能がどうか
自動両面は最近はどの機種にもあります。用紙の裏と表を
入れ替える手間が省けたり経費削減に貢献します


給紙も背面だけでなく前面もあれば便利ですよね
特にエプソンは前面2段の機種多いです


どのメーカーもスマホからの簡単プリントは定番化しています


ADFは非常に便利だと思うことあります
A4のインクジェット複合機ではなかなか搭載されていないのですが
ブラザーのインクジェット複合機はADF搭載しているもの多いです


家庭用複合機ビジネス向けインクジェットとは


ビジネス向けでいうと複合機でもFAXつきやADFと想像しますが
ここ数年インクジェット複合機で新しいタイプが出ています
エプソンからでしょうかエコタンク搭載モデル


ポイントは印字コストが安い
今までのインクジェット複合機の1/3ほどでしょうか
エプソンのエコタンク搭載モデルは


本体にタンクがあってインクをそこに注ぐような感じです
これに追随するのがブラザーのファーストタンクというもの
こちらは超大容量のインクタンクで1年以上は交換不要であろうもの


キャノンはこの手のタイプは今のところ見当たりません
エプソンもブラザーも確かに印字コストは経費削減できるのですが
その代わりに本体価格が高いですね


だから家庭用複合機で年賀状+時々数枚印字=年間使用枚数なら
別に印字コストの安いエコタンクやファーストインクモデルじゃなくて
いいような気がしますね


この手のタイプはビジネスで相当な印刷するようなオフィスに
向いていると思います
本体と年間使用枚数を計算することをおすすめします



家庭用複合機おすすめレーザー


家庭用複合機にはレーザータイプも選択肢かもしれません
こちらもキャノン、エプソンを軸にブラザーはおすすめといえます
レーザー複合機はモノクロとカラーがあります。サイズはA4までですね


レーザーでA3サイズは業務用複合機に繋がっていきます
業務用複合機は価格も下位モデルでも50万円以上の価格で
保守契約という厄介な契約があるので家庭用って言えなくなります


レーザー複合機は消耗品がトナーになります
インクジェットに比べるとスピードや印字コストが安くなる傾向なので
ビジネスで使う大量印刷するならレーザーが選択肢になります


本体価格はインクジェットよりレーザー複合機の方が高めになりますので
トータル的な計算をして選択するのがいいでしょう
とにかくレーザー複合機は耐久がインクジェットより高い


ブラザーはレーザー複合機も結構揃えています
エプソンはこっちは減少傾向かなと思います
エプソンはインクの方がラインナップ多い


家庭用複合機A3おすすめ


家庭用複合機は基本A4までなんです
A3は業務用複合機へというイメージなんですが
各メーカーA3複合機はほとんど1種あるかないかなんですが


このA3複合機はブラザーが頑張っています
他で家庭用複合機でA3を選ぶ選択肢がないのでブラザーはチェックしましょう


ファーストタンクのインクジェット複合機や
ビジネスインクジェット複合機で各3機種ほど用意されています
ブラザー複合機のいいところはA3サイズが豊富なところADF搭載


業務用複合機の場合本体価格は高価で保守契約は本体を超えるかもしれないほど経費がかかります。しかしブラザーのA3複合機で問題なければ本体も10万円以下だし修理も業務用ほどではない


家庭用複合機のまとめ


家庭用複合機は大まかにいうと種類が多いのでどんなライフワークか
ビジネスで使うのかで選択が変わってきます

例えば

A4サイズでいいのかADFは、
FAX必要なのか、写真印字でキレイにこだわるのか
大量印字するからコストは特に重視なのか


など


OA機器パイオニアメーカーのキャノンか
インクジェットに力を入れるエプソンか
後発だけどビジネスで使えるブラザーか



fukugoki-new.blog.jp




業務用複合機はおすすめできないところがあるのですが
家庭用複合機はおすすめです。本体価格も比較的お求め安いし
修理や保守は選択できるので自由度があります

エプソンEP709Aが価格が8,000円代

EP709Aってどんな機種
L版~A4サイズのプリンター、コピー、スキャナの複合機
独立タイプの6色インク
無線LANのみ
前面給紙1段
液晶モニター1.44型

ベーシックモデル



エプソンEP045Aが価格4,000円代

EP045Aってどんな機種
L版~A4サイズのプリンター、コピー、スキャナの複合機
独立タンク4色
背面給紙だけ
モニターなし

シンプルモデル





キャノンTS5030~1万円以下です
L版~A4サイズのコピー・プリンター・スキャナ
3.0型モニター付き
背面給紙
無線LAN
5色独立インク



※記載金額は変動したり売れて終了になる場合があるのでご了承願います。

プリンター激安

とにかく激安プリンターが欲しい
中古じゃなく新品で有名プリンターを手に入れるには

少し前の機種に標準をあてる
2016年1月発売のPX048A

国内シェアをほとんど独占する
キャノンとエプソンで探してみました

MG5730
去年のモデルでなかなかの機種ですがなんとか5,000円を。。。

続きを読む

↑このページのトップヘ