詰め替えインクダイソーエレコムサンワサプライ

詰め替えインクを販売しているのはメーカーではありません
小さな企業やそこそこ有名なのは100円ショップのダイソー
パソコン周辺機器全般のサンワサプライとかエレコムなど


では詰め替えインクのいいところとデメリットは
まずは詰め替えインクは価格が安いです
純正インクよりかなり安いこれが一番のメリット


では詰め替えインクの問題点は
純正インクや互換に比べて手間がかかります


自分でカートリッジを取り出してインク液を流し込むのですが
下の口から液が漏れて机が汚れたり
挿入口でインクが風船状になってうまく下に落ちずにカートリッジ周りが汚れたりです


他にもプリンターの中に手を入れるので手が汚れたり
もしかしたらケガをするかもしれません
このあたりは自己責任を問われそうですね


もうひとつ大きな問題が・・・
それはメーカーが認めていないということです


互換インクもしかり
メーカーは純正インクカートリッジしか認めていません


例えば
ダイソーの詰め替えインクだけ認める
そんなこともありません


メーカーとして大事な飯の種をやすやすと渡すことはありません
インクというのはメーカーにとって株主の配当まで潤わす



大事な利益の源泉なのです
だから裁判も繰り広げられています


特許侵害だ
独占禁止法だ
という具合に


安いものを使うということはリスクがあります


リスクの一例
ダイソーの詰め替えを使っていてプリンターが調子が悪くなった
その原因の本当のところはわからないが


メーカーにもし正直にダイソーの詰め替えインクを使っていたら
プリンターヘッドがおかしくなったみたいなことをいうと
メーカーはその詰め替え品がまずいみたいなことを言われて


本質はわからなくなるかもしれません


少しでもリスクを減らすなら
小規模の詰め替えインク業者より
大手の企業の方がよさそうです


もしもの時の対応を的確にアドバイスしてくれそうとのことで
そう考えるとダイソーの安いのよりサンワサプライとかエレコムの方が信頼はありそうです