インクジェット プリンターとインク@正しい選び方

インクジェットプリンターや複合機の比較と消耗品のインクの純正、詰め替え、互換、リサイクルインクを解説

カテゴリ:2019年おすすめ > 2019複合機の比較

2019年新発売のキャノンのG7030とブラザーのMFC-J1605を比較
PIXUSとPRIVIOの今回の共通はギガタンクやファーストタンクという各メーカー名づけてる大容量インクを使った印字コストを普段の複合機より安くするモデル

比較項目G7030MFC-J1605DN
本体カラー
液晶2行モノクロ2.7型タッチパネル
大きさ収納時で幅403×奥行369×高さ234(mm)収納時で幅435×奥行402×高さ195(mm)
重さ約9.6kg約10.0kg
消費電力(コピー時)約15W約20W
スマホプリント
印刷速度37秒/枚14秒/枚
印刷コストA4カラー文書約0.9円A4カラー文書約3.7円
ネットワーク有線&無線LAN有線&無線LAN
FAX〇子機付き
自動両面プリント
給紙方式前面1段と背面前面1段と背面
ディスクレーベル××
インク4色4色
価格G7030MFC-J1605DN

※1.印刷速度やコストはキャノン、ブラザーでの測定環境から紹介しています
(印字速度はL版フチなし)
よってメーカーの考えから若干差が生じる可能性もありますご了承願います



G7030とMFC-J1605DNですが見た目はやはり違います
両機種FAXとADFつきなのですがブラザーは子機もあります


G7030とMFC-J1605DNのお得なポイント


G7030とMFC-J1605DNも4色なので色域は期待できない
このタイプはコストを安くするのを目的なので仕方ない



G7030とMFC-J1605DNですが以前のインクジェット複合機に
比べればコストはかなり安くなるのですがこの両機種のインクコストやスピードは差があります





自動両面プリントは用紙の裏と表を入れ替える手間が省けます

1/2に用紙の節約にもなります







前面給紙と背面給紙があると便利です。
ハガキや名刺は背面給紙からといったようなのが便利です





スマホからの簡単プリントは定番です

キャノンは「Canon PRINT Inkjet/SELPHY」という無料アプリ
ブラザーなら「Brotheriprint&SCAN」





NFC搭載は両機種なし

NFCとは対応のモバイル端末なら製品も本体にかざすだけでモバイル端末内の
データをプリントしたりスキャンした内容を直接端末に取り込めます
WIFIや無線LANの設定は必要ありません






ADFは連続印刷や読み取りと便利なんですが
両機種あり






G7030とMFC-J1605DNの保証はお買い上げ後1年間ですが

その修理や部品の供給期間は製造終了から5年間が多いと思いますが

メーカーでその差もあるので気になる方はその都度確認しましょう





キャノンとブラザーは1年後の保証オプションを用意していますが
内容は違います





キャノンとエプソンはPIXUSとカラリオで長らくブランド化しています

インクジェットプリンターや複合機でいえばシェアを二分するような

国内シェアをこのメーカーが占めています。それを追いかけてきたのがブラザーです



キャノンとブラザーの印字コストが気になるのですが



G7030の最安値を見つける>>




MFC-J1605DNの最安値を見つける>>



G7030とMFC-J1605DNの価格差はほとんどありません
しかし両機種4万円以上なので大容量インクを積まない複合機やプリンターに比べればかなり高価な値付けになっています。こういう場合は月間使用枚数でコスト計算するべきです

2019年新発売のキャノンのTS5330と2018年発売のTS3130Sを比較
どちらも家庭用インクジェット複合機PIXUSシリーズですが
今年はシンプルモデルがなかったのであえて去年の割り切りと比べてみました

比較項目TS5330TS3130S
本体カラー白と黒とピンク白と黒
液晶1.44型1.5型モノクロ
大きさ収納時で幅403×奥行315×高さ148(mm)収納時で幅435×奥行316×高さ145(mm)
重さ約6.3kg約3.9kg
消費電力(コピー時)約19W約11W
スマホプリント
印刷速度36秒/枚52秒/枚
印刷コスト約25.3円約21.7円
ネットワーク無線LAN無線LAN
自動電源
自動両面プリント×
給紙方式前面1段と背面背面だけ
ディスクレーベル××
インク黒とカラー一体型黒とカラー一体型
価格TS5330TS3130S

※1.印刷速度やコストはキャノンの測定環境から紹介しています(L版フチなし)
よってメーカーの考えから若干差が生じる可能性もありますご了承願います



TS5330とTS3130Sですが見た目は全く違いますが
TS3130S機能的には割り切られてる部分があります



TS5330とTS3130Sのお得なポイント


両機種カラーインクは一体型なのでコスト面や色域は期待できない商品です



インクには

染料インクと顔料インクがあります




染料インクは表面に染み込ませます

顔料インクは用紙の表面に付着します



だから染料インクは光沢紙へ印刷する場合用紙の質感がそのまま印刷結果に

光沢感のある写真印刷が可能ですコピーや文章にも印刷できるので幅広い活躍できます




逆に顔料インクは先の説明よりインクが用紙に染み込みにくいわけです

だからインク径が広がらずよりくっきりとした印刷が可能となります。他にも

顔料インクはオゾンや光に分解されにくく変色しにくい耐水性が高い水濡れでもにじみにくい特性です





黒が2色あったりするのは顔料インクと染料インクで永年維持することや発色のいいとこどりを






自動両面プリントは用紙の裏と表を入れ替える手間が省けます

1/2に用紙の節約にもなります







前面給紙と背面給紙があると便利です。
ハガキや名刺は背面給紙からといったようなのが便利です





スマホからの簡単プリントは定番です

キャノンは「Canon PRINT Inkjet/SELPHY」という無料アプリ





NFC搭載は両機種なし

NFCとは対応のモバイル端末なら製品も本体にかざすだけでモバイル端末内の
データをプリントしたりスキャンした内容を直接端末に取り込めます
WIFIや無線LANの設定は必要ありません






ADFは連続印刷や読み取りと便利なんですが
両機種なし






TS6330とTS3130Sの保証はお買い上げ後1年間ですが

その修理や部品の供給期間は製造終了から5年間が多いと思いますが

メーカーでその差もあるので気になる方はその都度確認しましょう





キャノンの修理はらくらく修理便(有料)

指定日にキャノン指定業者(ヤマト)が引き取りに

修理終了後お客様宅へお届けとのこと









キャノンとエプソンはPIXUSとカラリオで長らくブランド化しています

インクジェットプリンターや複合機でいえばシェアを二分するような

国内シェアをこのメーカーが占めています。キャノンは選ぶべきメーカーです





TS3130Sの機能は割り切り部分があります
それが不要だったのならTS3130Sでいいでしょう


TS5330複合機の最安値を見つける>>




TS3130S複合機の最安値を見つける>>



TS3130Sは5千円ほどです
TS5330と比べると半値以下です

2019年新発売のキャノンのTS5330と2018年発売のTS5130Sを比較
どちらも家庭用インクジェット複合機なんですがPIXUSエントリーモデル

比較項目TS5330TS5130S
本体カラー白と黒とピンク白と黒
液晶1.44型2.7型
大きさ収納時で幅403×奥行315×高さ148(mm)収納時で幅425×奥行315×高さ147(mm)
重さ約6.3kg約6.5kg
消費電力(コピー時)約19W約14W
スマホプリント
印刷速度36秒/枚36秒/枚
印刷コスト約25.3円約19.5円
ネットワーク無線LAN無線LAN
自動電源
自動両面プリントハガキ非対応
給紙方式前面1段と背面前面1段背面
ディスクレーベル××
インク黒とカラー一体型黒とカラー一体型
価格TS5330TS5130S

※1.印刷速度やコストはキャノンの測定環境から紹介しています(L版フチなし)
よってメーカーの考えから若干差が生じる可能性もありますご了承願います



TS5330とTS5130Sですが見た目は全く違いますが中身は結構似ています



TS5330とTS5130Sのお得なポイント


両機種カラーは一体型なのでコスト面や色域は期待できない商品です



インクには

染料インクと顔料インクがあります



染料インクは表面に染み込ませます

顔料インクは用紙の表面に付着します



だから染料インクは光沢紙へ印刷する場合用紙の質感がそのまま印刷結果に

光沢感のある写真印刷が可能ですコピーや文章にも印刷できるので幅広い活躍できます




逆に顔料インクは先の説明よりインクが用紙に染み込みにくいわけです

だからインク径が広がらずよりくっきりとした印刷が可能となります。他にも

顔料インクはオゾンや光に分解されにくく変色しにくい耐水性が高い水濡れでもにじみにくい特性です





黒が2色あったりするのは顔料インクと染料インクで永年維持することや発色のいいとこどりを






自動両面プリントは用紙の裏と表を入れ替える手間が省けます

1/2に用紙の節約にもなります







前面給紙と背面給紙があると便利です。
ハガキや名刺は背面給紙からといったようなのが便利です





スマホからの簡単プリントは定番です

キャノンは「Canon PRINT Inkjet/SELPHY」という無料アプリ





NFC搭載は両機種なし

NFCとは対応のモバイル端末なら製品も本体にかざすだけでモバイル端末内の
データをプリントしたりスキャンした内容を直接端末に取り込めます
WIFIや無線LANの設定は必要ありません






ADFは連続印刷や読み取りと便利なんですが
両機種なし






TS6330とTS5130Sの保証はお買い上げ後1年間ですが

その修理や部品の供給期間は製造終了から5年間が多いと思いますが

メーカーでその差もあるので気になる方はその都度確認しましょう





キャノンの修理はらくらく修理便(有料)

指定日にキャノン指定業者(ヤマト)が引き取りに

修理終了後お客様宅へお届けとのこと









キャノンとエプソンはPIXUSとカラリオで長らくブランド化しています

インクジェットプリンターや複合機でいえばシェアを二分するような

国内シェアをこのメーカーが占めています。キャノンは選ぶべきメーカーです





TS5330とTS5130Sは決定的な機能などは見当たらないので
デザインの好みや価格で判断になりそうです


TS5330複合機の最安値を見つける>>




TS5130S複合機の最安値を見つける>>



価格差は数百円でした
ということでお好みで判断して下さい

2019年新発売のキャノンのTS5330と2018年発売のTS5030Sを比較
どちらも家庭用インクジェット複合機なんですがPIXUSエントリーモデル

比較項目TS5330TS5030S
本体カラー白と黒とピンク白と黒とグレー
液晶1.44型3.0型
大きさ収納時で幅403×奥行315×高さ148(mm)収納時で幅372×奥行315×高さ126(mm)
重さ約6.3kg約5.5kg
消費電力(コピー時)約19W約12W
スマホプリント
印刷速度36秒/枚33秒/枚
印刷コスト約25.3円約15.8円
ネットワーク無線LAN無線LAN
自動電源
自動両面プリント×
給紙方式前面1段と背面背面のみ
ディスクレーベル××
インク黒とカラー一体型5色
価格TS5330TS5030S

※1.印刷速度やコストはキャノンの測定環境から紹介しています(L版フチなし)
よってメーカーの考えから若干差が生じる可能性もありますご了承願います



TS5330とTS5030Sですがデザインもそうですが結構特色が分けれました



TS5330とTS5030Sのお得なポイント


TS5030Sは独立タンクで5色なので
TS5330のカラーは独立タンクではなく一体型なので
コスト的にも色域も一枚上のようです




インクには

染料インクと顔料インクがあります

今回の両機種は染料インクです




染料インクは表面に染み込ませます

顔料インクは用紙の表面に付着します



だから染料インクは光沢紙へ印刷する場合用紙の質感がそのまま印刷結果に

光沢感のある写真印刷が可能ですコピーや文章にも印刷できるので幅広い活躍できます




逆に顔料インクは先の説明よりインクが用紙に染み込みにくいわけです

だからインク径が広がらずよりくっきりとした印刷が可能となります。他にも

顔料インクはオゾンや光に分解されにくく変色しにくい耐水性が高い水濡れでもにじみにくい特性です





黒が2色あったりするのは顔料インクと染料インクで永年維持することや発色のいいとこどりを






自動両面プリントは用紙の裏と表を入れ替える手間が省けます

1/2に用紙の節約にもなります







前面給紙と背面給紙があると便利です。
ハガキや名刺は背面給紙からといったようなのが便利です





スマホからの簡単プリントは定番です

キャノンは「Canon PRINT Inkjet/SELPHY」という無料アプリ





NFC搭載は両機種なし

NFCとは対応のモバイル端末なら製品も本体にかざすだけでモバイル端末内の
データをプリントしたりスキャンした内容を直接端末に取り込めます
WIFIや無線LANの設定は必要ありません






ADFは連続印刷や読み取りと便利なんですが
両機種なし






TS6330とTS5030Sの保証はお買い上げ後1年間ですが

その修理や部品の供給期間は製造終了から5年間が多いと思いますが

メーカーでその差もあるので気になる方はその都度確認しましょう





キャノンの修理はらくらく修理便(有料)

指定日にキャノン指定業者(ヤマト)が引き取りに

修理終了後お客様宅へお届けとのこと









キャノンとエプソンはPIXUSとカラリオで長らくブランド化しています

インクジェットプリンターや複合機でいえばシェアを二分するような

国内シェアをこのメーカーが占めています。キャノンは選ぶべきメーカーです





色域やコンパクトさならTS5030S
給紙充実ならTS5330というところでしょうか


TS5330プリンターの最安値を見つける>>




TS5030Sプリンターの最安値を見つける>>



では価格差はどうかというと3千円ほどTS5030Sの去年のモデルが安いです
1万円を切っている背面給紙が気になりますが・・・

2019年新発売のキャノンのTS6330と2018年のTS6230を比較
どちらも家庭用インクジェット複合機PIXUSシリーズなんですが中間的な存在

比較項目TS6330TS6230
本体カラー白と黒白と黒
液晶3.0型タッチパネル3.0型タッチパネル
大きさ収納時で幅373×奥行315×高さ139(mm)収納時で幅372×奥行315×高さ139(mm)
重さ約6.2kg約6.2kg
消費電力(コピー時)約14W約14W
スマホプリント
印刷速度18秒/枚18秒/枚
印刷コスト約17.3円約17.3円
ネットワーク無線LAN無線LAN
自動電源
自動両面プリント
給紙方式前面1段と背面前面1段と背面
ディスクレーベル××
インク5色5色
価格TS6330TS6230

※1.印刷速度やコストはキャノンでの測定環境から紹介しています(L版フチなし)
よってメーカーの考えから若干差が生じる可能性もありますご了承願います



TS6330とTS6230ですが見た目も数値もほとんど一緒



TS6330とTS6230のお得なポイント


インクが5色と色域もいいし独立タンクということで1色ずつ交換もできるので無駄なく使えますなので経済的です。大容量やお得な5色パックが用意されているので効率的





インクには

染料インクと顔料インクがあります




染料インクは表面に染み込ませます

顔料インクは用紙の表面に付着します



だから染料インクは光沢紙へ印刷する場合用紙の質感がそのまま印刷結果に

光沢感のある写真印刷が可能ですコピーや文章にも印刷できるので幅広い活躍できます




逆に顔料インクは先の説明よりインクが用紙に染み込みにくいわけです

だからインク径が広がらずよりくっきりとした印刷が可能となります。他にも

顔料インクはオゾンや光に分解されにくく変色しにくい耐水性が高い水濡れでもにじみにくい特性です





黒が2色あったりするのは顔料インクと染料インクで永年維持することや発色のいいとこどりを






自動両面プリントは用紙の裏と表を入れ替える手間が省けます

1/2に用紙の節約にもなります







前面給紙と背面給紙があると便利です。
ハガキや名刺は背面給紙からといったようなのが便利です





スマホからの簡単プリントは定番です

キャノンは「Canon PRINT Inkjet/SELPHY」という無料アプリ





NFC搭載は両機種なし

NFCとは対応のモバイル端末なら製品も本体にかざすだけでモバイル端末内の
データをプリントしたりスキャンした内容を直接端末に取り込めます
WIFIや無線LANの設定は必要ありません






ADFは連続印刷や読み取りと便利なんですが
両機種なし






TS6330とTS6230の保証はお買い上げ後1年間ですが

その修理や部品の供給期間は製造終了から5年間が多いと思いますが

メーカーでその差もあるので気になる方はその都度確認しましょう





キャノンの修理はらくらく修理便(有料)

指定日にキャノン指定業者(ヤマト)が引き取りに

修理終了後お客様宅へお届けとのこと









キャノンとエプソンはPIXUSとカラリオで長らくブランド化しています

インクジェットプリンターや複合機でいえばシェアを二分するような

国内シェアをこのメーカーが占めています。キャノンは選ぶべきメーカー




しかしTS6330とTS6230の違いは価格で見出すしかない



TS6330複合機の最安値を見つける>>




TS6230複合機の最安値を見つける>>


TS6330とTS6230の価格差は約4千円ほどでした

2019年新発売のキャノンのTS8330と2018年発売のTS8230を比較
どちらも家庭用インクジェット複合機でPIXUSのトップブランド的な存在

比較項目TS8330TS8230
本体カラー白・黒・赤の3色白・黒・赤の3色
液晶4.3型タッチパネル4.3型タッチパネル
大きさ収納時で幅373×奥行319×高さ141(mm)収納時で幅400×奥行319×高さ140(mm)
重さ約6.6kg約6.6kg
消費電力(コピー時)約16W約16W
スマホプリント
印刷速度18秒/枚18秒/枚
印刷コスト約19.4円約19.4円
ネットワーク無線LAN無線LAN
自動電源
自動両面プリント
給紙方式前面1段と背面前面1段と背面
ディスクレーベル
インク6色6色
価格TS8330TS8230

※1.印刷速度やコストはキャノンでの測定環境から紹介しています(L版フチなし)
よってメーカーの考えから若干差が生じる可能性もありますご了承願います



TS8330とTS8230は差がほとんど見つかりません




TS8330とTS8230のお得なポイント


インクが6色と色域もいいし独立タンクということで1色ずつ交換もできるので無駄なく使えますなので経済的です。大容量やお得な6色パックが用意されているので効率的


➜ TS8330インクの純正、互換、リサイクルインクの比較
TS8330インクはBCI-381+380



インクには

染料インクと顔料インクがあります




染料インクは表面に染み込ませます

顔料インクは用紙の表面に付着します



だから染料インクは光沢紙へ印刷する場合用紙の質感がそのまま印刷結果に

光沢感のある写真印刷が可能ですコピーや文章にも印刷できるので幅広い活躍できます




逆に顔料インクは先の説明よりインクが用紙に染み込みにくいわけです

だからインク径が広がらずよりくっきりとした印刷が可能となります。他にも

顔料インクはオゾンや光に分解されにくく変色しにくい耐水性が高い水濡れでもにじみにくい特性です





黒が2色あったりするのは顔料インクと染料インクで永年維持することや発色のいいとこどりを






自動両面プリントは用紙の裏と表を入れ替える手間が省けます

1/2に用紙の節約にもなります







前面給紙と背面給紙があると便利です。
ハガキや名刺は背面給紙からといったようなのが便利です





スマホからの簡単プリントは定番です

キャノンは「Canon PRINT Inkjet/SELPHY」という無料アプリ




NFC搭載両機種ありません


NFCとは対応のモバイル端末なら製品も本体にかざすだけでモバイル端末内の
データをプリントしたりスキャンした内容を直接端末に取り込めます
WIFIや無線LANの設定は必要ありません






ADFは連続印刷や読み取りと便利なんですが
両機種ありません






TS8330とTS8230の保証はお買い上げ後1年間ですが

その修理や部品の供給期間は製造終了から5年間が多いと思いますが

メーカーでその差もあるので気になる方はその都度確認しましょう





キャノンの修理はらくらく修理便(有料)

指定日にキャノン指定業者(ヤマト)が引き取りに

修理終了後お客様宅へお届けとのこと








キャノンとエプソンはPIXUSとカラリオで長らくブランド化しています

インクジェットプリンターや複合機でいえばシェアを二分するような

国内シェアをこのメーカーが占めています。選ぶべきメーカーのひとつです





TS8330複合機の最安値を見つける>>


見た目も同じように見えてくると価格の差が選択の判断になりそう



TS8230複合機の最安値を見つける>>


TS8330の価格のTS8230が半値近いです
これはもう・・・

2019年新発売のブラザーMFC-J903Nと2018年発売のMFC-J898Nを比較どちらも家庭用インクジェット複合機のPRIVIOシリーズですがこの両機種のみどころはFAXつきってこと

比較項目MFC-J903NMFC-J898N
本体カラー
液晶2.7型2.7型
大きさ収納時で幅400×奥行341×高さ151(mm)収納時で幅400×奥行341×高さ172(mm)
重さ約8.6kg約8.6kg
消費電力(コピー時)約18W約18W
スマホプリント
印刷速度14秒/枚14秒/枚
印刷コスト約18.6円約18.6円
ネットワーク有線&無線LAN有線&無線LAN
自動電源××
自動両面プリント
給紙方式前面2段と背面前面2段と背面
ディスクレーベル
インク4色4色
価格MFC-J903NMFC-J898N

※1.印刷速度やコストはブラザーでの測定環境から紹介しています
(L版フチなし)
よってメーカーの考えから若干差が生じる可能性もありますご了承願います



MFC-J903NとMFC-J898Nですが数値的には全く同じですね



MFC-J903NとMFC-J898Nのお得なポイント


両機種インクが4色なので色域は期待できません




インクには

染料インクと顔料インクがあります




染料インクは表面に染み込ませます

顔料インクは用紙の表面に付着します



だから染料インクは光沢紙へ印刷する場合用紙の質感がそのまま印刷結果に

光沢感のある写真印刷が可能ですコピーや文章にも印刷できるので幅広い活躍できます




逆に顔料インクは先の説明よりインクが用紙に染み込みにくいわけです

だからインク径が広がらずよりくっきりとした印刷が可能となります。他にも

顔料インクはオゾンや光に分解されにくく変色しにくい耐水性が高い水濡れでもにじみにくい特性です





黒が2色あったりするのは顔料インクと染料インクで永年維持することや発色のいいとこどりを






自動両面プリントは用紙の裏と表を入れ替える手間が省けます

1/2に用紙の節約にもなります







前面給紙と背面給紙があると便利です。

ハガキや名刺は背面給紙からといったようなのが便利です





スマホからの簡単プリントは定番です

ブラザーなら「Brotheriprint&SCAN」





NFC搭載は両機種なし

NFCとは対応のモバイル端末なら製品も本体にかざすだけでモバイル端末内の
データをプリントしたりスキャンした内容を直接端末に取り込めます
WIFIや無線LANの設定は必要ありません






ADFは連続印刷や読み取りと便利なんですが
両機種あり






MFC-J903NとMFC-J898Nの保証はお買い上げ後1年間ですが

その修理や部品の供給期間は製造終了から5年間が多いと思いますが

メーカーでその差もあるので気になる方はその都度確認しましょう







ブラザーは修理費と送料が必要です
修理費+引き取り費2,500円/1台(税抜き)






キャノンとエプソンはPIXUSとカラリオで長らくブランド化しています

インクジェットプリンターや複合機でいえばシェアを二分するような

国内シェアをこのメーカーが占めています。それを追いかけてきたのがブラザーです




この手の家庭用でFAXADFがある複合機は貴重です
しかしほぼ同じ仕様ということで後は価格でしょうか?



MFC-J903N複合機の最安値を見つける>>




えーすいませんMFC-J898Nの在庫がなかったので
2年前の同じタイプMFC-J893Nが在庫ありそうです

MFC-J893N複合機の最安値を見つける>>

しかし価格差はごくわずか数千円です
古いタイプを買う必要もないかもしれません

2019年新発売のブラザーDCP-J582Nと2018年発売のDCP-J577Nを比較どちらも家庭用インクジェット複合機のPRIVIOシリーズの下位モデル

比較項目DCP-J582NDCP-J577N
本体カラー
液晶2.7型2.7型
大きさ収納時で幅400×奥行341×高さ151(mm)収納時で幅400×奥行341×高さ151(mm)
重さ約7.1kg約7.1kg
消費電力(コピー時)約17W約17W
スマホプリント
印刷速度34秒/枚34秒/枚
印刷コスト約18.6円約18.6円
ネットワーク無線LAN無線LAN
自動電源××
自動両面プリント
給紙方式前面2段と背面前面2段と背面
ディスクレーベル××
インク4色4色
価格DCP-J582NDCP-J577N

※1.印刷速度やコストはブラザーでの測定環境から紹介しています
(L版フチなし)
よってメーカーの考えから若干差が生じる可能性もありますご了承願います



DCP-J582NとDCP-J577Nですが数値的には全く同じですね



DCP-J582NとDCP-J577Nのお得なポイント


両機種インクが4色なので色域は期待できません




インクには

染料インクと顔料インクがあります



染料インクは表面に染み込ませます

顔料インクは用紙の表面に付着します



だから染料インクは光沢紙へ印刷する場合用紙の質感がそのまま印刷結果に

光沢感のある写真印刷が可能ですコピーや文章にも印刷できるので幅広い活躍できます




逆に顔料インクは先の説明よりインクが用紙に染み込みにくいわけです

だからインク径が広がらずよりくっきりとした印刷が可能となります。他にも

顔料インクはオゾンや光に分解されにくく変色しにくい耐水性が高い水濡れでもにじみにくい特性です





黒が2色あったりするのは顔料インクと染料インクで永年維持することや発色のいいとこどりを






自動両面プリントは用紙の裏と表を入れ替える手間が省けます

1/2に用紙の節約にもなります







前面給紙と背面給紙があると便利です。
ハガキや名刺は背面給紙からといったようなのが便利です





スマホからの簡単プリントは定番です

ブラザーなら「Brotheriprint&SCAN」





NFC搭載は両機種なし

NFCとは対応のモバイル端末なら製品も本体にかざすだけでモバイル端末内の
データをプリントしたりスキャンした内容を直接端末に取り込めます
WIFIや無線LANの設定は必要ありません






ADFは連続印刷や読み取りと便利なんですが
両機種なし






DCP-J582NとDCP-J577Nの保証はお買い上げ後1年間ですが

その修理や部品の供給期間は製造終了から5年間が多いと思いますが

メーカーでその差もあるので気になる方はその都度確認しましょう







ブラザーは修理費と送料が必要です
修理費+引き取り費2,500円/1台(税抜き)






キャノンとエプソンはPIXUSとカラリオで長らくブランド化しています

インクジェットプリンターや複合機でいえばシェアを二分するような

国内シェアをこのメーカーが占めています。それを追いかけてきたのがブラザーです




しかし同じならもう価格しかありません



DCP-J577N複合機の最安値を見つける>>




DCP-J582N複合機の最安値を見つける>>



価格差は約3千円です。

DCP-J577Nは1万円を切っています
在庫あるうちに

2019年新発売のDCP-J982Nと2018年のDCP-J978Nの違いを比較
どちらも家庭用インクジェット複合機ですがブラザーPRIVIOシリーズトップ的な商品

比較項目DCP-J982NDCP-J978N
本体カラー白と黒白と黒
液晶2.7型タッチパネル2.7型タッチパネル
大きさ収納時で幅400×奥行341×高さ172(mm)収納時で幅400×奥行341×高さ172(mm)
重さ約8.6kg約8.6kg
消費電力(コピー時)約17W約17W
スマホプリント
印刷速度14秒/枚14秒/枚
印刷コスト約18.6円約18.6円
ネットワーク有線/無線LAN有線/無線LAN
自動電源××
自動両面プリント
給紙方式前面2段と背面前面2段と背面
ディスクレーベル
インク4色4色
価格DCP-J982NDCP-J978N

※1.印刷速度やコストはブラザーでの測定環境から紹介しています(L版フチなし)
よってメーカーの考えから若干差が生じる可能性もありますご了承願います



DCPJ982NとDCPJ978Nの結論は全く同じである



DCPJ982NとDCPJ978Nのお得なポイント


両機種4色独立インクなので色域は期待できません
綺麗なものならキャノンやエプソンへとなります



インクには

染料インクと顔料インクがあります




染料インクは表面に染み込ませます

顔料インクは用紙の表面に付着します



だから染料インクは光沢紙へ印刷する場合用紙の質感がそのまま印刷結果に

光沢感のある写真印刷が可能ですコピーや文章にも印刷できるので幅広い活躍できます




逆に顔料インクは先の説明よりインクが用紙に染み込みにくいわけです

だからインク径が広がらずよりくっきりとした印刷が可能となります。他にも

顔料インクはオゾンや光に分解されにくく変色しにくい耐水性が高い水濡れでもにじみにくい特性です





黒が2色あったりするのは顔料インクと染料インクで永年維持することや発色のいいとこどりを





自動両面プリントは用紙の裏と表を入れ替える手間が省けます

1/2に用紙の節約にもなります






前面給紙と背面給紙があると便利です。
ハガキや名刺は背面給紙からといったようなのが便利です





スマホからの簡単プリントは定番です

ブラザーなら「Brotheriprint&SCAN」




NFC搭載を両機種あります


NFCとは対応のモバイル端末なら製品も本体にかざすだけでモバイル端末内の
データをプリントしたりスキャンした内容を直接端末に取り込めます
WIFIや無線LANの設定は必要ありません






ADFは連続印刷や読み取りと便利なんですが
両機種搭載しています




DCPJ982NとDCPJ978Nの保証はお買い上げ後1年間ですが

その修理や部品の供給期間は製造終了から5年間が多いと思いますが

メーカーでその差もあるので気になる方はその都度確認しましょう





ブラザーは修理費と送料が必要です
修理費+引き取り費2,500円/1台(税抜き)






キャノンとエプソンはPIXUSとカラリオで長らくブランド化しています

インクジェットプリンターや複合機でいえばシェアを二分するような

国内シェアをこのメーカーが占めています。ブラザーはこれを追いかけてきました



DCP-J982N複合機の最安値を見つける>>



DCP-J982NとDCP-J978Nの違いは見分けれませんでした
唯一見つけたのが価格です。DCP-J978Nは価格がこなれています


DCP-J978N複合機の最安値を見つける>>


価格差は約7,000円です。

2019年新発売のエプソンのEW452AとブラザーのDCP-J582Nを比較
どちらも家庭用インクジェット複合機なんですが下位機種

比較項目EW452ADCP-J582N
本体カラー
液晶1.44型2.7型
大きさ収納時で幅375×奥行300×高さ170(mm)収納時で幅400×奥行341×高さ151(mm)
重さ約4.3kg約7.1kg
消費電力(コピー時)約12W約17W
スマホプリント
印刷速度70秒/枚34秒/枚
印刷コスト約25.7円約18.6円
ネットワーク無線LAN無線LAN
自動電源OFFのみ×
自動両面プリント
給紙方式背面のみ前面2段と背面
ディスクレーベル××
インク4色4色
価格EW452ADCP-J582N

※1.印刷速度やコストはエプソン、ブラザーでの測定環境から紹介しています
(L版フチなし)
よってメーカーの考えから若干差が生じる可能性もありますご了承願います



EW452AとDCP-J582Nですが数値的にはブラザーの方がかなり有利に見えます



EW452AとDCP-J582Nのお得なポイント


EW452AもDCP-J582Nも4色なので色域は期待できません




インクには

染料インクと顔料インクがあります




染料インクは表面に染み込ませます

顔料インクは用紙の表面に付着します



だから染料インクは光沢紙へ印刷する場合用紙の質感がそのまま印刷結果に

光沢感のある写真印刷が可能ですコピーや文章にも印刷できるので幅広い活躍できます




逆に顔料インクは先の説明よりインクが用紙に染み込みにくいわけです

だからインク径が広がらずよりくっきりとした印刷が可能となります。他にも

顔料インクはオゾンや光に分解されにくく変色しにくい耐水性が高い水濡れでもにじみにくい特性です





黒が2色あったりするのは顔料インクと染料インクで永年維持することや発色のいいとこどりを






自動両面プリントは用紙の裏と表を入れ替える手間が省けます

1/2に用紙の節約にもなります







前面給紙と背面給紙があると便利です。
ハガキや名刺は背面給紙からといったようなのが便利です





スマホからの簡単プリントは定番です

エプソンは無料アプリ「EpsoniPrint」
ブラザーなら「Brotheriprint&SCAN」





NFC搭載は両機種なし

NFCとは対応のモバイル端末なら製品も本体にかざすだけでモバイル端末内の
データをプリントしたりスキャンした内容を直接端末に取り込めます
WIFIや無線LANの設定は必要ありません






ADFは連続印刷や読み取りと便利なんですが
両機種なし






EW452AとDCP-J582Nの保証はお買い上げ後1年間ですが

その修理や部品の供給期間は製造終了から5年間が多いと思いますが

メーカーでその差もあるので気になる方はその都度確認しましょう





エプソンは引取修理サービスや送付修理サービス、持ち込み修理サービス

全て有料です。エプソンには保守契約のようなものもカラリオスマイル

カラリオスマイル5年間で3,000円(税抜き)

内容は有償修理の代金を半額に、ネットで申し込むと自宅まで引き取り

手元に残った未使用インクをポイントに交換





ブラザーは修理費と送料が必要です
修理費+引き取り費2,500円/1台(税抜き)






キャノンとエプソンはPIXUSとカラリオで長らくブランド化しています

インクジェットプリンターや複合機でいえばシェアを二分するような

国内シェアをこのメーカーが占めています。それを追いかけてきたのがブラザーです




EW452Aは給紙も背面だけなのでかなり小印刷向けでしょうね


EW452A複合機の最安値を見つける>>




DCP-J582N複合機の最安値を見つける>>



価格はほぼ互角です

EW452Aの長所はデザインと重さがDCP-J582Nより3.0kg近く軽いってところでしょうか

2019年新発売のエプソンのEP812AとブラザーのDCP-J582Nを比較
どちらも家庭用インクジェット複合機なんですが中間的な機種で比較

比較項目EP812ADCP-J582N
本体カラー
液晶2.7型2.7型
大きさ収納時で幅390×奥行339×高さ141(mm)収納時で幅400×奥行341×高さ151(mm)
重さ約6.9kg約7.1kg
消費電力(コピー時)約17W約17W
スマホプリント
印刷速度13秒/枚34秒/枚
印刷コスト約29.5円約18.6円
ネットワーク無線LAN無線LAN
自動電源×
自動両面プリント
給紙方式前面2段と背面前面2段と背面
ディスクレーベル×
インク6色4色
価格EP812ADCP-J582N

※1.印刷速度やコストはエプソン、ブラザーでの測定環境から紹介しています
(L版フチなし)
よってメーカーの考えから若干差が生じる可能性もありますご了承願います



EP812AとDCP-J582Nですが数値的には全く違う方向の部分がありますね



EP812AとDCP-J582Nのお得なポイント

インクが6色と色域もいいし独立タンクということで1色ずつ交換もできるので無駄なく使えますなので経済的です。大容量やお得な6色パックが用意されているので効率的

ただEP812Aは6色ですがDCP-J582Nは4色なので色域は完全に前者です



インクには

染料インクと顔料インクがあります



染料インクは表面に染み込ませます

顔料インクは用紙の表面に付着します



だから染料インクは光沢紙へ印刷する場合用紙の質感がそのまま印刷結果に

光沢感のある写真印刷が可能ですコピーや文章にも印刷できるので幅広い活躍できます




逆に顔料インクは先の説明よりインクが用紙に染み込みにくいわけです

だからインク径が広がらずよりくっきりとした印刷が可能となります。他にも

顔料インクはオゾンや光に分解されにくく変色しにくい耐水性が高い水濡れでもにじみにくい特性です





黒が2色あったりするのは顔料インクと染料インクで永年維持することや発色のいいとこどりを






自動両面プリントは用紙の裏と表を入れ替える手間が省けます

1/2に用紙の節約にもなります







前面給紙と背面給紙があると便利です。
ハガキや名刺は背面給紙からといったようなのが便利です





スマホからの簡単プリントは定番です

エプソンは無料アプリ「EpsoniPrint」
ブラザーなら「Brotheriprint&SCAN」





NFC搭載は両機種なし

NFCとは対応のモバイル端末なら製品も本体にかざすだけでモバイル端末内の
データをプリントしたりスキャンした内容を直接端末に取り込めます
WIFIや無線LANの設定は必要ありません






ADFは連続印刷や読み取りと便利なんですが
両機種なし






EP812AとDCP-J582Nの保証はお買い上げ後1年間ですが

その修理や部品の供給期間は製造終了から5年間が多いと思いますが

メーカーでその差もあるので気になる方はその都度確認しましょう





エプソンは引取修理サービスや送付修理サービス、持ち込み修理サービス

全て有料です。エプソンには保守契約のようなものもカラリオスマイル

カラリオスマイル5年間で3,000円(税抜き)

内容は有償修理の代金を半額に、ネットで申し込むと自宅まで引き取り

手元に残った未使用インクをポイントに交換





ブラザーは修理費と送料が必要です
修理費+引き取り費2,500円/1台(税抜き)






キャノンとエプソンはPIXUSとカラリオで長らくブランド化しています

インクジェットプリンターや複合機でいえばシェアを二分するような

国内シェアをこのメーカーが占めています。それを追いかけてきたのがブラザーです




EP812AとDCP-J582Nの気になるのは
印字コストと速度どっちをとるかですね



EP812A複合機の最安値を見つける>>




DCP-J582N複合機の最安値を見つける>>



最終的に価格ですが1万円ほどの差がでました
DCP-J582Nの方が安いのと印字コストもこっちが有利なので
経費的にはDCP-J582Nってことになりそうです

2019年新発売のエプソンのEP712AとブラザーのDCP-J582Nを比較
どちらも家庭用インクジェット複合機なんですが下位機種の違いは

比較項目EP712ADCP-J582N
本体カラー
液晶1.44型2.7型
大きさ収納時で幅390×奥行338×高さ163(mm)収納時で幅400×奥行341×高さ151(mm)
重さ約5.9kg約7.1kg
消費電力(コピー時)約15W約17W
スマホプリント
印刷速度17秒/枚34秒/枚
印刷コスト約29.5円約18.6円
ネットワーク無線LAN無線LAN
自動電源OFFのみ×
自動両面プリント×
給紙方式前面1段前面2段と背面
ディスクレーベル×
インク6色4色
価格EP712ADCP-J582N

※1.印刷速度やコストはエプソン、ブラザーでの測定環境から紹介しています
(L版フチなし)
よってメーカーの考えから若干差が生じる可能性もありますご了承願います



EP712AとDCP-J582Nですが数値的や機能で全く違う方向の部分がありますね
メーカーの方向性がよくわかります


EP712AとDCP-J582Nのお得なポイント

インクが6色と色域もいいし独立タンクということで1色ずつ交換もできるので無駄なく使えますなので経済的です。大容量やお得な6色パックが用意されているので効率的

ただEP712Aは6色ですがDCP-J582Nは4色なので色域は完全に前者です



インクには

染料インクと顔料インクがあります



染料インクは表面に染み込ませます

顔料インクは用紙の表面に付着します



だから染料インクは光沢紙へ印刷する場合用紙の質感がそのまま印刷結果に

光沢感のある写真印刷が可能ですコピーや文章にも印刷できるので幅広い活躍できます




逆に顔料インクは先の説明よりインクが用紙に染み込みにくいわけです

だからインク径が広がらずよりくっきりとした印刷が可能となります。他にも

顔料インクはオゾンや光に分解されにくく変色しにくい耐水性が高い水濡れでもにじみにくい特性です





黒が2色あったりするのは顔料インクと染料インクで永年維持することや発色のいいとこどりを






自動両面プリントは用紙の裏と表を入れ替える手間が省けます

1/2に用紙の節約にもなります







前面給紙と背面給紙があると便利です。
ハガキや名刺は背面給紙からといったようなのが便利です





スマホからの簡単プリントは定番です

エプソンは無料アプリ「EpsoniPrint」
ブラザーなら「Brotheriprint&SCAN」





NFC搭載は両機種なし

NFCとは対応のモバイル端末なら製品も本体にかざすだけでモバイル端末内の
データをプリントしたりスキャンした内容を直接端末に取り込めます
WIFIや無線LANの設定は必要ありません






ADFは連続印刷や読み取りと便利なんですが
両機種なし






EP712AとDCP-J582Nの保証はお買い上げ後1年間ですが

その修理や部品の供給期間は製造終了から5年間が多いと思いますが

メーカーでその差もあるので気になる方はその都度確認しましょう





エプソンは引取修理サービスや送付修理サービス、持ち込み修理サービス

全て有料です。エプソンには保守契約のようなものもカラリオスマイル

カラリオスマイル5年間で3,000円(税抜き)

内容は有償修理の代金を半額に、ネットで申し込むと自宅まで引き取り

手元に残った未使用インクをポイントに交換





ブラザーは修理費と送料が必要です
修理費+引き取り費2,500円/1台(税抜き)






キャノンとエプソンはPIXUSとカラリオで長らくブランド化しています

インクジェットプリンターや複合機でいえばシェアを二分するような

国内シェアをこのメーカーが占めています。それを追いかけてきたのがブラザーです




EP712AとDCP-J582Nは機能的にも結構違うので
どっちが必要か吟味必要です


EP712A複合機の最安値を見つける>>




DCP-J582N複合機の最安値を見つける>>



価格ですが5千円ほどの差がでました
DCP-J582Nの方が安い

2019年新発売のキャノンのTS5330とブラザーのDCP-J582Nを比較
どちらも家庭用インクジェット複合機なんですが下位機種で比較

比較項目TS5330DCP-J582N
本体カラー白と黒とピンク
液晶1.44型2.7型
大きさ収納時で幅403×奥行315×高さ148(mm)収納時で幅400×奥行341×高さ151(mm)
重さ約6.3kg約7.1kg
消費電力(コピー時)約19W約17W
スマホプリント
印刷速度36秒/枚34秒/枚
印刷コスト約25.3円約18.6円
ネットワーク無線LAN無線LAN
自動電源×
自動両面プリント
給紙方式前面1段と背面前面2段と背面
ディスクレーベル××
インク黒とカラー一体型4色
価格TS5330DCP-J582N

※1.印刷速度やコストはキャノン、ブラザーでの測定環境から紹介しています
(L版フチなし)
よってメーカーの考えから若干差が生じる可能性もありますご了承願います



TS5330とDCP-J582Nですがほとんど甲乙つけがたい感じです



TS5330とDCP-J582Nのお得なポイント


TS5330もDCP-J582Nも4色なので色域は期待できない
TS5330のカラーは独立タンクではなく一体型



インクには

染料インクと顔料インクがあります




染料インクは表面に染み込ませます

顔料インクは用紙の表面に付着します



だから染料インクは光沢紙へ印刷する場合用紙の質感がそのまま印刷結果に

光沢感のある写真印刷が可能ですコピーや文章にも印刷できるので幅広い活躍できます




逆に顔料インクは先の説明よりインクが用紙に染み込みにくいわけです

だからインク径が広がらずよりくっきりとした印刷が可能となります。他にも

顔料インクはオゾンや光に分解されにくく変色しにくい耐水性が高い水濡れでもにじみにくい特性です





黒が2色あったりするのは顔料インクと染料インクで永年維持することや発色のいいとこどりを






自動両面プリントは用紙の裏と表を入れ替える手間が省けます

1/2に用紙の節約にもなります







前面給紙と背面給紙があると便利です。
ハガキや名刺は背面給紙からといったようなのが便利です





スマホからの簡単プリントは定番です

キャノンは「Canon PRINT Inkjet/SELPHY」という無料アプリ
ブラザーなら「Brotheriprint&SCAN」





NFC搭載は両機種なし

NFCとは対応のモバイル端末なら製品も本体にかざすだけでモバイル端末内の
データをプリントしたりスキャンした内容を直接端末に取り込めます
WIFIや無線LANの設定は必要ありません






ADFは連続印刷や読み取りと便利なんですが
両機種なし






TS6330とDCP-J582Nの保証はお買い上げ後1年間ですが

その修理や部品の供給期間は製造終了から5年間が多いと思いますが

メーカーでその差もあるので気になる方はその都度確認しましょう





キャノンの修理はらくらく修理便(有料)

指定日にキャノン指定業者(ヤマト)が引き取りに

修理終了後お客様宅へお届けとのこと




ブラザーは修理費と送料が必要です
修理費+引き取り費2,500円/1台(税抜き)






キャノンとエプソンはPIXUSとカラリオで長らくブランド化しています

インクジェットプリンターや複合機でいえばシェアを二分するような

国内シェアをこのメーカーが占めています。それを追いかけてきたのがブラザーです




TS5330とDCP-J582Nの気になるのは
印字コストでしょうか


TS5330複合機の最安値を見つける>>




DCP-J582N複合機の最安値を見つける>>



価格差は千円ほどDCP-J582Nが高いぐらいなので今のところ
どっちでもいいと思います。お好みで

2019年新発売のキャノンのTS6330とブラザーのDCP-J582Nを比較
どちらも家庭用インクジェット複合機なんですが中間的な存在

比較項目TS6330DCP-J582N
本体カラー白と黒
液晶3.0型タッチパネル2.7型
大きさ収納時で幅373×奥行315×高さ139(mm)収納時で幅400×奥行341×高さ151(mm)
重さ約6.2kg約7.1kg
消費電力(コピー時)約14W約17W
スマホプリント
印刷速度18秒/枚34秒/枚
印刷コスト約17.3円約18.6円
ネットワーク無線LAN無線LAN
自動電源×
自動両面プリント
給紙方式前面1段と背面前面2段と背面
ディスクレーベル××
インク5色4色
価格TS6330DCP-J582N

※1.印刷速度やコストはキャノン、ブラザーでの測定環境から紹介しています
(L版フチなし)
よってメーカーの考えから若干差が生じる可能性もありますご了承願います



TS6330とDCP-J582Nですが機能など今のところほとんど
TS6330の方がよさそうです



TS6330とDCP-J582Nのお得なポイント


インクが5色と色域もいいし独立タンクということで1色ずつ交換もできるので無駄なく使えますなので経済的です。大容量やお得な5色パックが用意されているので効率的


TS6330は5色、CP-J582Nは4色で
色域でもTS6330の勝ちです




インクには

染料インクと顔料インクがあります



染料インクは表面に染み込ませます

顔料インクは用紙の表面に付着します



だから染料インクは光沢紙へ印刷する場合用紙の質感がそのまま印刷結果に

光沢感のある写真印刷が可能ですコピーや文章にも印刷できるので幅広い活躍できます




逆に顔料インクは先の説明よりインクが用紙に染み込みにくいわけです

だからインク径が広がらずよりくっきりとした印刷が可能となります。他にも

顔料インクはオゾンや光に分解されにくく変色しにくい耐水性が高い水濡れでもにじみにくい特性です





黒が2色あったりするのは顔料インクと染料インクで永年維持することや発色のいいとこどりを






自動両面プリントは用紙の裏と表を入れ替える手間が省けます

1/2に用紙の節約にもなります







前面給紙と背面給紙があると便利です。
ハガキや名刺は背面給紙からといったようなのが便利です





スマホからの簡単プリントは定番です

キャノンは「Canon PRINT Inkjet/SELPHY」という無料アプリ
ブラザーなら「Brotheriprint&SCAN」





NFC搭載は両機種なし

NFCとは対応のモバイル端末なら製品も本体にかざすだけでモバイル端末内の
データをプリントしたりスキャンした内容を直接端末に取り込めます
WIFIや無線LANの設定は必要ありません






ADFは連続印刷や読み取りと便利なんですが
両機種なし






TS6330とDCP-J582Nの保証はお買い上げ後1年間ですが

その修理や部品の供給期間は製造終了から5年間が多いと思いますが

メーカーでその差もあるので気になる方はその都度確認しましょう





キャノンの修理はらくらく修理便(有料)

指定日にキャノン指定業者(ヤマト)が引き取りに

修理終了後お客様宅へお届けとのこと




ブラザーは修理費と送料が必要です
修理費+引き取り費2,500円/1台(税抜き)






キャノンとエプソンはPIXUSとカラリオで長らくブランド化しています

インクジェットプリンターや複合機でいえばシェアを二分するような

国内シェアをこのメーカーが占めています。それを追いかけてきたのがブラザーです




TS6330とDCP-J582Nの目立つ違いは
デザイン、重さ約1.0kgの差、印字速度あたりでしょうか


TS6330複合機の最安値を見つける>>




DCP-J582N複合機の最安値を見つける>>


個人的にはTS6330で決まりなんですが

最後の関門価格差です
約2,500円ほどなのでそんなに気にしなくてもよさそうです

2019年新発売のキャノンのTS6330とブラザーのDCP-J982Nを比較
どちらも家庭用インクジェット複合機なんですがグレードはちょっとズレ気味ですが価格観点から

比較項目TS6330DCP-J982N
本体カラー白と黒白と黒
液晶3.0型タッチパネル2.7型タッチパネル
大きさ収納時で幅373×奥行315×高さ139(mm)収納時で幅400×奥行341×高さ172(mm)
重さ約6.2kg約8.6kg
消費電力(コピー時)約14W約17W
スマホプリント
印刷速度18秒/枚14秒/枚
印刷コスト約17.3円約18.6円
ネットワーク無線LAN有線&無線LAN
自動電源×
自動両面プリント
給紙方式前面1段と背面前面2段と背面
ディスクレーベル×
インク5色4色
価格TS6330”DCP-J982N"

※1.印刷速度やコストはキャノン、ブラザーでの測定環境から紹介しています
(L版フチなし)
よってメーカーの考えから若干差が生じる可能性もありますご了承願います



TS6330とDCP-J982Nは予想通りいい勝負ですね機能的にはほとんど互角
気になるのはブラザーの洗練されないデザインと重さ2.0kg以上の差



TS6330とDCP-J982Nのお得なポイント


インクが5色と色域もいいし独立タンクということで1色ずつ交換もできるので無駄なく使えますなので経済的です。大容量やお得な5色パックが用意されているので効率的


TS6330は5色、CP-J982Nは4色で
色域はTS6330の勝ちです




インクには

染料インクと顔料インクがあります




染料インクは表面に染み込ませます

顔料インクは用紙の表面に付着します



だから染料インクは光沢紙へ印刷する場合用紙の質感がそのまま印刷結果に

光沢感のある写真印刷が可能ですコピーや文章にも印刷できるので幅広い活躍できます




逆に顔料インクは先の説明よりインクが用紙に染み込みにくいわけです

だからインク径が広がらずよりくっきりとした印刷が可能となります。他にも

顔料インクはオゾンや光に分解されにくく変色しにくい耐水性が高い水濡れでもにじみにくい特性です





黒が2色あったりするのは顔料インクと染料インクで永年維持することや発色のいいとこどりを






自動両面プリントは用紙の裏と表を入れ替える手間が省けます

1/2に用紙の節約にもなります







前面給紙と背面給紙があると便利です。
ハガキや名刺は背面給紙からといったようなのが便利です





スマホからの簡単プリントは定番です

キャノンは「Canon PRINT Inkjet/SELPHY」という無料アプリ
ブラザーなら「Brotheriprint&SCAN」





NFC搭載DCP-J982Nにはあります


NFCとは対応のモバイル端末なら製品も本体にかざすだけでモバイル端末内の
データをプリントしたりスキャンした内容を直接端末に取り込めます
WIFIや無線LANの設定は必要ありません






ADFは連続印刷や読み取りと便利なんですがDCP-J982Nには標準です







TS6330とDCP-J982Nの保証はお買い上げ後1年間ですが

その修理や部品の供給期間は製造終了から5年間が多いと思いますが

メーカーでその差もあるので気になる方はその都度確認しましょう





キャノンの修理はらくらく修理便(有料)

指定日にキャノン指定業者(ヤマト)が引き取りに

修理終了後お客様宅へお届けとのこと




ブラザーは修理費と送料が必要です
修理費+引き取り費2,500円/1台(税抜き)






キャノンとエプソンはPIXUSとカラリオで長らくブランド化しています

インクジェットプリンターや複合機でいえばシェアを二分するような

国内シェアをこのメーカーが占めています。それを追いかけてきたのがブラザーです




機能的にはどっちを選んでもいいんではないでしょうか


TS6330プリンターの最安値を見つける>>


ただブラザーにはNFCとADFがあります
特にADFはそこそこ印刷するならほしい機能です
ということで機能はブラザーDCP-J982Nの方が充実している



DCP-J982Nプリンターの最安値を見つける>>


ADFが不要ならTS6330がいいのかも

価格差はTS6330が数千円安い

2019年新発売のキャノンのTS8330とブラザーのDCP-J982Nを比較
どちらも家庭用インクジェット複合機のトップブランド的な存在

比較項目TS8330DCP-J982N
本体カラー白・黒・赤の3色白と黒
液晶4.3型タッチパネル2.7型タッチパネル
大きさ収納時で幅373×奥行319×高さ141(mm)収納時で幅400×奥行341×高さ172(mm)
重さ約6.6kg約8.6kg
消費電力(コピー時)約16W約17W
スマホプリント
印刷速度18秒/枚14秒/枚
印刷コスト約19.4円約18.6円
ネットワーク無線LAN有線&無線LAN
自動電源×
自動両面プリント
給紙方式前面1段と背面前面2段と背面
ディスクレーベル
インク6色4色
価格TS8330”DCP-J982N"

※1.印刷速度やコストはキャノン、ブラザーでの測定環境から紹介しています
(L版フチなし)
よってメーカーの考えから若干差が生じる可能性もありますご了承願います



TS8330とDCP-J982Nはメーカーの屋台骨的なグレードだけあって機能や数値は大きな差はないですね
気になるのはブラザーの洗練されないデザインと重さ2.0kgは結構な差




TS8330とDCP-J982Nのお得なポイント


インクが6色と色域もいいし独立タンクということで1色ずつ交換もできるので無駄なく使えますなので経済的です。大容量やお得な6色パックが用意されているので効率的


TS8330は6色、CP-J982Nは4色で
断然色域はTS8330です
これは毎年のことです



インクには

染料インクと顔料インクがあります




染料インクは表面に染み込ませます

顔料インクは用紙の表面に付着します



だから染料インクは光沢紙へ印刷する場合用紙の質感がそのまま印刷結果に

光沢感のある写真印刷が可能ですコピーや文章にも印刷できるので幅広い活躍できます




逆に顔料インクは先の説明よりインクが用紙に染み込みにくいわけです

だからインク径が広がらずよりくっきりとした印刷が可能となります。他にも

顔料インクはオゾンや光に分解されにくく変色しにくい耐水性が高い水濡れでもにじみにくい特性です





黒が2色あったりするのは顔料インクと染料インクで永年維持することや発色のいいとこどりを






自動両面プリントは用紙の裏と表を入れ替える手間が省けます

1/2に用紙の節約にもなります







前面給紙と背面給紙があると便利です。
ハガキや名刺は背面給紙からといったようなのが便利です





スマホからの簡単プリントは定番です

キャノンは「Canon PRINT Inkjet/SELPHY」という無料アプリ
ブラザーなら「Brotheriprint&SCAN」





NFC搭載DCP-J982Nにはあります


NFCとは対応のモバイル端末なら製品も本体にかざすだけでモバイル端末内の
データをプリントしたりスキャンした内容を直接端末に取り込めます
WIFIや無線LANの設定は必要ありません






ADFは連続印刷や読み取りと便利なんですがDCP-J982Nには標準です







TS8330とDCP-J982Nの保証はお買い上げ後1年間ですが

その修理や部品の供給期間は製造終了から5年間が多いと思いますが

メーカーでその差もあるので気になる方はその都度確認しましょう





キャノンの修理はらくらく修理便(有料)

指定日にキャノン指定業者(ヤマト)が引き取りに

修理終了後お客様宅へお届けとのこと




ブラザーは修理費と送料が必要です
修理費+引き取り費2,500円/1台(税抜き)






キャノンとエプソンはPIXUSとカラリオで長らくブランド化しています

インクジェットプリンターや複合機でいえばシェアを二分するような

国内シェアをこのメーカーが占めています。それを追いかけてきたのがブラザーです




デザインはTS8330が有利で機能は互角でしょうか
特に6色の色域はブラザーは割り切っているようですね

TS8330複合機の最安値を見つける>>



ブラザーには秘策がありますNFCとADFです
特にADFはそこそこ印刷するならほしい機能です



DCP-J982N複合機の最安値を見つける>>


ADFがどうしてもって方はブラザーしかなくなります


価格差はTS8330とDCP-J982Nは1万円以上


デザインやブランド力、色域を度外視するとDCP-J982Nもいい
でもこのあたりが1万円の差ってなるんでしょうね

2019年新発売のエプソンのEP812AとブラザーのDCP-J982Nを比較
どちらも家庭用インクジェット複合機ですがちょっとグレードに差はあるかもしれませんが
価格的なことも含めて違いを紹介

比較項目EP812ADCP-J982N
本体カラー白と黒
液晶2.7型2.7型タッチパネル
大きさ収納時で幅390×奥行339×高さ141(mm)収納時で幅400×奥行341×高さ172(mm)
重さ約6.9kg約8.6kg
消費電力(コピー時)約17W約17W
スマホプリント
印刷速度13秒/枚14秒/枚
印刷コスト約29.5円約18.6円
ネットワーク無線LAN有線&無線LAN
自動電源×
自動両面プリント
給紙方式前面2段と背面前面2段と背面
ディスクレーベル
インク6色4色
価格EP812A”DCP-J982N"

※1.印刷速度やコストはエプソン、ブラザーでの測定環境から紹介しています
(L版フチなし)
よってメーカーの考えから若干差が生じる可能性もありますご了承願います



EP812AとDCP-J982Nの違いは小さいところもありますが
気になったのが印字コストがかなりヤバイです
後は重さでしょうかDCP-J982Nの方がかなりです



EP812AとDCP-J982Nのお得なポイント


インクが6色と色域もいいし独立タンクということで1色ずつ交換もできるので無駄なく使えますなので経済的です。大容量やお得な6色パックが用意されているので効率的


EP812Aは6色、CP-J982Nは4色で
断然色域はEP812Aです
この辺りも毎年のことです



インクには

染料インクと顔料インクがあります




染料インクは表面に染み込ませます

顔料インクは用紙の表面に付着します



だから染料インクは光沢紙へ印刷する場合用紙の質感がそのまま印刷結果に

光沢感のある写真印刷が可能ですコピーや文章にも印刷できるので幅広い活躍できます




逆に顔料インクは先の説明よりインクが用紙に染み込みにくいわけです

だからインク径が広がらずよりくっきりとした印刷が可能となります。他にも

顔料インクはオゾンや光に分解されにくく変色しにくい耐水性が高い水濡れでもにじみにくい特性です





黒が2色あったりするのは顔料インクと染料インクで永年維持することや発色のいいとこどりを






自動両面プリントは用紙の裏と表を入れ替える手間が省けます

1/2に用紙の節約にもなります







前面給紙と背面給紙があると便利です。
ハガキや名刺は背面給紙からといったようなのが便利です





スマホからの簡単プリントは定番です

エプソンは無料アプリ「EpsoniPrint」
ブラザーなら「Brotheriprint&SCAN」




NFC搭載DCP-J982Nにはあります


NFCとは対応のモバイル端末なら製品も本体にかざすだけでモバイル端末内の
データをプリントしたりスキャンした内容を直接端末に取り込めます
WIFIや無線LANの設定は必要ありません






ADFは連続印刷や読み取りと便利なんですがDCP-J982Nには標準です






EP812AとDCP-J982Nの保証はお買い上げ後1年間ですが

その修理や部品の供給期間は製造終了から5年間が多いと思いますが

メーカーでその差もあるので気になる方はその都度確認しましょう





エプソンは引取修理サービスや送付修理サービス、持ち込み修理サービス

全て有料です。エプソンには保守契約のようなものもカラリオスマイル

カラリオスマイル5年間で3,000円(税抜き)

内容は有償修理の代金を半額に、ネットで申し込むと自宅まで引き取り

手元に残った未使用インクをポイントに交換





ブラザーは修理費と送料が必要です
修理費+引き取り費2,500円/1台(税抜き)






キャノンとエプソンはPIXUSとカラリオで長らくブランド化しています

インクジェットプリンターや複合機でいえばシェアを二分するような

国内シェアをこのメーカーが占めています。それを追いかけてきたのがブラザーです




デザインや基本の機能はEP812Aが有利で
特に6色の色域に対してブラザーは割り切っているようですね

EP812A複合機の最安値を見つける>>


だからEP812Aの方が印刷コスト以外は有利かなって思ってるんですが
ブラザーには秘策があるのです。NFCとADFです
特にADFはそこそこ印刷するならほしい機能です


DCP-J982N複合機の最安値を見つける>>


ADFがどうしてもって方はブラザーしかなくなります



EP812AとDCP-J982Nの価格差は5千円ほどです

DCP-J982Nの価格も含めると4色の色域とデザインに目をつぶれば魅力的に映ってきました

2019年新発売のエプソンのEP882AとブラザーのDCP-J982Nを比較
どちらも家庭用インクジェット複合機のトップブランド的な存在

比較項目EP882ADCP-J982N
本体カラー白・黒・赤の3色白と黒
液晶4.3型2.7型タッチパネル
大きさ収納時で幅349×奥行340×高さ142(mm)収納時で幅400×奥行341×高さ172(mm)
重さ約6.8kg約8.6kg
消費電力(コピー時)約20W約17W
スマホプリント
印刷速度13秒/枚14秒/枚
印刷コスト約20.6円約18.6円
ネットワーク有線&無線LAN有線&無線LAN
自動電源×
自動両面プリント
給紙方式前面2段と背面前面2段と背面
ディスクレーベル
インク6色4色
価格EP882A”DCP-J982N"

※1.印刷速度やコストはエプソン、ブラザーでの測定環境から紹介しています
(L版フチなし)
よってメーカーの考えから若干差が生じる可能性もありますご了承願います



EP882AとDCP-J982Nは意外と機能は似ていて印字コストや速度もよく似た数値です。ただデザインはブラザーはいつもの箱みたいなのと大きいですねエプソンより二回りぐらい重さも見て下さい



EP882AとDCP-J982Nのお得なポイント


インクが6色と色域もいいし独立タンクということで1色ずつ交換もできるので無駄なく使えますなので経済的です。大容量やお得な6色パックが用意されているので効率的


EP882Aは6色、CP-J982Nは4色で
断然色域はEP882Aです
この辺りも毎年のことです



インクには

染料インクと顔料インクがあります



染料インクは表面に染み込ませます

顔料インクは用紙の表面に付着します



だから染料インクは光沢紙へ印刷する場合用紙の質感がそのまま印刷結果に

光沢感のある写真印刷が可能ですコピーや文章にも印刷できるので幅広い活躍できます




逆に顔料インクは先の説明よりインクが用紙に染み込みにくいわけです

だからインク径が広がらずよりくっきりとした印刷が可能となります。他にも

顔料インクはオゾンや光に分解されにくく変色しにくい耐水性が高い水濡れでもにじみにくい特性です





黒が2色あったりするのは顔料インクと染料インクで永年維持することや発色のいいとこどりを






自動両面プリントは用紙の裏と表を入れ替える手間が省けます

1/2に用紙の節約にもなります







前面給紙と背面給紙があると便利です。
ハガキや名刺は背面給紙からといったようなのが便利です





スマホからの簡単プリントは定番です

エプソンは無料アプリ「EpsoniPrint」
ブラザーなら「Brotheriprint&SCAN」




NFC搭載DCP-J982Nにはあります


NFCとは対応のモバイル端末なら製品も本体にかざすだけでモバイル端末内の
データをプリントしたりスキャンした内容を直接端末に取り込めます
WIFIや無線LANの設定は必要ありません






ADFは連続印刷や読み取りと便利なんですがDCP-J982Nには標準です






EP882AとDCP-J982Nの保証はお買い上げ後1年間ですが

その修理や部品の供給期間は製造終了から5年間が多いと思いますが

メーカーでその差もあるので気になる方はその都度確認しましょう





エプソンは引取修理サービスや送付修理サービス、持ち込み修理サービス

全て有料です。エプソンには保守契約のようなものもカラリオスマイル

カラリオスマイル5年間で3,000円(税抜き)

内容は有償修理の代金を半額に、ネットで申し込むと自宅まで引き取り

手元に残った未使用インクをポイントに交換





ブラザーは修理費と送料が必要です
修理費+引き取り費2,500円/1台(税抜き)






キャノンとエプソンはPIXUSとカラリオで長らくブランド化しています

インクジェットプリンターや複合機でいえばシェアを二分するような

国内シェアをこのメーカーが占めています。それを追いかけてきたのがブラザーです




デザインや基本の機能はEP882Aが有利で
特に6色の色域はブラザーは割り切っているようですね

EP882A複合機の最安値を見つける>>


だからEP882Aがやっぱり最有力と思ったのですが
ブラザーには秘策があるのです。NFCとADFです
特にADFはそこそこ印刷するならほしい機能です


DCP-J982N複合機の最安値を見つける>>


ADFがどうしてもって方はブラザーしかなくなります


価格差はどうだ
EP882AとDCP-J982Nは1万円以上差があります

見た目に目をつぶればDCP-J982Nも魅力的に
デザインとブランド力か価格とADFか

2019年新発売のエプソンEW052AとキャノンTS5330を比較どちらも家庭用インクジェット複合機ですが下位モデルの違い意外と割り切り機種で人気があります

比較項目EW052ATS5330
本体カラー白・黒・ピンク
液晶モニターなし1.44型
大きさ収納時で幅390×奥行300×高さ146(mm)収納時で幅403×奥行315×高さ148(mm)
重さ約4.0kg約6.3kg
消費電力(コピー時)約12W約19W
スマホプリント
印刷速度74秒/枚36秒/枚
印刷コスト約25.7円約25.3円
ネットワーク無線LAN無線LAN
自動電源OFFのみ
自動両面プリント×
給紙方式背面のみ前面1段と背面
ディスクレーベル×
インク4色黒とカラーは一体型
価格EW052ATS5330

※1.印刷速度やコストはエプソン、キャノンでの測定環境から紹介しています
(L版フチなし)
よってメーカーの考えから若干差が生じる可能性もありますご了承願います



EW052AとTS5330はメーカーの下位モデルなのですが
特色がはっきりしています
特にEW052Aは割り切っています。機能的にはTS5330より色んな面で劣っています





EW052AとTS5330のお得なポイント


印字コストはほぼイーブンです
どちらも4色なので色域は期待できないモデルです
EW052Aは独立インクTS5330はカラーは一体型です



インクには

染料インクと顔料インクがあります




染料インクは表面に染み込ませます

顔料インクは用紙の表面に付着します



だから染料インクは光沢紙へ印刷する場合用紙の質感がそのまま印刷結果に

光沢感のある写真印刷が可能ですコピーや文章にも印刷できるので幅広い活躍できます




逆に顔料インクは先の説明よりインクが用紙に染み込みにくいわけです

だからインク径が広がらずよりくっきりとした印刷が可能となります。他にも

顔料インクはオゾンや光に分解されにくく変色しにくい耐水性が高い水濡れでもにじみにくい特性です





黒が2色あったりするのは顔料インクと染料インクで永年維持することや発色のいいとこどりを






自動両面プリントは用紙の裏と表を入れ替える手間が省けます

1/2に用紙の節約にもなります





前面給紙と背面給紙があると便利です。
ハガキや名刺は背面給紙からといったようなのが便利です





スマホからの簡単プリントは定番です

エプソンは無料アプリ「EpsoniPrint」
キャノンは「Canon PRINT Inkjet/SELPHY」という無料アプリ





NFC搭載は両機種なし


NFCとは対応のモバイル端末なら製品も本体にかざすだけでモバイル端末内の
データをプリントしたりスキャンした内容を直接端末に取り込めます
WIFIや無線LANの設定は必要ありません






ADFは連続印刷や読み取りと便利なんですが両機種なし






EW052AとTS5330の保証はお買い上げ後1年間ですが

その修理や部品の供給期間は製造終了から5年間が多いと思いますが

メーカーでその差もあるので気になる方はその都度確認しましょう





プソンは引取修理サービスや送付修理サービス、持ち込み修理サービス

全て有料です。エプソンには保守契約のようなものもカラリオスマイル

カラリオスマイル5年間で3,000円(税抜き)

内容は有償修理の代金を半額に、ネットで申し込むと自宅まで引き取り

手元に残った未使用インクをポイントに交換





キャノンの修理はらくらく修理便(有料)

指定日にキャノン指定業者(ヤマト)が引き取りに

修理終了後お客様宅へお届けとのこと






キャノンとエプソンはPIXUSとカラリオで長らくブランド化しています

インクジェットプリンターや複合機でいえばシェアを二分するような

国内シェアをこのメーカーが占めています。選ぶべきメーカーです




今回のEW052AとTS5330の選択は難しくありません
機能に特徴があるのでライフワークで必要なメーカーを選べばいいだけです
気になるのは印字スピードでしょうか?倍ほど違います。どちらも遅めなのですがEW052Aは相当遅い


しかしEW052Aは機能が簡素化されてますが
その分重量がめちゃくちゃ軽いです


EW052A複合機の最安値を見つける>>


価格差は約4,000円ほどです


TS5330複合機の最安値を見つける>>


この価格差で使い勝手のいいTS5330か安いEW052Aかどっち

2019年新発売のエプソンEP712AとキャノンTS5330を比較どちらも家庭用インクジェット複合機ですが下位モデルの違い意外とこのジャンルも割り切りで人気あります。

比較項目EP712ATS5330
本体カラー白・黒・ピンク
液晶モニター1.44型1.44型
大きさ収納時で幅390×奥行338×高さ163(mm)収納時で幅403×奥行315×高さ148(mm)
重さ約5.9kg約6.3kg
消費電力(コピー時)約15W約19W
スマホプリント
印刷速度17秒/枚36秒/枚
印刷コスト約29.5円約25.3円
ネットワーク無線LAN無線LAN
自動電源OFFのみ
自動両面プリント×
給紙方式前面1段前面1段と背面
ディスクレーベル×
インク6色黒とカラーは一体型
価格EP712ATS5330

※1.印刷速度やコストはエプソン、キャノンでの測定環境から紹介しています
(L版フチなし)
よってメーカーの考えから若干差が生じる可能性もありますご了承願います



EP712AとTS5330はメーカーの下位モデルなのですが
機能的には結構特色がはっきりしています





EP712AとTS5330のお得なポイント


EP712Aは6色独立なのですがTS5330の方はカラーが3色一体型
色域はEP712Aが断然有利です



インクには

染料インクと顔料インクがあります



染料インクは表面に染み込ませます

顔料インクは用紙の表面に付着します



だから染料インクは光沢紙へ印刷する場合用紙の質感がそのまま印刷結果に

光沢感のある写真印刷が可能ですコピーや文章にも印刷できるので幅広い活躍できます




逆に顔料インクは先の説明よりインクが用紙に染み込みにくいわけです

だからインク径が広がらずよりくっきりとした印刷が可能となります。他にも

顔料インクはオゾンや光に分解されにくく変色しにくい耐水性が高い水濡れでもにじみにくい特性です





黒が2色あったりするのは顔料インクと染料インクで永年維持することや発色のいいとこどりを






自動両面プリントは用紙の裏と表を入れ替える手間が省けます

1/2に用紙の節約にもなります





前面給紙と背面給紙があると便利です。
ハガキや名刺は背面給紙からといったようなのが便利です





スマホからの簡単プリントは定番です

エプソンは無料アプリ「EpsoniPrint」
キャノンは「Canon PRINT Inkjet/SELPHY」という無料アプリ





NFC搭載は両機種なし


NFCとは対応のモバイル端末なら製品も本体にかざすだけでモバイル端末内の
データをプリントしたりスキャンした内容を直接端末に取り込めます
WIFIや無線LANの設定は必要ありません






ADFは連続印刷や読み取りと便利なんですが両機種なし






EP712AとTS5330の保証はお買い上げ後1年間ですが

その修理や部品の供給期間は製造終了から5年間が多いと思いますが

メーカーでその差もあるので気になる方はその都度確認しましょう





プソンは引取修理サービスや送付修理サービス、持ち込み修理サービス

全て有料です。エプソンには保守契約のようなものもカラリオスマイル

カラリオスマイル5年間で3,000円(税抜き)

内容は有償修理の代金を半額に、ネットで申し込むと自宅まで引き取り

手元に残った未使用インクをポイントに交換




キャノンの修理はらくらく修理便(有料)

指定日にキャノン指定業者(ヤマト)が引き取りに

修理終了後お客様宅へお届けとのこと






キャノンとエプソンはPIXUSとカラリオで長らくブランド化しています

インクジェットプリンターや複合機でいえばシェアを二分するような

国内シェアをこのメーカーが占めています。選ぶべきメーカーです




今回のEP712AとTS5330の選択は難しくありません
機能に特徴があるのでライフワークで必要なメーカーを選べばいいだけです
気になるのは印字スピードでしょうか?倍ほど違います。EP712Aの方が速い


EP712A複合機の最安値を見つける>>


困ったのが価格です5千円ほど差があるんです


TS5330複合機の最安値を見つける>>


TS5330は安かった

2019年新発売のキャノンTS6330とエプソンEP812Aを比較
どちらも家庭用インクジェット複合機ですが両機種中間機的な役割といえばいいでしょうか

比較項目TS6330EP812A
本体カラー白・黒
液晶3.0型タッチパネル2.7型
大きさ収納時で幅373×奥行315×高さ139(mm)収納時で幅390×奥行339×高さ141(mm)
重さ約6.2kg約6.8kg
消費電力(コピー時)約14W約17W
スマホプリント
印刷速度18秒/枚13秒/枚
印刷コスト約17.3円約29.5円
ネットワーク無線LAN無線LAN
自動電源
自動両面プリント
給紙方式前面1段と背面前面2段と背面
ディスクレーベル×
インク5色6色
価格TS6330EP812A

※1.印刷速度やコストはキャノン、エプソンでの測定環境から紹介しています
(L版フチなし)
よってメーカーの考えから若干差が生じる可能性もありますご了承願います



TS6330とEP812Aの違いで気になったのは印字コストでしょうか
それ以外は大きな差はないように思います



TS6330とEP812Aのお得なポイント


インクが5色で独立タンクということで1色ずつ交換もできるので無駄なく使えますなので経済的です
TS6330は5色でEP812Aは6色です
色域では6色のEP812Aの方が評価されそうです。しかもTS6330は去年のインクです




インクには

染料インクと顔料インクがあります



染料インクは表面に染み込ませます

顔料インクは用紙の表面に付着します



だから染料インクは光沢紙へ印刷する場合用紙の質感がそのまま印刷結果に

光沢感のある写真印刷が可能ですコピーや文章にも印刷できるので幅広い活躍できます




逆に顔料インクは先の説明よりインクが用紙に染み込みにくいわけです

だからインク径が広がらずよりくっきりとした印刷が可能となります。他にも

顔料インクはオゾンや光に分解されにくく変色しにくい耐水性が高い水濡れでもにじみにくい特性です





黒が2色あったりするのは顔料インクと染料インクで永年維持することや発色のいいとこどりを






自動両面プリントは用紙の裏と表を入れ替える手間が省けます

1/2に用紙の節約にもなります






前面給紙と背面給紙があると便利です。
ハガキや名刺は背面給紙からといったようなのが便利です





スマホからの簡単プリントは定番です

キャノンは「CanonPrint Inkjet/SELPHY」という無料アプリ
エプソンは 「EpsoniPrint」があります




NFC搭載は両機種なし


NFCとは対応のモバイル端末なら製品も本体にかざすだけでモバイル端末内の
データをプリントしたりスキャンした内容を直接端末に取り込めます
WIFIや無線LANの設定は必要ありません






ADFは連続印刷や読み取りと便利なんですが両機種なし






TS6330とEP812Aの保証はお買い上げ後1年間ですが

その修理や部品の供給期間は製造終了から5年間が多いと思いますが

メーカーでその差もあるので気になる方はその都度確認しましょう





キャノンの修理はらくらく修理便(有料)

指定日にキャノン指定業者(ヤマト)が引き取りに

修理終了後お客様宅へお届けとのこと





エプソンは引取修理サービスや送付修理サービス、持ち込み修理サービス

全て有料です。エプソンには保守契約のようなものもカラリオスマイル

カラリオスマイル5年間で3,000円(税抜き)

内容は有償修理の代金を半額に、ネットで申し込むと自宅まで引き取り

手元に残った未使用インクをポイントに交換






キャノンとエプソンはPIXUSとカラリオで長らくブランド化しています

インクジェットプリンターや複合機でいえばシェアを二分するような

国内シェアをこのメーカーが占めています。選ぶべきメーカーです




TS6330とEP812Aも悩ましい選択ですね
色域優先でEP812Aといきたいのですがコストの差が結構かかりそう
印刷が多いならTS6330へ行きそう

TS6330複合機の最安値を見つける>>


EP812A複合機の最安値を見つける>>


価格的にはTS6330とEP812Aは結構な差です
8千円以上も・・・?!

2019年新発売のキャノンTS7330とエプソンEP812Aを比較
どちらも家庭用インクジェット複合機ですが両機種中間機的な役割といえばいいのでしょうか

比較項目TS7330EP812A
本体カラー白・黒・ネイビー
液晶1.44型2.7型
大きさ収納時で幅376×奥行359×高さ141(mm)収納時で幅390×奥行339×高さ141(mm)
重さ約6.3kg約6.8kg
消費電力(コピー時)約14W約17W
スマホプリント
印刷速度18秒/枚13秒/枚
印刷コスト約17.3円約29.5円
ネットワーク無線LAN無線LAN
自動電源
自動両面プリント
給紙方式前面1段と背面前面2段と背面
ディスクレーベル×
インク5色6色
価格TS7330EP812A

※1.印刷速度やコストはキャノン、エプソンでの測定環境から紹介しています
(L版フチなし)
よってメーカーの考えから若干差が生じる可能性もありますご了承願います



TS7330とEP812Aの違いでポイントはデザインです
TS7330は新コンセプトモデルです
とはいえ印字コストや速度、レーベル印刷には差があります




TS7330とEP812Aのお得なポイント


インクが5色で独立タンクということで1色ずつ交換もできるので無駄なく使えますなので経済的です
TS7330は5色でEP812Aは6色です
色域では6色のEP812Aの方が評価されそうです。しかもTS7330は去年のインクです




インクには

染料インクと顔料インクがあります



染料インクは表面に染み込ませます

顔料インクは用紙の表面に付着します



だから染料インクは光沢紙へ印刷する場合用紙の質感がそのまま印刷結果に

光沢感のある写真印刷が可能ですコピーや文章にも印刷できるので幅広い活躍できます




逆に顔料インクは先の説明よりインクが用紙に染み込みにくいわけです

だからインク径が広がらずよりくっきりとした印刷が可能となります。他にも

顔料インクはオゾンや光に分解されにくく変色しにくい耐水性が高い水濡れでもにじみにくい特性です





黒が2色あったりするのは顔料インクと染料インクで永年維持することや発色のいいとこどりを






自動両面プリントは用紙の裏と表を入れ替える手間が省けます

1/2に用紙の節約にもなります






前面給紙と背面給紙があると便利です。
ハガキや名刺は背面給紙からといったようなのが便利です





スマホからの簡単プリントは定番です

キャノンは「Canon PRINT Inkjet/SELPHY」という無料アプリ
エプソンは 「EpsoniPrint」があります




NFC搭載は両機種なし


NFCとは対応のモバイル端末なら製品も本体にかざすだけでモバイル端末内の
データをプリントしたりスキャンした内容を直接端末に取り込めます
WIFIや無線LANの設定は必要ありません






ADFは連続印刷や読み取りと便利なんですが両機種なし






TS7330とEP812Aの保証はお買い上げ後1年間ですが

その修理や部品の供給期間は製造終了から5年間が多いと思いますが

メーカーでその差もあるので気になる方はその都度確認しましょう





キャノンの修理はらくらく修理便(有料)

指定日にキャノン指定業者(ヤマト)が引き取りに

修理終了後お客様宅へお届けとのこと





エプソンは引取修理サービスや送付修理サービス、持ち込み修理サービス

全て有料です。エプソンには保守契約のようなものもカラリオスマイル

カラリオスマイル5年間で3,000円(税抜き)

内容は有償修理の代金を半額に、ネットで申し込むと自宅まで引き取り

手元に残った未使用インクをポイントに交換






キャノンとエプソンはPIXUSとカラリオで長らくブランド化しています

インクジェットプリンターや複合機でいえばシェアを二分するような

国内シェアをこのメーカーが占めています。選ぶべきメーカーです




TS7330とEP812Aは先でも紹介したのですがデザインがひとつの好みで選択
悩ましいのが印刷コストと色域あたりを許せるかでしょうか


TS7330複合機の最安値を見つける>>


EP812A複合機の最安値を見つける>>


価格的にはTS7330とEP812Aは2千円以下の差なので
価格で選ぶ必要はないです

2019年新発売のキャノンTS8330とエプソンEP882Aを比較
どちらも家庭用インクジェット複合機ですが実質年末に向けての実質
最高峰orメーカー売れ筋モデルの違いは

比較項目TS8330EP882A
本体カラー白・黒・赤白・黒・赤
液晶4.3型タッチパネル4.3型
大きさ収納時で幅373×奥行319×高さ141(mm)収納時で幅349×奥行340×高さ142(mm)
重さ約6.6kg約6.8kg
消費電力(コピー時)約16W約20W
スマホプリント
印刷速度18秒/枚13秒/枚
印刷コスト約19.4円約20.6円
ネットワーク無線LAN有線&無線LAN
自動電源
自動両面プリント
給紙方式前面1段と背面前面2段と背面
ディスクレーベル
インク6色6色
価格

※1.印刷速度やコストはキャノンやエプソンでの測定環境から紹介しています(L版フチなし)
よってメーカーの考えから若干差が生じる可能性もありますご了承願います



TS8330とEP882Aの違いはメーカーが違うので当然小さな差はでてきます
しかし家庭用インクジェットの歴史も長いので両者大きな差は見当たりません




TS8330とEP882Aのお得なポイント


インクが6色と色域もいいし独立タンクということで1色ずつ交換もできるので無駄なく使えますなので経済的です。お得な6色パックが用意されているので効率的


ただ TS8330とEP882Aとトップ機種ですが残念ながら去年のインクです



インクには

染料インクと顔料インクがあります




染料インクは表面に染み込ませます

顔料インクは用紙の表面に付着します



だから染料インクは光沢紙へ印刷する場合用紙の質感がそのまま印刷結果に

光沢感のある写真印刷が可能ですコピーや文章にも印刷できるので幅広い活躍できます




逆に顔料インクは先の説明よりインクが用紙に染み込みにくいわけです

だからインク径が広がらずよりくっきりとした印刷が可能となります。他にも

顔料インクはオゾンや光に分解されにくく変色しにくい耐水性が高い水濡れでもにじみにくい特性です





黒が2色あったりするのは顔料インクと染料インクで永年維持することや発色のいいとこどりを


キャノンは2種の黒を使うことが多い
エプソンはライとマゼンダやライトシアンを使うことが多い





自動両面プリントは用紙の裏と表を入れ替える手間が省けます

1/2に用紙の節約にもなります






前面給紙と背面給紙があると便利です。
ハガキや名刺は背面給紙からといったようなのが便利です





スマホからの簡単プリントは定番です

キャノンは「Canon PRINT Inkjet/SELPHY」という無料アプリ
エプソンは「Epsoniprint」





NFC搭載は両機種なし


NFCとは対応のモバイル端末なら製品も本体にかざすだけでモバイル端末内の
データをプリントしたりスキャンした内容を直接端末に取り込めます
WIFIや無線LANの設定は必要ありません






ADFは連続印刷や読み取りと便利なんですが両機種なし






TS8330とTEP882Aの保証はお買い上げ後1年間ですが

その修理や部品の供給期間は製造終了から5年間が多いと思いますが

メーカーでその差もあるので気になる方はその都度確認しましょう





キャノンの修理はらくらく修理便(有料)

指定日にキャノン指定業者(ヤマト)が引き取りに

修理終了後お客様宅へお届けとのこと





エプソンは引取修理サービスや送付修理サービス、持ち込み修理サービス

全て有料です。エプソンには保守契約のようなものもカラリオスマイル

カラリオスマイル5年間で3,000円(税抜き)

内容は有償修理の代金を半額に、ネットで申し込むと自宅まで引き取り

手元に残った未使用インクをポイントに交換





キャノンとエプソンはPIXUSとカラリオで長らくブランド化しています

インクジェットプリンターや複合機でいえばシェアを二分するような

国内シェアをこのメーカーが占めています。選ぶべきメーカーです




TS8330とEP882Aは印字速度やコストなど細かな差はあるのですが
決定的なようには思いませんなので最終的にはデザインとかブランドイメージや
個人的なこだわりで選んでもいいのかもしれません


TS8330複合機の最安値を見つける>>


EP882A複合機の最安値を見つける>>


TS8330とEP882Aの価格差はほとんどないんですよね
だからどっちを選ぶかは決定打が少ないのです

2019年新発売のEP712AとEW052Aを比較どちらも家庭用インクジェット複合機ですがエプソンColorioシリーズの下位モデルです

比較項目EP712AEW052A
本体カラー
液晶モニター1.44型なし
大きさ収納時で幅390×奥行338×高さ163(mm)収納時で幅390×奥行300×高さ146(mm)
重さ約5.9kg約4.0kg
消費電力(コピー時)約15W約12W
スマホプリント
印刷速度17秒/枚74秒/枚
印刷コスト約29.5円約25.7円
ネットワーク無線LAN無線LAN
自動電源OFFのみOFFのみ
自動両面プリント××
給紙方式前面1段背面のみ
ディスクレーベル×
インク6色4色
価格

※1.印刷速度やコストはエプソンでの測定環境から紹介しています
よってメーカーの考えから若干差が生じる可能性もありますご了承願います



EP712AとEW052Aは見た目は結構な違いがありますが
機能も液晶ディスプレイがあるなしや細かな差はあります
なので見極めが大切になりそうです



EP712AとEW052Aのお得なポイント


両機種新インク搭載で評価ができます。EW052Aは4色なので
色域でいうと6色のEP712Aとなります



インクには

染料インクと顔料インクがあります




染料インクは表面に染み込ませます

顔料インクは用紙の表面に付着します



だから染料インクは光沢紙へ印刷する場合用紙の質感がそのまま印刷結果に

光沢感のある写真印刷が可能ですコピーや文章にも印刷できるので幅広い活躍できます




逆に顔料インクは先の説明よりインクが用紙に染み込みにくいわけです

だからインク径が広がらずよりくっきりとした印刷が可能となります。他にも

顔料インクはオゾンや光に分解されにくく変色しにくい耐水性が高い水濡れでもにじみにくい特性です





黒が2色あったりするのは顔料インクと染料インクで永年維持することや発色のいいとこどりを






自動両面プリントは用紙の裏と表を入れ替える手間が省けます

1/2に用紙の節約にもなります





前面給紙と背面給紙があると便利です。
ハガキや名刺は背面給紙からといったようなのが便利です





スマホからの簡単プリントは定番です

エプソンは無料アプリ「EpsoniPrint」




NFC搭載は両機種なし


NFCとは対応のモバイル端末なら製品も本体にかざすだけでモバイル端末内の
データをプリントしたりスキャンした内容を直接端末に取り込めます
WIFIや無線LANの設定は必要ありません






ADFは連続印刷や読み取りと便利なんですが両機種なし






EP712AとEW052Aの保証はお買い上げ後1年間ですが

その修理や部品の供給期間は製造終了から5年間が多いと思いますが

メーカーでその差もあるので気になる方はその都度確認しましょう





エプソンは引取修理サービスや送付修理サービス、持ち込み修理サービス

全て有料です。エプソンには保守契約のようなものもカラリオスマイル



カラリオスマイル5年間で3,000円(税抜き)

内容は有償修理の代金を半額に、ネットで申し込むと自宅まで引き取り

手元に残った未使用インクをポイントに交換






キャノンとエプソンはPIXUSとカラリオで長らくブランド化しています

インクジェットプリンターや複合機でいえばシェアを二分するような

国内シェアをこのメーカーが占めています。選ぶべきメーカーです




EP712AとEW052Aは下位モデルなので割り切った部分があります
自動両面プリントがなかったり片方はレーベル印刷がありません
EP712AとEW052Aの両者で大きな差は印字速度です。4倍遅いのがEW052A


しかしコストは若干EW052Aが有利で
重量も気になりましたねEW052Aが2kgほど軽い
後は前面給紙か背面かこちらも好みや用途で選択が変わりそうです


EP712A複合機の最安値を見つける>>


特に困ったのが価格です1万円ほど差があるんです
EW052Aは数千円ってことになりそうです
EW052A複合機の最安値を見つける>>

割り切りモデルを探している方は悩んでください
1万円は大きい

2019年新発売の本命のEP882Aと次グレードのEP812Aを比較
どちらも家庭用インクジェット複合機ですがその違いは

比較項目EP882AEP812A
本体カラー白・黒・赤の3色
液晶4.3型2.7型
大きさ収納時で幅349×奥行340×高さ142(mm)収納時で幅390×奥行339×高さ141(mm)
重さ約6.8kg約6.9kg
消費電力(コピー時)約20W約17W
スマホプリント
印刷速度13秒/枚13秒/枚
印刷コスト約20.6円約29.5円
ネットワーク有線&無線LAN無線LAN
自動電源
自動両面プリント
給紙方式前面2段と背面前面2段と背面
ディスクレーベル
インク6色6色
価格

※1.印刷速度やコストはエプソンでの測定環境から紹介しています
よってメーカーの考えから若干差が生じる可能性もありますご了承願います



EP882AとEP812Aとはやはり微妙に差はあります
気になったのは印字コストと大きさです
しかし機能はそんなに差はない




EP882AとEP812Aのお得なポイント


インクが6色と色域もいいし独立タンクということで1色ずつ交換もできるので無駄なく使えますなので経済的です。大容量やお得な6色パックが用意されているので効率的



EP882AとEP812Aはインクが違います
EP882Aの方がコストが有利ですが去年のものここは残念です
EP812Aインクは新タイプなので評価できます




インクには

染料インクと顔料インクがあります




染料インクは表面に染み込ませます

顔料インクは用紙の表面に付着します



だから染料インクは光沢紙へ印刷する場合用紙の質感がそのまま印刷結果に

光沢感のある写真印刷が可能ですコピーや文章にも印刷できるので幅広い活躍できます




逆に顔料インクは先の説明よりインクが用紙に染み込みにくいわけです

だからインク径が広がらずよりくっきりとした印刷が可能となります。他にも

顔料インクはオゾンや光に分解されにくく変色しにくい耐水性が高い水濡れでもにじみにくい特性です





黒が2色あったりするのは顔料インクと染料インクで永年維持することや発色のいいとこどりを






自動両面プリントは用紙の裏と表を入れ替える手間が省けます

1/2に用紙の節約にもなります







前面給紙と背面給紙があると便利です。
ハガキや名刺は背面給紙からといったようなのが便利です





スマホからの簡単プリントは定番です

エプソンは無料アプリ「EpsoniPrint」





NFC搭載はなし


NFCとは対応のモバイル端末なら製品も本体にかざすだけでモバイル端末内の
データをプリントしたりスキャンした内容を直接端末に取り込めます
WIFIや無線LANの設定は必要ありません






ADFは連続印刷や読み取りと便利なんですが両機種なし






EP882AとEP812Aの保証はお買い上げ後1年間ですが

その修理や部品の供給期間は製造終了から5年間が多いと思いますが

メーカーでその差もあるので気になる方はその都度確認しましょう





エプソンは引取修理サービスや送付修理サービス、持ち込み修理サービス

全て有料です。エプソンには保守契約のようなものもカラリオスマイル



カラリオスマイル5年間で3,000円(税抜き)

内容は有償修理の代金を半額に、ネットで申し込むと自宅まで引き取り

手元に残った未使用インクをポイントに交換






キャノンとエプソンはPIXUSとカラリオで長らくブランド化しています

インクジェットプリンターや複合機でいえばシェアを二分するような

国内シェアをこのメーカーが占めています。選ぶべきメーカーです




売れ筋のEP882Aはカラーも3種用意されているので
やはりエプソンからすると本命です
しかし大きな機能の差はなくデザイン的な部分が大きいのかも


EP882AとEP812Aの価格差は約7千円ほどです
この差ならあえてデザインがいいEP882Aでもいいのかなとも思います
EP882A複合機の最安値を見つける>>

2019年新発売のDCPJ982NとDCPJ582Nの違いを比較
どちらも家庭用インクジェット複合機ですがブラザーPRIVIOシリーズの2機種の差は

比較項目DCP-J982NDCP-J582N
本体カラー白と黒
液晶2.7型タッチパネル2.7型
大きさ収納時で幅400×奥行341×高さ172(mm)収納時で幅400×奥行341×高さ151(mm)
重さ約8.6kg約7.1kg
消費電力(コピー時)約17W約17W
スマホプリント
印刷速度14秒/枚34秒/枚
印刷コスト約18.6円約18.6円
ネットワーク有線/無線LAN無線LAN
自動電源××
自動両面プリント
給紙方式前面2段と背面前面2段と背面
ディスクレーベル×
インク4色4色
価格DCP-J982NDCP-J582N

※1.印刷速度やコストはブラザーでの測定環境から紹介しています(L版フチなし)
よってメーカーの考えから若干差が生じる可能性もありますご了承願います



DCPJ982NとDCPJ582Nは機能的にも差があります
速度が意外と大きいですね



DCPJ982NとDCPJ582Nのお得なポイント


DCPJ982NとDCPJ582Nは同じインクなのでコストは同じなのですが
以前のインクでしかも独立ですが4色です
このあたりは残念でしょうか



インクには

染料インクと顔料インクがあります




染料インクは表面に染み込ませます

顔料インクは用紙の表面に付着します



だから染料インクは光沢紙へ印刷する場合用紙の質感がそのまま印刷結果に

光沢感のある写真印刷が可能ですコピーや文章にも印刷できるので幅広い活躍できます




逆に顔料インクは先の説明よりインクが用紙に染み込みにくいわけです

だからインク径が広がらずよりくっきりとした印刷が可能となります。他にも

顔料インクはオゾンや光に分解されにくく変色しにくい耐水性が高い水濡れでもにじみにくい特性です





黒が2色あったりするのは顔料インクと染料インクで永年維持することや発色のいいとこどりを





自動両面プリントは用紙の裏と表を入れ替える手間が省けます

1/2に用紙の節約にもなります






前面給紙と背面給紙があると便利です。
ハガキや名刺は背面給紙からといったようなのが便利です





スマホからの簡単プリントは定番です

ブラザーなら「Brotheriprint&SCAN」



NFC搭載はDCP-J982Nにはあります


NFCとは対応のモバイル端末なら製品も本体にかざすだけでモバイル端末内の
データをプリントしたりスキャンした内容を直接端末に取り込めます
WIFIや無線LANの設定は必要ありません






ADFは連続印刷や読み取りと便利なんですがDCP-J982Nにはあります





DCPJ982NとDCPJ582Nの保証はお買い上げ後1年間ですが

その修理や部品の供給期間は製造終了から5年間が多いと思いますが

メーカーでその差もあるので気になる方はその都度確認しましょう





ブラザーは修理費と送料が必要です
修理費+引き取り費2,500円/1台(税抜き)






キャノンとエプソンはPIXUSとカラリオで長らくブランド化しています

インクジェットプリンターや複合機でいえばシェアを二分するような

国内シェアをこのメーカーが占めています。ブラザーはこれを追いかけてきました


DCP-J982N複合機の最安値を見つける>>


DCP-J582N複合機の最安値を見つける>>



DCPJ982NとDCPJ582Nとの差は意外と大きいです
ADFやNFCがあるないや印字速度、ディスクレーベル
必要か不要か検討ありだと思います。価格差は約5,6千円です

2019年新発売のEW-M752TとEP-M552Tの違い を比較
どちらもエプソンが力を入れているエコタンク搭載モデル
同時期に発売したインクジェット複合機です

比較項目EW-M752TEP-M552T
本体カラー
液晶4.3型タッチパネル1.44型
大きさ収納時で幅390×奥行339×高さ166(mm)収納時で幅390×奥行324×高さ166(mm)
重さ約6.3kg約4.5kg
消費電力(コピー時)0.2kwh0.2Kwh
スマホプリント
印刷速度25秒/枚33秒/枚
印刷コスト約8.9円約8.7円
ネットワーク無線LAN無線LAN
自動電源
自動両面プリント×
給紙方式前面1段と背面背面のみ
ディスクレーベル××
インク5色4色
価格4万円台3万円台

※1.印刷速度やコストはエプソンでの測定環境から紹介しています(L版フチなし)
よってメーカーの考えから若干差が生じる可能性もありますご了承願います



EW-M752TとEP-M552Tは同時期発売なのでなんとなく
似ていますが色んな機能やコストが違います


タッチパネルだとか自動両面機能だとか
大きさや給紙部分など


EW-M752TとEP-M552Tのお得なポイント


インクは新製品投入で両機種おなじものなんですが5色と4色となっているので
EW-M752Tの方が色域が優れているのでしょう


インクには

染料インクと顔料インクがあります




染料インクは表面に染み込ませます

顔料インクは用紙の表面に付着します



だから染料インクは光沢紙へ印刷する場合用紙の質感がそのまま印刷結果に

光沢感のある写真印刷が可能ですコピーや文章にも印刷できるので幅広い活躍できます




逆に顔料インクは先の説明よりインクが用紙に染み込みにくいわけです

だからインク径が広がらずよりくっきりとした印刷が可能となります。他にも

顔料インクはオゾンや光に分解されにくく変色しにくい耐水性が高い水濡れでもにじみにくい特性です





黒が2色あったりするのは顔料インクと染料インクで永年維持することや発色のいいとこどりを

キャノンはこの黒2色扱いが伝統





自動両面プリントは用紙の裏と表を入れ替える手間が省けます

1/2に用紙の節約にもなります






前面給紙と背面給紙があると便利です。
ハガキや名刺は背面給紙からといったようなのが便利です





スマホからの簡単プリントは定番です

エプソンは無料アプリ「EpsoniPrint」




NFC搭載は両機種なし


NFCとは対応のモバイル端末なら製品も本体にかざすだけでモバイル端末内の
データをプリントしたりスキャンした内容を直接端末に取り込めます
WIFIや無線LANの設定は必要ありません






ADFは連続印刷や読み取りと便利なんですが両機種なし






EW-M752TとEP-M552Tの保証はお買い上げ後1年間ですが

その修理や部品の供給期間は製造終了から5年間が多いと思いますが

メーカーでその差もあるので気になる方はその都度確認しましょう





エプソンは引取修理サービスや送付修理サービス、持ち込み修理サービス

全て有料です。エプソンには保守契約のようなものもカラリオスマイル



カラリオスマイル5年間で3,000円(税抜き)

内容は有償修理の代金を半額に、ネットで申し込むと自宅まで引き取り

手元に残った未使用インクをポイントに交換






キャノンとエプソンはPIXUSとカラリオで長らくブランド



キャノンとエプソンはPIXUSとカラリオで長らくブランド化しています

インクジェットプリンターや複合機でいえばシェアを二分するような

国内シェアをこのメーカーが占めています。選ぶべきメーカーです




EW-M752TとEP-M552Tは細々と差がついています。自動両面プリントやタッチパネル、印字速度、前面給紙あるなしそして重さも2kg近いです。後は価格ですね1万円ほどの差となっています

2019年新発売のTS6330とTS5330を比較
どちらも家庭用インクジェット複合機ですがキャノンのPIXUSシリーズですが
安めの複合機ほしい人には興味がある2台だと思います

比較項目TS6330TS5330
本体カラー白・黒白・黒・ピンク
液晶3.0型タッチパネル1.44型
大きさ収納時で幅373×奥行315×高さ139(mm)収納時で幅403×奥行315×高さ148(mm)
重さ約6.2kg約6.3kg
消費電力(コピー時)約14W約19W
スマホプリント
印刷速度18秒/枚36秒/枚
印刷コスト約17.3円約25.3円
ネットワーク無線LAN無線LAN
自動電源
自動両面プリント
給紙方式前面1段と背面前面1段と背面
ディスクレーベル××
インク5色黒とカラー一体型
価格TS6330
TS5330

※1.印刷速度やコストはキャノンでの測定環境から紹介しています(L版フチなし)
よってメーカーの考えから若干差が生じる可能性もありますご了承願います



TS6330とTS5330は違いがはっきりでています
デザインがちょっと違うので大きさに差が
TS6330の方がコンパクトですね


あとは液晶画面が全然違います
印字スピードやコストも


TS6330とTS5330のお得なポイント


インクが5色で独立タンクということで1色ずつ交換もできるので無駄なく使えますなので経済的です。
お得な5色パックが用意されているので効率的なのはTS6330です
ただ去年のインクなのでそのあたりは残念でしょうか


対してTS5330は新インク投入ですが
カラーが一体型です。だから効率が悪いので印字コストが高くなっています



インクには

染料インクと顔料インクがあります



染料インクは表面に染み込ませます

顔料インクは用紙の表面に付着します



だから染料インクは光沢紙へ印刷する場合用紙の質感がそのまま印刷結果に

光沢感のある写真印刷が可能ですコピーや文章にも印刷できるので幅広い活躍できます




逆に顔料インクは先の説明よりインクが用紙に染み込みにくいわけです

だからインク径が広がらずよりくっきりとした印刷が可能となります。他にも

顔料インクはオゾンや光に分解されにくく変色しにくい耐水性が高い水濡れでもにじみにくい特性です





黒が2色あったりするのは顔料インクと染料インクで永年維持することや発色のいいとこどりを

キャノンはこの黒2色扱いが伝統





自動両面プリントは用紙の裏と表を入れ替える手間が省けます

1/2に用紙の節約にもなります






前面給紙と背面給紙があると便利です。
ハガキや名刺は背面給紙からといったようなのが便利です





スマホからの簡単プリントは定番です

キャノンは「Canon PRINT Inkjet/SELPHY」という無料アプリ




NFC搭載は両機種なし


NFCとは対応のモバイル端末なら製品も本体にかざすだけでモバイル端末内の
データをプリントしたりスキャンした内容を直接端末に取り込めます
WIFIや無線LANの設定は必要ありません






ADFは連続印刷や読み取りと便利なんですが両機種なし






TS6330とTS5330の保証はお買い上げ後1年間ですが

その修理や部品の供給期間は製造終了から5年間が多いと思いますが

メーカーでその差もあるので気になる方はその都度確認しましょう





キャノンの修理はらくらく修理便(有料)

指定日にキャノン指定業者(ヤマト)が引き取りに

修理終了後お客様宅へお届けとのこと




キャノンとエプソンはPIXUSとカラリオで長らくブランド化しています

インクジェットプリンターや複合機でいえばシェアを二分するような

国内シェアをこのメーカーが占めています。選ぶべきメーカーです


TS6330複合機の最安値を見つける>>


TS5330複合機の最安値を見つける>>


TS6330とTS5330は差にメリハリがついています。だからこのあたりは明確に選択できるのですが印字速度とコストの大きな差は見逃せません価格的にはTS6330が4千円ほど高いのですが個人的にはそれでもいいかなって思っています。ただほとんど使用しないユーザーさんは高コストのTS5330でもとなるのかもしれません

2019年新発売のTS7330とTS6330を比較
どちらも家庭用インクジェット複合機ですがキャノンのPIXUSシリーズですが
中間機的な役割の2機種どっちがいいのか

比較項目TS7330TS6330
本体カラー白・黒・ネイビー白・黒
液晶1.44型3.0型タッチパネル
大きさ収納時で幅376×奥行359×高さ141(mm)収納時で幅373×奥行315×高さ139(mm)
重さ約6.3kg約6.2kg
消費電力(コピー時)約14W約14W
スマホプリント
印刷速度18秒/枚18秒/枚
印刷コスト約17.3円約17.3円
ネットワーク無線LAN無線LAN
自動電源
自動両面プリント
給紙方式前面1段と背面前面1段と背面
ディスクレーベル××
インク5色5色
価格TS7330
TS6330

※1.印刷速度やコストはキャノンでの測定環境から紹介しています(L版フチなし)
よってメーカーの考えから若干差が生じる可能性もありますご了承願います



TS7330とTS6330は機能的には大きな違いはなさそうです
デザインがちょっと違うので大きさに差が
TS6330の方がコンパクトですね


あとは液晶画面が全然違います
ここはポイントとなりそうです


TS7330とTS6330のお得なポイント


インクが5色で独立タンクということで1色ずつ交換もできるので無駄なく使えますなので経済的です。お得な5色パックが用意されているので効率的


TS7330とTS6330は同じインクなのですが去年のものです
このあたりは残念です。



インクには

染料インクと顔料インクがあります



染料インクは表面に染み込ませます

顔料インクは用紙の表面に付着します



だから染料インクは光沢紙へ印刷する場合用紙の質感がそのまま印刷結果に

光沢感のある写真印刷が可能ですコピーや文章にも印刷できるので幅広い活躍できます




逆に顔料インクは先の説明よりインクが用紙に染み込みにくいわけです

だからインク径が広がらずよりくっきりとした印刷が可能となります。他にも

顔料インクはオゾンや光に分解されにくく変色しにくい耐水性が高い水濡れでもにじみにくい特性です





黒が2色あったりするのは顔料インクと染料インクで永年維持することや発色のいいとこどりを

キャノンはこの黒2色扱いが伝統





自動両面プリントは用紙の裏と表を入れ替える手間が省けます

1/2に用紙の節約にもなります






前面給紙と背面給紙があると便利です。
ハガキや名刺は背面給紙からといったようなのが便利です





スマホからの簡単プリントは定番です

キャノンは「Canon PRINT Inkjet/SELPHY」という無料アプリ




NFC搭載は両機種なし


NFCとは対応のモバイル端末なら製品も本体にかざすだけでモバイル端末内の
データをプリントしたりスキャンした内容を直接端末に取り込めます
WIFIや無線LANの設定は必要ありません






ADFは連続印刷や読み取りと便利なんですが両機種なし






TS7330とTS6330の保証はお買い上げ後1年間ですが

その修理や部品の供給期間は製造終了から5年間が多いと思いますが

メーカーでその差もあるので気になる方はその都度確認しましょう





キャノンの修理はらくらく修理便(有料)

指定日にキャノン指定業者(ヤマト)が引き取りに

修理終了後お客様宅へお届けとのこと




キャノンとエプソンはPIXUSとカラリオで長らくブランド化しています

インクジェットプリンターや複合機でいえばシェアを二分するような

国内シェアをこのメーカーが占めています。選ぶべきメーカーです



TS7330複合機の最安値を見つける>>



TS6330複合機の最安値を見つける>>



TS7330とTS6330はインクが同じなのでその内部は変わらないということです
大きな差はデザインと液晶パネルといえそうです
お好みでとなるのですが価格は1万円ほど差があります。TS6330の方がお得です

2019年新発売のTS8330とTS7330を比較
どちらも家庭用インクジェット複合機ですがキャノンのPIXUSシリーズですが
売れ筋とその次のモデルどっちがいいのか

比較項目TS8330TS7330
本体カラー白・黒・赤白・黒・ネイビー
液晶4.3型タッチパネル1.44型
大きさ収納時で幅373×奥行319×高さ141(mm)収納時で幅376×奥行359×高さ141(mm)
重さ約6.6kg約6.3kg
消費電力(コピー時)約16W約14W
スマホプリント
印刷速度18秒/枚18秒/枚
印刷コスト約19.4円約17.3円
ネットワーク無線LAN無線LAN
自動電源
自動両面プリント
給紙方式前面1段と背面前面1段と背面
ディスクレーベル×
インク6色5色
価格TS8330TS7330

※1.印刷速度やコストはキャノンでの測定環境から紹介しています(L版フチなし)
よってメーカーの考えから若干差が生じる可能性もありますご了承願います



TS8330とTS7330結構違いが多いです
まずデザインがTS7330雰囲気が違います
液晶画面の大きさがまずは全然違います

TS8330とTS7330もカラーは3色用意されてますが
TS7330のネイビーは珍しい


TS8330とTS7330のお得なポイント


インクが6色と色域もいいし独立タンクということで1色ずつ交換もできるので無駄なく使えますなので経済的です。お得な6色パックが用意されているので効率的


TS8330とTS7330は同じインクなのですが去年のものです
このあたりは残念です。そして
前者は6色、TS7330は色なので色域はTS8330でしょうか

その代わりといったらなんなんですが
スピードは同じでも印字コストは5色のTS7330が有利となっています



インクには

染料インクと顔料インクがあります




染料インクは表面に染み込ませます

顔料インクは用紙の表面に付着します



だから染料インクは光沢紙へ印刷する場合用紙の質感がそのまま印刷結果に

光沢感のある写真印刷が可能ですコピーや文章にも印刷できるので幅広い活躍できます




逆に顔料インクは先の説明よりインクが用紙に染み込みにくいわけです

だからインク径が広がらずよりくっきりとした印刷が可能となります。他にも

顔料インクはオゾンや光に分解されにくく変色しにくい耐水性が高い水濡れでもにじみにくい特性です





黒が2色あったりするのは顔料インクと染料インクで永年維持することや発色のいいとこどりを

キャノンはこの黒2色扱いが伝統





自動両面プリントは用紙の裏と表を入れ替える手間が省けます

1/2に用紙の節約にもなります






前面給紙と背面給紙があると便利です。
ハガキや名刺は背面給紙からといったようなのが便利です





スマホからの簡単プリントは定番です

キャノンは「Canon PRINT Inkjet/SELPHY」という無料アプリ




NFC搭載は両機種なし


NFCとは対応のモバイル端末なら製品も本体にかざすだけでモバイル端末内の
データをプリントしたりスキャンした内容を直接端末に取り込めます
WIFIや無線LANの設定は必要ありません






ADFは連続印刷や読み取りと便利なんですが両機種なし






TS8330とTS7330の保証はお買い上げ後1年間ですが

その修理や部品の供給期間は製造終了から5年間が多いと思いますが

メーカーでその差もあるので気になる方はその都度確認しましょう





キャノンの修理はらくらく修理便(有料)

指定日にキャノン指定業者(ヤマト)が引き取りに

修理終了後お客様宅へお届けとのこと




キャノンとエプソンはPIXUSとカラリオで長らくブランド化しています

インクジェットプリンターや複合機でいえばシェアを二分するような

国内シェアをこのメーカーが占めています。選ぶべきメーカーです



TS8330複合機の最安値を見つける>>



TS7330複合機の最安値を見つける>>


TS8330とTS7330はデザインから印字コストまで細かな差は多いです
このあたりは本体価格と照らし合わせて機能を選ぶ必要がありそうです
基本的な機能は両機種揃っているのでやっぱり見た目でしょうか

2019年新発売のXK60とTS8330を比較
どちらも家庭用インクジェット複合機ですがキャノンのPIXUSシリーズですが
この手では最高峰モデルと売れ筋に設定しているモデル違いはどこだ

比較項目XK60TS8330
本体カラーシルバー白・黒・赤
液晶4.3型タッチパネル4.3型タッチパネル
大きさ収納時で幅373×奥行319×高さ141(mm)収納時で幅373×奥行319×高さ141(mm)
重さ約6.6kg約6.6kg
消費電力(コピー時)約16W約16W
スマホプリント
印刷速度14秒/枚18秒/枚
印刷コスト約12.5円約19.4円
ネットワーク無線LAN無線LAN
自動電源
自動両面プリント
給紙方式前面1段と背面前面1段と背面
ディスクレーベル
インク6色6色
価格XK60TS8330

※1.印刷速度やコストはキャノンでの測定環境から紹介しています(L版フチなし)
よってメーカーの考えから若干差が生じる可能性もありますご了承願います



XK60とTS8330は機能的にはほとんど一緒
大きさや重さも同じなのですがXK60は高級仕様なのでやはり
デザインと高級感はTS8330より上です



XK60とTS8330のお得なポイント


インクが6色と色域もいいし独立タンクということで1色ずつ交換もできるので無駄なく使えますなので経済的です。お得な6色パックが用意されているので効率的


ただXK60とTS8330のインクは違います
それによって印字コストやスピードはXK60の方が上手となっています

ちなみに両機種インクは去年のものです
このあたりは両機種残念でしょうか


➜ XK60インクの純正、互換、詰め替えインクの比較
XK1-N11+N10(XL)



➜ TS8330インクの純正、互換、詰め替えの比較
BC-381+380シリーズ




インクには

染料インクと顔料インクがあります




染料インクは表面に染み込ませます

顔料インクは用紙の表面に付着します



だから染料インクは光沢紙へ印刷する場合用紙の質感がそのまま印刷結果に

光沢感のある写真印刷が可能ですコピーや文章にも印刷できるので幅広い活躍できます




逆に顔料インクは先の説明よりインクが用紙に染み込みにくいわけです

だからインク径が広がらずよりくっきりとした印刷が可能となります。他にも

顔料インクはオゾンや光に分解されにくく変色しにくい耐水性が高い水濡れでもにじみにくい特性です





黒が2色あったりするのは顔料インクと染料インクで永年維持することや発色のいいとこどりを

キャノンはこの黒2色扱いが伝統





自動両面プリントは用紙の裏と表を入れ替える手間が省けます

1/2に用紙の節約にもなります






前面給紙と背面給紙があると便利です。
ハガキや名刺は背面給紙からといったようなのが便利です





スマホからの簡単プリントは定番です

キャノンは「Canon PRINT Inkjet/SELPHY」という無料アプリ




NFC搭載は両機種なし


NFCとは対応のモバイル端末なら製品も本体にかざすだけでモバイル端末内の
データをプリントしたりスキャンした内容を直接端末に取り込めます
WIFIや無線LANの設定は必要ありません






ADFは連続印刷や読み取りと便利なんですが両機種なし






XK60とTS8330の保証はお買い上げ後1年間ですが

その修理や部品の供給期間は製造終了から5年間が多いと思いますが

メーカーでその差もあるので気になる方はその都度確認しましょう





キャノンの修理はらくらく修理便(有料)

指定日にキャノン指定業者(ヤマト)が引き取りに

修理終了後お客様宅へお届けとのこと




キャノンとエプソンはPIXUSとカラリオで長らくブランド化しています

インクジェットプリンターや複合機でいえばシェアを二分するような

国内シェアをこのメーカーが占めています。選ぶべきメーカーです


XK60複合機の最安値を見つける>>


TS8330複合機の最安値を見つける>>

XK60とTS8330の機能はほとんど変わりませんでした
大きさ重さも同じです。しかし価格はXK60の方が1万円ほど高価になっています
その差はデザインやシルバー色の高級感とインクコストや速度でしょう
L版フチなしで1枚@7円の差とすると1,000枚以上で差を取り戻せる計算です

2019年新発売のEW452AとEW052Aを比較どちらも家庭用インクジェット複合機ですがエプソンColorioシリーズの今年のモデル

比較項目EW-452AEW-052A
本体カラー
液晶1.44型なし
大きさ収納時で幅375×奥行300×高さ170(mm)収納時で幅390×奥行300×高さ146(mm)
重さ約4.3kg約4.0kg
消費電力(コピー時)約12W約12W
スマホプリント
印刷速度70秒/枚74秒/枚
印刷コスト約25.7円約25.7円
ネットワーク無線LAN無線LAN
自動電源OFFのみOFFのみ
自動両面プリント×
給紙方式背面のみ背面のみ
ディスクレーベル××
インク4色4色
価格EW452AEW052A

※1.印刷速度やコストはエプソンでの測定環境から紹介しています
よってメーカーの考えから若干差が生じる可能性もありますご了承願います



EW452AとEW052Aは見た目は結構な違いがありますが
機能も液晶ディスプレイがあるなしや自動両面プリントも差があります



EW452AのEW052Aのお得なポイント


両機種インクは4色なので色域は期待できません
ただ新インクが投入は評価できます




インクには

染料インクと顔料インクがあります




染料インクは表面に染み込ませます

顔料インクは用紙の表面に付着します



だから染料インクは光沢紙へ印刷する場合用紙の質感がそのまま印刷結果に

光沢感のある写真印刷が可能ですコピーや文章にも印刷できるので幅広い活躍できます




逆に顔料インクは先の説明よりインクが用紙に染み込みにくいわけです

だからインク径が広がらずよりくっきりとした印刷が可能となります。他にも

顔料インクはオゾンや光に分解されにくく変色しにくい耐水性が高い水濡れでもにじみにくい特性です





黒が2色あったりするのは顔料インクと染料インクで永年維持することや発色のいいとこどりを






自動両面プリントは用紙の裏と表を入れ替える手間が省けます

1/2に用紙の節約にもなります





前面給紙と背面給紙があると便利です。
ハガキや名刺は背面給紙からといったようなのが便利です





スマホからの簡単プリントは定番です

エプソンは無料アプリ「EpsoniPrint」




NFC搭載は両機種なし


NFCとは対応のモバイル端末なら製品も本体にかざすだけでモバイル端末内の
データをプリントしたりスキャンした内容を直接端末に取り込めます
WIFIや無線LANの設定は必要ありません






ADFは連続印刷や読み取りと便利なんですが両機種なし






EW452AとEW052Aの保証はお買い上げ後1年間ですが

その修理や部品の供給期間は製造終了から5年間が多いと思いますが

メーカーでその差もあるので気になる方はその都度確認しましょう





エプソンは引取修理サービスや送付修理サービス、持ち込み修理サービス

全て有料です。エプソンには保守契約のようなものもカラリオスマイル



カラリオスマイル5年間で3,000円(税抜き)

内容は有償修理の代金を半額に、ネットで申し込むと自宅まで引き取り

手元に残った未使用インクをポイントに交換






キャノンとエプソンはPIXUSとカラリオで長らくブランド化しています

インクジェットプリンターや複合機でいえばシェアを二分するような

国内シェアをこのメーカーが占めています。選ぶべきメーカーです



EW452A複合機の最安値を見つける>>


EW052A複合機の最安値を見つける>>



EW452AとEW052Aは同じインクなので速度やコストは変わりません
サイズはA4最大なのですがEW452Aは名刺EW052AはL版までです
後は価格差ですがおよそ5,000円です

2019年新発売のEP812AとEP712Aを比較
どちらも家庭用インクジェット複合機ですがエプソンColorioシリーズの今年のモデル

比較項目EP-812AEP-712A
本体カラー
液晶2.7型1.44型
大きさ収納時で幅390×奥行339×高さ141(mm)収納時で幅390×奥行338×高さ163(mm)
重さ約6.8kg約5.9kg
消費電力(コピー時)約17W約15W
スマホプリント
印刷速度13秒/枚17秒/枚
印刷コスト約29.5円約29.5円
ネットワーク無線LAN無線LAN
自動電源OFFのみ
自動両面プリント×
給紙方式前面2段と背面前面1段
ディスクレーベル
インク6色6色
価格EP812AEP712A

※1.印刷速度やコストはエプソンでの測定環境から紹介しています
よってメーカーの考えから若干差が生じる可能性もありますご了承願います



EP812AとEP712Aは1ランク差があるのですが
その結果デザインをはじめ結構な機能の差もでました



EP812AのEP712Aのお得なポイント


インクが6色と色域もいいし独立タンクということで1色ずつ交換もできるので無駄なく使えますなので経済的です。お得な6色パックが用意されているので効率的


EP812AもEP712Aもインクは同じです
そして新インクが投入で評価できます




インクには

染料インクと顔料インクがあります



染料インクは表面に染み込ませます

顔料インクは用紙の表面に付着します



だから染料インクは光沢紙へ印刷する場合用紙の質感がそのまま印刷結果に

光沢感のある写真印刷が可能ですコピーや文章にも印刷できるので幅広い活躍できます




逆に顔料インクは先の説明よりインクが用紙に染み込みにくいわけです

だからインク径が広がらずよりくっきりとした印刷が可能となります。他にも

顔料インクはオゾンや光に分解されにくく変色しにくい耐水性が高い水濡れでもにじみにくい特性です





黒が2色あったりするのは顔料インクと染料インクで永年維持することや発色のいいとこどりを






自動両面プリントは用紙の裏と表を入れ替える手間が省けます

1/2に用紙の節約にもなります

EP712Aには自動両面機能なしです





前面給紙と背面給紙があると便利です。
ハガキや名刺は背面給紙からといったようなのが便利です





スマホからの簡単プリントは定番です

エプソンは無料アプリ「EpsoniPrint」




NFC搭載は両機種なし


NFCとは対応のモバイル端末なら製品も本体にかざすだけでモバイル端末内の
データをプリントしたりスキャンした内容を直接端末に取り込めます
WIFIや無線LANの設定は必要ありません






ADFは連続印刷や読み取りと便利なんですが両機種なし






EP812AとEP712Aの保証はお買い上げ後1年間ですが

その修理や部品の供給期間は製造終了から5年間が多いと思いますが

メーカーでその差もあるので気になる方はその都度確認しましょう





エプソンは引取修理サービスや送付修理サービス、持ち込み修理サービス

全て有料です。エプソンには保守契約のようなものもカラリオスマイル



カラリオスマイル5年間で3,000円(税抜き)

内容は有償修理の代金を半額に、ネットで申し込むと自宅まで引き取り

手元に残った未使用インクをポイントに交換






キャノンとエプソンはPIXUSとカラリオで長らくブランド化しています

インクジェットプリンターや複合機でいえばシェアを二分するような

国内シェアをこのメーカーが占めています。選ぶべきメーカーです


EP812A複合機の最安値を見つける>>



EP712A複合機の最安値を見つける>>



EP812AとEP712Aは同じインクなので速度やコストは変わりません
しかし機能的には自動両面や自動電源や前面給紙に差があります
EP812Aが優れています。必要か不要かと価格で判断するとよさそうです
その価格差は現在6千円ほどです

2019年新発売のEW052Aと去年のPX049Aを比較
どちらも家庭用インクジェット複合機ですがエプソンColorioの安値モデル

比較項目EW052APX049A
本体カラー
液晶なしなし
大きさ収納時で幅390×奥行300×高さ146(mm)収納時で幅390×奥行300×高さ145(mm)
重さ約4.0kg約3.9kg
消費電力(コピー時)約12W約12W
スマホプリント
印刷速度74秒/枚74秒/枚
印刷コスト約25.7円約27.5円
ネットワーク無線LAN無線LAN
自動電源OFFのみOFFのみ
自動両面プリント××
給紙方式背面のみ背面のみ
ディスクレーベル××
インク4色4色
価格EW052APX049A

※1.印刷速度やコストはエプソンでの測定環境から紹介しています
よってメーカーの考えから若干差が生じる可能性もありますご了承願います



EW052AとPX049Aとは機能的にはそんなに大きな差はありませんでした
デザインも似ています



EW052AとPX049Aのお得なポイント


インクが4色と独立タンクということで1色ずつ交換もできるので無駄なく使えますなので経済的です。

EW052Aには新インクが投入で評価できます




インクには

染料インクと顔料インクがあります



染料インクは表面に染み込ませます

顔料インクは用紙の表面に付着します



だから染料インクは光沢紙へ印刷する場合用紙の質感がそのまま印刷結果に

光沢感のある写真印刷が可能ですコピーや文章にも印刷できるので幅広い活躍できます




逆に顔料インクは先の説明よりインクが用紙に染み込みにくいわけです

だからインク径が広がらずよりくっきりとした印刷が可能となります。他にも

顔料インクはオゾンや光に分解されにくく変色しにくい耐水性が高い水濡れでもにじみにくい特性です





黒が2色あったりするのは顔料インクと染料インクで永年維持することや発色のいいとこどりを






自動両面プリントは用紙の裏と表を入れ替える手間が省けます

1/2に用紙の節約にもなります







前面給紙と背面給紙があると便利です。
ハガキや名刺は背面給紙からといったようなのが便利です





スマホからの簡単プリントは定番です

エプソンは無料アプリ「EpsoniPrint」




NFC搭載は両機種なし


NFCとは対応のモバイル端末なら製品も本体にかざすだけでモバイル端末内の
データをプリントしたりスキャンした内容を直接端末に取り込めます
WIFIや無線LANの設定は必要ありません






ADFは連続印刷や読み取りと便利なんですが両機種なし






EW052AとPX049Aの保証はお買い上げ後1年間ですが

その修理や部品の供給期間は製造終了から5年間が多いと思いますが

メーカーでその差もあるので気になる方はその都度確認しましょう





エプソンは引取修理サービスや送付修理サービス、持ち込み修理サービス

全て有料です。エプソンには保守契約のようなものもカラリオスマイル



カラリオスマイル5年間で3,000円(税抜き)

内容は有償修理の代金を半額に、ネットで申し込むと自宅まで引き取り

手元に残った未使用インクをポイントに交換






キャノンとエプソンはPIXUSとカラリオで長らくブランド化しています

インクジェットプリンターや複合機でいえばシェアを二分するような

国内シェアをこのメーカーが占めています。選ぶべきメーカーです




EW052AとPX049Aはほとんど差はありません
大きさがほんの少しと印字コストがEW052Aが有利です


EW052A複合機の最安値を見つける>>



PX049A複合機の最安値を見つける>>


自動両面プリントがなかったり背面給紙だけだったりします
価格差はありますが2千円ほどなのでどっちでもいいのではないでしょか

2019年新発売のEP712Aと去年のEP711Aを比較
どちらも家庭用インクジェット複合機ですがエプソンColorioのシンプルモデル

比較項目EP-712AEP-711A
本体カラー
液晶1.44型1.44型
大きさ収納時で幅390×奥行338×高さ163(mm)収納時で幅390×奥行338×高さ163(mm)
重さ約5.9kg約5.9kg
消費電力(コピー時)約15W約15W
スマホプリント
印刷速度17秒/枚17秒/枚
印刷コスト約29.5円約26.5円
ネットワーク無線LAN無線LAN
自動電源OFFのみOFFのみ
自動両面プリント××
給紙方式前面1段前面1段
ディスクレーベル
インク6色6色
価格EP712AEP711A

※1.印刷速度やコストはエプソンでの測定環境から紹介しています
よってメーカーの考えから若干差が生じる可能性もありますご了承願います



EP712AとEP711Aとは機能的にはそんなに大きな差はありませんでした
デザインも似ています



EP712AのEP711Aのお得なポイント


インクが6色と色域もいいし独立タンクということで1色ずつ交換もできるので無駄なく使えますなので経済的です。お得な6色パックが用意されているので効率的


EP712Aには新インクが投入で評価できます




インクには

染料インクと顔料インクがあります




染料インクは表面に染み込ませます

顔料インクは用紙の表面に付着します



だから染料インクは光沢紙へ印刷する場合用紙の質感がそのまま印刷結果に

光沢感のある写真印刷が可能ですコピーや文章にも印刷できるので幅広い活躍できます




逆に顔料インクは先の説明よりインクが用紙に染み込みにくいわけです

だからインク径が広がらずよりくっきりとした印刷が可能となります。他にも

顔料インクはオゾンや光に分解されにくく変色しにくい耐水性が高い水濡れでもにじみにくい特性です





黒が2色あったりするのは顔料インクと染料インクで永年維持することや発色のいいとこどりを






自動両面プリントは用紙の裏と表を入れ替える手間が省けます

1/2に用紙の節約にもなります







前面給紙と背面給紙があると便利です。
ハガキや名刺は背面給紙からといったようなのが便利です





スマホからの簡単プリントは定番です

エプソンは無料アプリ「EpsoniPrint」




NFC搭載は両機種なし


NFCとは対応のモバイル端末なら製品も本体にかざすだけでモバイル端末内の
データをプリントしたりスキャンした内容を直接端末に取り込めます
WIFIや無線LANの設定は必要ありません






ADFは連続印刷や読み取りと便利なんですが両機種なし






EP712AとEP711Aの保証はお買い上げ後1年間ですが

その修理や部品の供給期間は製造終了から5年間が多いと思いますが

メーカーでその差もあるので気になる方はその都度確認しましょう





エプソンは引取修理サービスや送付修理サービス、持ち込み修理サービス

全て有料です。エプソンには保守契約のようなものもカラリオスマイル



カラリオスマイル5年間で3,000円(税抜き)

内容は有償修理の代金を半額に、ネットで申し込むと自宅まで引き取り

手元に残った未使用インクをポイントに交換






キャノンとエプソンはPIXUSとカラリオで長らくブランド化しています

インクジェットプリンターや複合機でいえばシェアを二分するような

国内シェアをこのメーカーが占めています。選ぶべきメーカーです




EP712AとEP711Aはほとんど差はありません
意外なのが印字コストですがEP711Aの方が若干お得です
(上記表から)


EP712AとEP711Aの違いはとっても小さい
シンプルモデルなので機能もカットしているので割り切りモデルといえます


EP712A複合機の最安値を見つける>>



EP711A複合機の最安値を見つける>>



自動両面プリントがなかったり前面1段給紙だけだったりします
価格の差は大きいですね新旧で約5,000円以上差があります
差が小さいなら古い機種でもいいのもひとつです

2019年新発売のEP812Aと去年のEP811Aを比較
どちらも家庭用インクジェット複合機ですがエプソンColorioのエントリーモデル

比較項目EP-812AEP-811A
本体カラー白・黒の2色
液晶2.7型2.7型
大きさ収納時で幅390×奥行339×高さ141(mm)収納時で幅390×奥行339×高さ141(mm)
重さ約6.8kg約6.9kg
消費電力(コピー時)約17W約17W
スマホプリント
印刷速度13秒/枚13秒/枚
印刷コスト約29.5円約26.5円
ネットワーク無線LAN無線LAN
自動電源
自動両面プリント
給紙方式前面2段と背面前面2段と背面
ディスクレーベル
インク6色6色
価格

※1.印刷速度やコストはエプソンでの測定環境から紹介しています
よってメーカーの考えから若干差が生じる可能性もありますご了承願います



EP812AとEP811Aとは機能的にはそんなに大きな差はありませんでした
デザインも似ていますがEP812Aは本体カラー黒はありません





EP812AのEP811Aのお得なポイント


インクが6色と色域もいいし独立タンクということで1色ずつ交換もできるので無駄なく使えますなので経済的です。お得な6色パックが用意されているので効率的


EP812Aには新インクが投入で評価できます




インクには

染料インクと顔料インクがあります




染料インクは表面に染み込ませます

顔料インクは用紙の表面に付着します



だから染料インクは光沢紙へ印刷する場合用紙の質感がそのまま印刷結果に

光沢感のある写真印刷が可能ですコピーや文章にも印刷できるので幅広い活躍できます




逆に顔料インクは先の説明よりインクが用紙に染み込みにくいわけです

だからインク径が広がらずよりくっきりとした印刷が可能となります。他にも

顔料インクはオゾンや光に分解されにくく変色しにくい耐水性が高い水濡れでもにじみにくい特性です





黒が2色あったりするのは顔料インクと染料インクで永年維持することや発色のいいとこどりを






自動両面プリントは用紙の裏と表を入れ替える手間が省けます

1/2に用紙の節約にもなります







前面給紙と背面給紙があると便利です。
ハガキや名刺は背面給紙からといったようなのが便利です





スマホからの簡単プリントは定番です

エプソンは無料アプリ「EpsoniPrint」




NFC搭載は両機種なし


NFCとは対応のモバイル端末なら製品も本体にかざすだけでモバイル端末内の
データをプリントしたりスキャンした内容を直接端末に取り込めます
WIFIや無線LANの設定は必要ありません






ADFは連続印刷や読み取りと便利なんですが両機種なし






EP812AとEP811Aの保証はお買い上げ後1年間ですが

その修理や部品の供給期間は製造終了から5年間が多いと思いますが

メーカーでその差もあるので気になる方はその都度確認しましょう





エプソンは引取修理サービスや送付修理サービス、持ち込み修理サービス

全て有料です。エプソンには保守契約のようなものもカラリオスマイル



カラリオスマイル5年間で3,000円(税抜き)

内容は有償修理の代金を半額に、ネットで申し込むと自宅まで引き取り

手元に残った未使用インクをポイントに交換






キャノンとエプソンはPIXUSとカラリオで長らくブランド化しています

インクジェットプリンターや複合機でいえばシェアを二分するような

国内シェアをこのメーカーが占めています。選ぶべきメーカーです




EP812AとEP811Aはほとんど差はありません
意外なのが印字コストですがEP811Aの方が若干お得です
(上記表から)


EP812A複合機の最安値を見つける>>


EP811A複合機の最安値を見つける>>



EP812AとEP811Aの違いはとっても小さい
だけど大きな差がひとつそれは価格です。当然去年の2018年モデルが安い
しかも1万円以上。在庫あるうちにEP811Aを選択もひとつです

2019年新発売のEP882Aと去年のEP881Aを比較
どちらも家庭用インクジェット複合機ですがエプソンからすると売れ筋の本丸です

比較項目EP-882AEP-881A
本体カラー白・黒・赤の3色白・黒・赤・ベージュの4色
液晶4.3型4.3型
大きさ収納時で幅349×奥行340×高さ142(mm)収納時で幅349×奥行340×高さ142(mm)
重さ約6.8kg約6.8kg
消費電力(コピー時)約20W約20W
スマホプリント
印刷速度13秒/枚13秒/枚
印刷コスト約20.6円約20.6円
ネットワーク有線&無線LAN有線&無線LAN
自動電源
自動両面プリント
給紙方式前面2段と背面前面2段と背面
ディスクレーベル
インク6色6色
価格EP882AEP881A

※1.印刷速度やコストはエプソンでの測定環境から紹介しています
よってメーカーの考えから若干差が生じる可能性もありますご了承願います



EP882AとEP881Aとは機能的にはそんなに大きな差はありませんでした
印字スピードと速度も全く同じです





EP882AのEP881Aのお得なポイント


インクが6色と色域もいいし独立タンクということで1色ずつ交換もできるので無駄なく使えますなので経済的です。大容量やお得な6色パックが用意されているので効率的


ただ両機種インクが同じです。ということはEP882Aには新インクが投入されなかったのですこのあたりは残念ですね





インクには

染料インクと顔料インクがあります




染料インクは表面に染み込ませます

顔料インクは用紙の表面に付着します



だから染料インクは光沢紙へ印刷する場合用紙の質感がそのまま印刷結果に

光沢感のある写真印刷が可能ですコピーや文章にも印刷できるので幅広い活躍できます




逆に顔料インクは先の説明よりインクが用紙に染み込みにくいわけです

だからインク径が広がらずよりくっきりとした印刷が可能となります。他にも

顔料インクはオゾンや光に分解されにくく変色しにくい耐水性が高い水濡れでもにじみにくい特性です





黒が2色あったりするのは顔料インクと染料インクで永年維持することや発色のいいとこどりを


➜EP882Aインクの純正、リサイクル、互換の比較

EP882AインクもEP881Aも同じ通称KAM(カメ)です





自動両面プリントは用紙の裏と表を入れ替える手間が省けます

1/2に用紙の節約にもなります







前面給紙と背面給紙があると便利です。
ハガキや名刺は背面給紙からといったようなのが便利です





スマホからの簡単プリントは定番です

エプソンは無料アプリ「EpsoniPrint」




NFC搭載はなし


NFCとは対応のモバイル端末なら製品も本体にかざすだけでモバイル端末内の
データをプリントしたりスキャンした内容を直接端末に取り込めます
WIFIや無線LANの設定は必要ありません






ADFは連続印刷や読み取りと便利なんですが両機種なし






EP882AとEP881Aの保証はお買い上げ後1年間ですが

その修理や部品の供給期間は製造終了から5年間が多いと思いますが

メーカーでその差もあるので気になる方はその都度確認しましょう





エプソンは引取修理サービスや送付修理サービス、持ち込み修理サービス

全て有料です。エプソンには保守契約のようなものもカラリオスマイル



カラリオスマイル5年間で3,000円(税抜き)

内容は有償修理の代金を半額に、ネットで申し込むと自宅まで引き取り

手元に残った未使用インクをポイントに交換






キャノンとエプソンはPIXUSとカラリオで長らくブランド化しています

インクジェットプリンターや複合機でいえばシェアを二分するような

国内シェアをこのメーカーが占めています。選ぶべきメーカーです




EP882AとEP881Aはほとんど差はありません
インクも同じなので仕方ありません
デザインも似ていますね新旧


EP882A複合機の最安値を見つける>>


EP881A複合機の最安値を見つける>>

EP882AとEP881Aの違いはとっても小さい
だけど大きな差がひとつそれは価格です。当然去年の2018年モデルが安い
しかも1万円以上。在庫あるうちにEP881Aを選択もひとつです

2019年新発売のEP982A3とそれ以前の直近のEP979A3を比較
どちらも家庭用インクジェット複合機ですが大きな特徴がA3プリント可能という
とっても貴重な複合機です。新旧どっちがお得なのか?

比較項目EP-982A3EP-979A3
本体カラー
液晶4.3型4.3型
大きさ収納時で幅479×奥行356×高さ148(mm)収納時で幅479×奥行356×高さ148(mm)
重さ約8.5kg約8.7kg
消費電力(コピー時)約17W約17W
スマホプリント
印刷速度13秒/枚13秒/枚
印刷コスト約20.6円約20.6円
ネットワーク有線&無線LAN有線&無線LAN
自動電源
自動両面プリント
給紙方式前面2段と背面前面2段と背面
ディスクレーベル
インク6色6色
価格EP982A3EP979A3

※1.印刷速度やコストはエプソンでの測定環境から紹介しています
よってメーカーの考えから若干差が生じる可能性もありますご了承願います



EP-982A3とEP-979A3とは機能的にはそんなに大きな差はありませんでした
印字スピードと速度も全く同じです





EP-982A3のEP979A3のお得なポイント


インクが6色と色域もいいし独立タンクということで1色ずつ交換もできるので無駄なく使えますなので経済的です。大容量やお得な6色パックが用意されているので効率的


ただ両機種インクが同じです。ということはEP-982A3には新インクが投入されなかったのです
このあたりは残念ですね





インクには

染料インクと顔料インクがあります




染料インクは表面に染み込ませます

顔料インクは用紙の表面に付着します



だから染料インクは光沢紙へ印刷する場合用紙の質感がそのまま印刷結果に

光沢感のある写真印刷が可能ですコピーや文章にも印刷できるので幅広い活躍できます




逆に顔料インクは先の説明よりインクが用紙に染み込みにくいわけです

だからインク径が広がらずよりくっきりとした印刷が可能となります。他にも

顔料インクはオゾンや光に分解されにくく変色しにくい耐水性が高い水濡れでもにじみにくい特性です





黒が2色あったりするのは顔料インクと染料インクで永年維持することや発色のいいとこどりを






自動両面プリントは用紙の裏と表を入れ替える手間が省けます

1/2に用紙の節約にもなります







前面給紙と背面給紙があると便利です。ハガキや名刺は背面給紙からといったようなのが便利です





スマホからの簡単プリントは定番です

エプソンは無料アプリ「EpsoniPrint」




NFC搭載はEP-979A3ありEP-982A3にはなし


NFCとは対応のモバイル端末なら製品も本体にかざすだけでモバイル端末内の
データをプリントしたりスキャンした内容を直接端末に取り込めます
WIFIや無線LANの設定は必要ありません






ADFは連続印刷や読み取りと便利なんですが両機種なし






EP-982A3とEP-979A3の保証はお買い上げ後1年間ですが

その修理や部品の供給期間は製造終了から5年間が多いと思いますが

メーカーでその差もあるので気になる方はその都度確認しましょう





エプソンは引取修理サービスや送付修理サービス、持ち込み修理サービス

全て有料です。エプソンには保守契約のようなものもカラリオスマイル



カラリオスマイル5年間で3,000円(税抜き)

内容は有償修理の代金を半額に、ネットで申し込むと自宅まで引き取り

手元に残った未使用インクをポイントに交換






キャノンとエプソンはPIXUSとカラリオで長らくブランド化しています

インクジェットプリンターや複合機でいえばシェアを二分するような

国内シェアをこのメーカーが占めています。選ぶべきメーカーです




EP-982A3とEP-979A3はほとんど差はありません
インクも同じなのでその基本は全く同じです


EP-982A3複合機の最安値を見つける>>



EP-982A3とEP-979A3の違いはデザインから重さが若干差があります
NFC搭載もEP-979A3には接続可能です


EP-979A3複合機の最安値を見つける>>


大きな差となると価格です。EP-979A3は古いので当然かもしれませんが
1万円ほど差があります。しかし機能的には差が小さいということで
在庫なくなるまでEP-979A3を選択は利口かもしれません

↑このページのトップヘ