インクジェット プリンターとインク@正しい選び方

インクジェットプリンターや複合機の比較と消耗品のインクの純正、詰め替え、互換、リサイクルインクを解説

カテゴリ: キャノン

キャノンPIXUSシリーズのTR9530インクは
BCI-381とBCI380で構成されています
2種類の黒とシアン、マゼンダ、イエローです


キャノンはこの5個マルチパックと
BCI381には標準、大容量、小容量とインクを用意しています
BC380は標準と大容量です


TR9530インクの価格は
続きを読む

キャノンPIXUSシリーズのTS5030Sインクは
BCI-371とBCI370で構成されています
2種類の黒とシアン、マゼンダ、イエローです


キャノンはこの5個マルチパックと
BCI371には標準、大容量インクを用意しています
BC370も標準と大容量です


TS5030Sインクの価格は
続きを読む

キャノンPIXUSシリーズのTS5130Sインクは
BC340とBC341の黒と3色カラーで構成されています
尚、お得な増量も各色用意されています


希望小売価格はオープンとなっています


TS5130Sインクの価格は
続きを読む

キャノンPIXUSシリーズのTS6230インクは
BCI-381とBCI380で構成されています
2種類の黒とシアン、マゼンダ、イエローです


キャノンはこの5個マルチパックと
BCI381には標準、大容量、小容量とインクを用意しています
BC380は標準と大容量です


TS6230インクの価格は
続きを読む

BCI-381XL(BK/C/M/Y/GY)は
キャノンPIXUSシリーズのBCI-381インクの大容量タイプです
黒、シアン、マゼンダ、イエロー、グレーと5色


ちなみにこのBCI-381シリーズには標準タイプと
小容量タイプと3種用意されていることになっています
売れ筋ということとライフワークにあったインクを選べます


BCI-381XL(BK/C/M/Y/GY)インクの価格は
続きを読む

MG3630で使うインクは
BC340とBC341の黒と3色一体カラーと
BC340XLとBC341XLのお得な増量タイプがあります


インクの消耗品はメーカーから言えば利益の源泉
安定的な収益は企業にとって最もよろこばしい事業です
しかし消費者にとっては少々不満がでてきます


ご存知のように高いわけです



印刷枚数が増加すると一気にインクが消耗され
経費が嵩みます。また久々にプリンターを動かして印字すると
なにかインクが減っている蒸発?って思うほどなくなる感覚は早いですよね


そこで考えるのが
互換インクや詰め替え品
これらはメーカーではない業者のものなので過去には


裁判なんかも起こっています

独占禁止法だとか特許侵害だとか

消費者としてはこのあたりは見守る必要もあります



ではMG3630インク互換は
続きを読む

キャノンPIXUSシリーズの2017年の新登場インクが
XKI-N11(XL)+N10(XL)/6MPです


お得な6個パックがXKI-N11(XL)+N10(XL)/6MPです
この6個パックには標準と大容量タイプが用意されています


6色は
XKI-N11(XL)には黒・シアン・マゼンダ・イエロー・フォトブルーと
XKI-N10(XL)PGBKの黒


XKI-N11(XL)+N10(XL)/6MPの純正インク価格は
続きを読む

キャノンPIXUSシリーズの2017年の新登場インクが
BC-345(XL)やBC-346(XL)があります


BC-345やBC-346は標準タイプで
BC-345XLやBC-346XLがお得な増量タイプです


BC-345(XL)が黒で
BC-346(XL)は3色カラー一体型のカートリッジと
なっています


BC-345(XL)やBC-346(XL)の純正インク価格は
続きを読む

キャノンPIXUSシリーズの2017年の新登場インクが
BCI381(S)やBCI380(S)です


お得な6個パックがBCI381(S)+BCI380(S)6MPです
この6個パックには標準と小容量タイプ(S)が用意されています


6色は
BCI381(S)には黒・シアン・マゼンダ・イエロー・グレーと
BCI380(S)の黒


BCI381(S)とBCI380(S)の純正インク価格は
続きを読む

PGI1300インクはキャノンMAXIFYプリンターなどで
使う消耗品です


このタイプは、ブラック・シアン・マゼンダ・イエローと4色ですが
ビジネス向けということもあってお得な増量があります


おおまかですが30%~40%ほどのお得度があります



>>> ブラック 大容量タイプ PGI-1300XLBK

>>> シアン 大容量タイプ PGI-1300XLC

>>> マゼンダ 大容量タイプ PGI-1300XLM

>>> イエロー 大容量タイプ PGI-1300XLY


>>> ブラック PGI-1300BK

>>> シアン PGI-1300C

>>> マゼンダ PGI-1300M

>>> イエロー PGI-1300Y





PGI1300純正インク


今紹介したのはメーカーの絶対消耗品の
純正インクです

キャノンPGI1300純正インクは大きな値引きはありません
しかし高品質は約束されています

インクジェットプリンターのインクや消耗品は
メーカーの利益の源です

メーカー以外にも子会社や
協力会社、販売店なども恩恵を受けています

価格体系は崩れない
崩せない

純正インクがもし半値以下で売られているのがあれば
訳あり品や賞味期限きれと思われます



PGI1300互換インク



互換インクは
メーカーではない業者が汎用インクとして独自に作ったものです


やはり純正インクに比べて互換インクはかなり安くなります
安くなかったら売れないわけですから当然といえば当然ですが。。


価格は安いのはわかったが
疑うべきは品質ですね
やはり新品といえども純正と比べると問題はあります




PGI1300インク詰め替え



詰め替えインクは、液体だけの販売です
インクカートリッジに自分で補充します



詰め替えインクは一番安いといえそうな価格です
インク(液)だけなので確かにという感じです



また業者が空になった純正インクのカートリッジを集め
メーカーではない業者がクリーニングや液を詰め替える
リサイクルインクというのがあります


意外と価格は高いです
手間がかかるのでしょう このリサイクルインクは
純正より安いですが互換や詰め替えインクより高いですね



PGI1300インクのまとめ


詰め替えインクと
互換インクが価格だけに関しては最有力です

詰め替えインクは自分で補充するので
多少、手間がかかったり手が汚れたりすることもあります

詰め替えインクも互換もリサイクルも
販売しているのはメーカーではない業者です

特に会社規模の小さいところが多いです
初期不良なんかで交換がずさんであったりするリスクはあります

そして
メーカーはこのような業者とは対です

裁判なんかも起こります
独占禁止法だ、いや特許侵害だ

こういうこともあるんだ
とリスク管理は必要です

PGI2300インクはキャノンMAXIFYプリンターなどで
使う消耗品です


このタイプは、ブラック・シアン・マゼンダ・イエローと4色ですが
ビジネス向けということもあってお得な増量があります


おおまかですが20%強のお得度があります


>>> ブラック 大容量タイプ PGI-2300XLBK

>>> シアン 大容量タイプ PGI-2300XLC

>>> マゼンダ 大容量タイプ PGI-2300XLM

>>> イエロー 大容量タイプ PGI-2300XLY


>>> ブラック PGI-2300BK

>>> シアン PGI-2300C

>>> マゼンダ PGI-2300M

>>> イエロー PGI-2300Y






PGI2300純正インク


今紹介したのはメーカーの絶対消耗品の
純正インクです

キャノンPGI2300純正インクは大きな値引きはありません
しかし高品質は約束されています

インクジェットプリンターのインクや消耗品は
メーカーの利益の源です

メーカー以外にも子会社や
協力会社、販売店なども恩恵を受けています

価格体系は崩れない
崩せない

純正インクがもし半値以下で売られているのがあれば
訳あり品や賞味期限きれと思われます



PGI2300互換インク



互換インクは
メーカーではない業者が汎用インクとして独自に作ったものです


やはり純正インクに比べて互換インクはかなり安くなります
安くなかったら売れないわけですから当然といえば当然ですが。。


価格は安いのはわかったが
疑うべきは品質ですね
やはり新品といえども純正と比べると問題はあります




PGI2300インク詰め替え



詰め替えインクは、液体だけの販売です
インクカートリッジに自分で補充します



詰め替えインクは一番安いといえそうな価格です
インク(液)だけなので確かにという感じです


また業者が空になった純正インクのカートリッジを集め
メーカーではない業者がクリーニングや液を詰め替える
リサイクルインクというのがあります


意外と価格は高いです
手間がかかるのでしょう このリサイクルインクは
純正より安いですが互換や詰め替えインクより高いですね



PGI2300インクのまとめ


詰め替えインクと
互換インクが価格だけに関しては最有力です

詰め替えインクは自分で補充するので
多少、手間がかかったり手が汚れたりすることもあります

詰め替えインクも互換もリサイクルも
販売しているのはメーカーではない業者です

特に会社規模の小さいところが多いです
初期不良なんかで交換がずさんであったりするリスクはあります

そして
メーカーはこのような業者とは対です

裁判なんかも起こります
独占禁止法だ、いや特許侵害だ

こういうこともあるんだ
とリスク管理は必要です

BCI-371+3705MPはキャノンで使うインクジェットプリンター
消耗品ですが


このタイプは、BCI371のブラック・シアン・マゼンダ・イエローと
BCI370のブラックと、5色パックです


標準タイプと大容量タイプがあります
おおまかですが30%ほどの差があります


>>> BCI-371XL(BK/C/M/Y)+370XL 5色マルチパック 大容量タイプ BCI-371XL+370XL/5MP


>>> BCI-371(BK/C/M/Y)+370 5色マルチパック BCI-371+370/5MP


>>> BCI-370 ブラック 大容量タイプ BCI-370XLPGBK

>>> BCI-370 ブラック 大容量タイプ 2個パック BCI-370XLPGBK2P


>>> BCI-371 ブラック 大容量タイプ BCI-371XLBK

>>> BCI-371 シアン 大容量タイプ BCI-371XLC

>>> BCI-371 マゼンダ 大容量タイプ BCI-371XLM

>>> BCI-371 イエロー 大容量タイプ BCI-371XLY


>>> BCI-370 ブラック BCI-370PGBK


>>> BCI-371 ブラック BCI-371BK

>>> BCI-371 シアン BCI-371C

>>> BCI-371 マゼンダ BCI-371M

>>> BCI-371 イエロー BCI-371Y






BCI371+370純正インク


今紹介したのはメーカーの絶対消耗品の
純正インクです

キャノンBCI371+370純正インクは大きな値引きはありません
しかし高品質は約束されています

インクジェットプリンターのインクや消耗品は
メーカーの利益の源です

メーカー以外にも子会社や
協力会社、販売店なども恩恵を受けています

価格体系は崩れない
崩せない

純正インクがもし半値以下で売られているのがあれば
訳あり品や賞味期限きれと思われます



BCI371+370互換インク



互換インクは
メーカーではない業者が汎用インクとして独自に作ったものです


やはり純正インクに比べて互換インクはかなり安くなります
安くなかったら売れないわけですから当然といえば当然ですが。。


価格は安いのはわかったが
疑うべきは品質ですね
やはり新品といえども純正と比べると問題はあります




BCI371+370インク詰め替え



詰め替えインクは、液体だけの販売です
インクカートリッジに自分で補充します


詰め替えインクは一番安いといえそうな価格です
インク(液)だけなので確かにという感じです


また業者が空になった純正インクのカートリッジを集め
メーカーではない業者がクリーニングや液を詰め替える
リサイクルインクというのがあります


意外とと価格は高いです
手間がかかるのでしょう このリサイクルインクは
純正より安いですが互換や詰め替えインクより高いですね



BCI371+370インクのまとめ


詰め替えインクと
互換インクが価格だけに関しては最有力です

詰め替えインクは自分で補充するので
多少、手間がかかったり手が汚れたりすることもあります

詰め替えインクも互換もリサイクルも
販売しているのはメーカーではない業者です

特に会社規模の小さいところが多いです
初期不良なんかで交換がずさんであったりするリスクはあります

そして
メーカーはこのような業者とは対です

裁判なんかも起こります
独占禁止法だ、いや特許侵害だ

こういうこともあるんだ
とリスク管理は必要です

MB5430インクとは
キャノンのMAXIFY(マキシファイ)シリーズの消耗品ですが

マキシファイ?
キャノンの新しいブランドですね

誰が使うのか
スモールオフィス向けのインクジェット複合機です


MB5430インクは
ブラック・シアン・マゼンダ・イエローと
4色で構成されいます


メーカーでは大容量タイプも用意しています
お得な価格設定になっています
MB5430純正インク

>>> PGI-2300 ブラック 大容量タイプ PGI-2300XLBK

>>> PGI-2300 シアン 大容量タイプ PGI-2300XLC

>>> PGI-2300 マゼンダ 大容量タイプ PGI-2300XLM

>>> PGI-2300 イエロー 大容量タイプ PGI-2300XLY


ここからは標準タイプ

>>> PGI-2300 ブラック PGI-2300BK

>>> PGI-2300 シアン PGI-2300C

>>> PGI-2300 マゼンダ PGI-2300M

>>> PGI-2300 イエロー PGI-2300Y

※キャノンの測定ではインクコスト(A4普通紙込)でモノクロ約2.2円、
カラー約7.6円に対し大容量はモノクロ約1.8円、カラー約6.1円なので
20%ほど安くなるようです



MB5430インク



今紹介したのはメーカーの絶対消耗品の
純正インクです

キャノンMB5430純正インクは大きな値引きはありません
しかし高品質は約束されています

インクジェットプリンターのインクや消耗品は
メーカーの利益の源です

メーカー以外にも子会社や
協力会社、販売店なども恩恵を受けています

価格体系は崩れない
崩せない

純正インクがもし半値以下で売られているのがあれば
訳あり品や賞味期限きれと思われます



MB5430インク互換



互換インクは
メーカーではない業者が汎用インクとして独自に作ったものです



やはり純正インクに比べて互換インクはかなり安くなります
安くなかったら売れないわけですから当然といえば当然ですが。。


価格は安いのはわかったが
疑うべきは品質ですね
やはり新品といえども純正と比べると問題はあります




MB5430インク詰め替え



詰め替えインクは、液体だけの販売です
インクカートリッジに自分で補充します




詰め替えインクは一番安いといえそうな価格です
インク(液)だけなので確かにという感じです

エレコムは会社規模も大きいし
量販店でも拡販しているので一定の安心があります

MB5430インクは販売が浅いので
まだ開発されてない可能性があります



また業者が空になった純正インクのカートリッジを集め
メーカーではない業者がクリーニングや液を詰め替える
リサイクルインクというのがあります


以外と価格は高いです
手間がかかるのでしょう このリサイクルインクは
純正より安いですが互換や詰め替えインクより高いですね






MB5430インクのまとめ


詰め替えインクと
互換インクが価格だけに関しては最有力です

詰め替えインクは自分で補充するので
多少、手間がかかったり手が汚れたりすることもあります

詰め替えインクも互換もリサイクルも
販売しているのはメーカーではない業者です

特に会社規模の小さいところが多いです
初期不良なんかで交換がずさんであったりするリスクはあります

そして
メーカーはこのような業者とは対です

裁判なんかも起こります
独占禁止法だ、いや特許侵害だ

こういうこともあるんだ
とリスク管理は必要です

MG7130インク

標準インクと大容量が用意されています

大容量の5個パック



大容量の6個パック



標準インクの5個パック



標準インクの6個パック




☆大容量タイプ(MG7130インク)

BCI-350XLPGBK>>2個パック
 


BCI-351XL(黒>>シアン>>マゼンタ)
  


BCI-351XL(イエロー>>グレー)
 



☆標準タイプ(MG7130インク)ここから

BCI350PGBK(黒)



BCI351(黒>>シアン>>マゼンタ)
  


BCI351(イエロー>>グレー)
 


※MG7130インクには、標準とお得な増量インクがあります
黒が2種類とシアン、マゼンタ、イエロー、グレーの6色ですが

各標準と増量インクがあり
さらにお得な5色パックや6色パックも用意されています







↑このページのトップヘ