A3複合機

今回はインクジェット方式の複合機を調査しました
しかもA3サイズです。複合機をもやはりキャノンとエプソンが選ぶべきメーカーですが

メーカーのインクジェットのカタログを見ていると
半分以上は複合機と呼ばれるもののようです

複合機は
プリンター以外にコピー機能やスキャナ、FAXがついているもの

1台で何役か対応しているので
便利というか当たり前になっています

プリンターにコピー機能やスキャナはよくある
複合機です

ここにFAXやADFがプラスされる複合機は
価格も1ランクUPします

インクジェット複合機はA4サイズが一般的ですが
A3対応複合機も各メーカー少ないですが販売しています

そこで今回は
おすすめのA3複合機を紹介します

もちろんキャノンとエプソンが選ぶべきメーカーなので
この2大メーカーから選びます

浮かび上がったのが
ときどきA3という触れ込みでPRしている

エプソンから

2016年にA3複合機新モデル
EP979A3が発売されました

去年のA3複合機EP978A3の後継機ですが
ほとんどかわらないようですこちら>>> EP979A3とEP978A3の違い


EP978A3です


2015年のニューモデルです
機能的にはエプソン最高クラスです

NFCもできます
前面2段

液晶4.3型でタッチパネル
FAXやADFはついていません

A3だけどコンパクトな複合機です
外寸(収納時):479×356×148(mm) 重さ:約8.7kg

原稿台はA4です
では大きなA3サイズはどうコピーするのでしょうか

複数回にスキャンします
パソコンで合成してつなぎ目を分かりにくくして保存できます

これでコピーも同梱ソフトを使ってできるのです



次にキャノンといいたいところですが
A3インクジェットプリンターはあるのですが


プリンター要素が強いので
複合機としては紹介できません


2015年はキャノン、エプソン以外にひとつプラスしたいメーカーがあります
ブラザーです

ブラザーは近年プリンター事業に力を注いでいます
特に複合機はそう感じます

A3複合機が多いんです
ピックアップしました


MFC-J4725Nといいます

A3対応ですが
プリンター、スキャン(A4)、コピーはもとより

FAXもついています
前面給紙1段

ADF(20枚)ついています
これはなかなか他ではみられない

ADFは使う人が使うと大変便利
しかもNFCも搭載

機能だけみるとかなり豪華ですね
外寸(収納時):480×345×188(mm) 重さ:約10.4kg

インクは4色独立なので
色域はエプソンやキャノンには及ばない感じです

もう一台ブラザー
これはビジネス複合機です
MFC-J6973CDW

4万円を超えますが
見た目もなんかできそうなやつですね

プリンターからスキャン(A3)、コピー、FAXつきです
前面給紙2段

ADFはなんと35枚
自動両面もA3

3.7型液晶タッチパネル
NFCも搭載です

外寸(収納時):553×433×310(mm) 重さ:約16.5kg
今までの紹介したA3複合機より二回りほどの存在感です




最後に
A4複合機おすすめ

キャノンのMX923
プリンター・スキャン・コピー・FAXつきです



3.0型液晶パネル(タッチパネルではありません)
前面給紙2段

キャノンではほとんどみれませんが
ADF機能付き(自動両面対応)

外寸(収納時):491×396×231(mm) 重さ:約11.7kg



まとめ

無難にエプソンがおすすめですが
FAXやADFがありません

これらが欲しければ
ブラザーとなります

本体の質感やデザインや色域なんかをあきらめれば
価格的にもブラザーも選択肢となります

キャノンにはA3対応でエプソンやブラザーほど充実しているものがありません
最後に紹介したA4になります

A3は選択が多いとはいえない機種なので
各メーカー一長一短あります

ライフワークに合ったものを
最終的に選択しましょう