2016年発売の新製品ブラザープリンター4点を
一気に比較してみました

ライフワークにあったブラザープリンター選びが可能です
ADFやNFCがカットされれば価格は安価になります

DCP-J983Nはこの中で一番本体は高価ですが
1枚あたりのコストは安くなります

ということで印刷が多い方にはオススメです

大きさは若干各機種変わりますが
基本の骨格は共通ですね

DCP-J968Nだけは黒と白の本体が選べれます
他は白のみです

DCP-J983NとDCP-J968NとDCP-J767NとDCP-J567N比較
こちら


DCP-J983N
有線・無線LAN
ADF:あり
NFC:あり
コスト:カラー約4.6円
大きさ:420×341×172(mm)


DCP-J968N
有線・無線LAN
ADF:あり
NFC:あり
コスト:カラー約8.5円
大きさ:400×341×172(mm)


DCP-J767N
無線LAN
ADF:なし
NFC:なし
コスト:カラー約8.5円
大きさ:400×341×151(mm)


DCP-J567N
無線LAN
ADF:なし
NFC:なし
コスト:カラー約8.5円
大きさ:400×341×151(mm)


ADFは自動送り装置でついていると本体価格は高くなりますが
便利ですね一度はまるとやめれない


NFCとは
スマホをプリンターにかざすだけで選んだ写真が面倒な設定なしで印刷