インクジェットプリンターレーザープリンターの違い

個人ではインクジェットプリンター
ビジネスではレーザープリンターというイメージですが

インクジェットプリンターは、簡素な仕組みで
インクを直接噴射させるような方式です

それによって本体の価格が安い
苦手なのが原稿を大量に刷ることです

レーザープリンターは
コピー機の仕組みに近い

感光体に光を照射し
その部分にトナーが静電気で付着する

一度に1枚印刷するので
別名ページプリンターともいう


インクジェットプリンターとレーザープリンターの違い:メーカー

インクジェットプリンターは、
ほとんどキャノンとエプソンの独壇場

NECやHPやレックスマークなんかもありますが
もう今販売していないメーカーもあります

それに対して
レーザープリンターは

ここでも
キャノンやエプソンは強いですが

富士通やリコー、ゼロックス、NTT、沖、カシオ、NECなど他多数
扱いメーカーが存在します

メーカー選びはレーザープリンターの方が困難といえるのでしょうか


インクジェットプリンターとレーザープリンターの違い:本体の価格

インクジェットプリンターは高くても8万円ほどですが
レーザープリンターは数十万は通常です


インクジェットプリンターとレーザープリンターの違い:どっちがいいの

ライフワークによります
少量カラーならインクジェットプリンターですし

大量モノクロならレーザープリンターの方がよさそうです


インクジェットプリンターとレーザープリンターの違い:複合機

これはどちら作っています


インクジェットプリンターとレーザープリンターの違い:消耗品

インクジェットプリンターは、インク
レーザープリンターは、トナー

インクは高くても数千円ですが
トナーは、安くても1万円ほどします


刷る量が多くなれば1枚あたりはトナーの方が安くなるかもしれませんよ


インクジェットプリンターとレーザープリンターの違い:大きさ

一般的にインクジェットプリンターの方が小さいコンパクト