インクジェット プリンターとインク@正しい選び方

インクジェットプリンターや複合機の比較と消耗品のインクの純正、詰め替え、互換、リサイクルインクを解説

カテゴリ: 2018年おすすめ

2018年の新製品ブラザーPRIVIOシリーズDCP-J988NとエプソンEW-M630T(B/W)その違いは、A4インクジェット複合機ですがFAXはついていませんそして両機種印字コスト安がポイントの商品です

比較項目DCP-J988NEW-M630T(B/W)
本体カラー白と黒の2種
液晶2.7型タッチ2.4型
大きさ収納時で幅435×奥行341×高さ195(mm)収納時で幅375×奥行347×高さ231(mm)
重さ約8.7kg約6.8kg
消費電力(コピー時)約20W約12W
スマホプリント
印刷速度14秒/枚75秒/枚
印刷コスト約10.0円約5.9円
ネットワーク無線/有線LAN無線/有線LAN
自動電源OFFのみ
自動両面プリント
給紙方式前面1段と背面前面1段
ディスクレーベル
インク4色4色
価格3万円台4万円台

※1.印刷速度やコストはブラザーとエプソンでの測定環境から紹介しています
よってメーカーの考えから若干差が生じる可能性もありますご了承願います
印刷コストと速度はL版写真でのデーターです



DCP-J988NとEW-M630T(B/W)の差で気になるのが
両者売りの印字コストはEW-M630Tが有利です。しかしスピードはDCP-J988Nですね相当な差



ブラザーのDCP-J988Nは
ファーストタンクというモデル
黒なら標準の16本分のインクがタンクに収められているイメージです


だから交換後は1年以上はインクの心配はいらない
サブタンクも搭載しているのでインク切れ後も200枚ほど刷れる仕組み
だから上の表でインクコストが安くなっています


エプソンEW-M630Tは
エコタンク搭載モデル
こちらも普通であれば1年以上交換は必要ないでしょう



どちらも根本は似ています
ブラザーはインクタンクが超大容量になっています
対してエプソンはプリンターにインクタンクがあって詰め替えインクのように納めます


この手のタイプはエプソンが仕掛けてブラザーが焦って追いかけるような
図式でしょうか?互換インクやリサイクル対策でもあるのでしょう




DCP-J988NとEW-M630T(B/W)のお得なポイント



インクは独立タンクなら1色ずつ交換もできるので無駄なく使えますなので経済的です。

どちらも4色なので色域は期待できないでしょうか




インクには

染料インクと顔料インクがあります



染料インクは表面に染み込ませます

顔料インクは用紙の表面に付着します



だから染料インクは光沢紙へ印刷する場合用紙の質感がそのまま印刷結果に

光沢感のある写真印刷が可能ですコピーや文章にも印刷できるので幅広い活躍できます




逆に顔料インクは先の説明よりインクが用紙に染み込みにくいわけです

だからインク径が広がらずよりくっきりとした印刷が可能となります。他にも

顔料インクはオゾンや光に分解されにくく変色しにくい耐水性が高い水濡れでもにじみにくい特性です








自動両面プリントは用紙の裏と表を入れ替える手間が省けます

1/2に用紙の節約にもなります







前面給紙と背面給紙があると便利です。ハガキや名刺は背面給紙からといったようなのが便利です





スマホからの簡単プリントは定番です

ブラザーなら「Broheriprint&SCAN」

エプソンなら「EpsoniPrint」





NFC搭載はDCP-J988Nだけ


NFCとは対応のモバイル端末なら製品も本体にかざすだけでモバイル端末内の
データをプリントしたりスキャンした内容を直接端末に取り込めます
WIFIや無線LANの設定は必要ありません






ADFは連続印刷や読み取りと便利なんですがDCP-J988Nにはついています






DCP-J988NとEW-M630T(B/W)の保証はお買い上げ後1年間ですが

その修理や部品の供給期間は製造終了から5年間が多いと思いますが

メーカーでその差もあるので気になる方はその都度確認しましょう




ブラザーは修理費と送料が必要です
修理費+引き取り費2,500円/1台(税抜き)



エプソンは引取修理サービスや送付修理サービス、持ち込み修理サービス
全て有料です。





キャノンとエプソンはPIXUSとカラリオで長らくブランド化しています

インクジェットプリンターや複合機でいえばシェアを二分するような

国内シェアをこのメーカーが占めています。ブラザーはこれを追いかけてきました



DCP-J988NとEW-M630T(B/W)を比較してきましたが
結構差がありましたここはどの機能が必要か吟味してください
ちなみに価格差ですが約7千円。DCP-J988Nが安い


DCP-J988Nの方がADFだとかNFC、タッチパネルと有利な機能が多いですね
必要なら価格も安いのでDCP-J988Nとなります


これ2機種に共通するんですが本体価格設定が高めです
年間通じて年賀状+少々の印刷ならお得じゃないかもしれませんトータル的に本体と印刷枚数を計算して検討するのがよろしいかと思います。

2018年の新製品ブラザーPRIVIOシリーズDCP-J988NとエプソンEW-M770Tその違いは、A4インクジェット複合機ですがFAXはついていませんそして両機種印字コスト安がポイントの商品です

比較項目DCP-J988NEW-M770T
本体カラー白と黒の2種
液晶2.7型タッチ2.7型
大きさ収納時で幅435×奥行341×高さ195(mm)収納時で幅425×奥行359×高さ161(mm)
重さ約8.7kg約8.0kg
消費電力(コピー時)約20W約16W
スマホプリント
印刷速度14秒/枚24秒/枚
印刷コスト約10.0円約6.0円
ネットワーク無線/有線LAN無線/有線LAN
自動電源
自動両面プリント
給紙方式前面1段と背面前面2段と背面
ディスクレーベル
インク4色5色
価格3万円台5万円台

※1.印刷速度やコストはブラザーとエプソンでの測定環境から紹介しています
よってメーカーの考えから若干差が生じる可能性もありますご了承願います
印刷コストと速度はL版写真でのデーターです



DCP-J988NとEW-M770Tさすがにメーカーが違うので
細かな差はでています。全体的にEW-M770Tの方が優れているイメージですが
両者売りの印字コストはEW-M770Tが有利です。しかしスピードはDCP-J988Nですね



ブラザーのDCP-J988Nは
ファーストタンクというモデル
黒なら標準の16本分のインクがタンクに収められているイメージです


だから交換後は1年以上はインクの心配はいらない
サブタンクも搭載しているのでインク切れ後も200枚ほど刷れる仕組み
だから上の表でインクコストが安くなっています


エプソンEW-M770Tは
エコタンク搭載モデル
こちらも普通であれば1年以上交換は必要ないでしょう



どちらも根本は似ています
ブラザーはインクタンクが超大容量になっています
対してエプソンはプリンターにインクタンクがあって詰め替えインクのように納めます


この手のタイプはエプソンが仕掛けてブラザーが焦って追いかけるような
図式でしょうか?互換インクやリサイクル対策でもあるのでしょう




DCP-J988NとEW-M770Tのお得なポイント



インクは独立タンクなら1色ずつ交換もできるので無駄なく使えますなので経済的です。

DCP-J988Nは4色、EW-M770Tは5色なのでこちらもエプソンの方が色域有利







インクには

染料インクと顔料インクがあります



染料インクは表面に染み込ませます

顔料インクは用紙の表面に付着します



だから染料インクは光沢紙へ印刷する場合用紙の質感がそのまま印刷結果に

光沢感のある写真印刷が可能ですコピーや文章にも印刷できるので幅広い活躍できます




逆に顔料インクは先の説明よりインクが用紙に染み込みにくいわけです

だからインク径が広がらずよりくっきりとした印刷が可能となります。他にも

顔料インクはオゾンや光に分解されにくく変色しにくい耐水性が高い水濡れでもにじみにくい特性です








自動両面プリントは用紙の裏と表を入れ替える手間が省けます

1/2に用紙の節約にもなります







前面給紙と背面給紙があると便利です。ハガキや名刺は背面給紙からといったようなのが便利です





スマホからの簡単プリントは定番です

ブラザーなら「Broheriprint&SCAN」

エプソンなら「EpsoniPrint」





NFC搭載はDCP-J988Nだけ


NFCとは対応のモバイル端末なら製品も本体にかざすだけでモバイル端末内の
データをプリントしたりスキャンした内容を直接端末に取り込めます
WIFIや無線LANの設定は必要ありません






ADFは連続印刷や読み取りと便利なんですがDCP-J988Nにはついています






DCP-J988NとEW-M770Tの保証はお買い上げ後1年間ですが

その修理や部品の供給期間は製造終了から5年間が多いと思いますが

メーカーでその差もあるので気になる方はその都度確認しましょう




ブラザーは修理費と送料が必要です
修理費+引き取り費2,500円/1台(税抜き)



エプソンは引取修理サービスや送付修理サービス、持ち込み修理サービス

全て有料です。





キャノンとエプソンはPIXUSとカラリオで長らくブランド化しています

インクジェットプリンターや複合機でいえばシェアを二分するような

国内シェアをこのメーカーが占めています。ブラザーはこれを追いかけてきました



DCP-J988NとEW-M770Tを比較してきましたが
結構差がありましたここはどの機能が必要か吟味してください
ちなみに価格差ですが2万円超えています。DCP-J988Nが安い


これ2機種に共通するんですが本体価格設定が高めです
年間通じて年賀状+少々の印刷ならお得じゃないかもしれませんトータル的に本体と印刷枚数を計算して検討するのがよろしいかと思います。

2018年の新製品ブラザーPRIVIOシリーズMFC-J6999CDWとMFC-J6997CDWその違いは、A3インクジェット複合機となります。ビジネスでも使える2機種です

比較項目MFC-J6999CDWMFC-J6997CDW
本体カラー
液晶3.7型タッチ3.7型タッチ
大きさ収納時で幅575×奥行477×高さ445(mm)収納時で幅575×奥行477×高さ375(mm)
重さ約27.7kg約24.7kg
消費電力(コピー時)約29W約29W
スマホプリント
印刷速度約20ipm約20ipm
印刷コスト約3.7円約3.7円
ネットワーク無線/有線LAN無線/有線LAN
自動電源
自動両面プリント
給紙方式前面3段前面2段
ディスクレーベル
インク4色4色
価格8万円台7万円台

※1.印刷速度やコストはブラザーでの測定環境から紹介しています
よってメーカーの考えから若干差が生じる可能性もありますご了承願います
印刷コストと速度はA4普通紙でカラーの時の数字です



MFC-J6999CDWとMFC-J6997CDWはほぼ同じ商品です
A3プリント可能でFAXつきの複合機です
では何が大きな違いは前面給紙が3段か2段か


この二機種で共通しているのですが最も大きな特徴は
ファーストタンクというモデル
要するに黒なら標準の16本分のインクがタンクに収められているイメージです


だから交換後は1年以上はインクの心配はいらない
サブタンクも搭載しているのでインク切れ後も200枚ほど刷れる仕組み
だから上の表でインクコストが安くなっています


黒インクだと約6,000枚
カラー各約5,000枚となっています





MFC-J6999CDWとMFC-J6997CDWのお得なポイント



インクは独立タンクなら1色ずつ交換もできるので無駄なく使えますなので経済的です。
ただMFC-J6999CDWとMFC-J6997CDWは4色なので色域は期待出来かねます







インクには

染料インクと顔料インクがあります



染料インクは表面に染み込ませます

顔料インクは用紙の表面に付着します



だから染料インクは光沢紙へ印刷する場合用紙の質感がそのまま印刷結果に

光沢感のある写真印刷が可能ですコピーや文章にも印刷できるので幅広い活躍できます




逆に顔料インクは先の説明よりインクが用紙に染み込みにくいわけです

だからインク径が広がらずよりくっきりとした印刷が可能となります。他にも

顔料インクはオゾンや光に分解されにくく変色しにくい耐水性が高い水濡れでもにじみにくい特性です




メーカーによってやり方は違うのですが
ブラザーは黒が顔料でカラーインクが染料というパターンが多いようです






自動両面プリントは用紙の裏と表を入れ替える手間が省けます

1/2に用紙の節約にもなります







前面給紙と背面給紙があると便利です。ハガキや名刺は背面給紙からといったようなのが便利です





スマホからの簡単プリントは定番です

ブラザーなら「Broheriprint&SCAN」








NFC搭載は両機種搭載しています


NFCとは対応のモバイル端末なら製品も本体にかざすだけでモバイル端末内の
データをプリントしたりスキャンした内容を直接端末に取り込めます
WIFIや無線LANの設定は必要ありません






ADFは連続印刷や読み取りと便利なんですが両機種搭載しています






MFC-J6999CDWとMFC-J6997CDWの保証はお買い上げ後1年間ですが

その修理や部品の供給期間は製造終了から5年間が多いと思いますが

メーカーでその差もあるので気になる方はその都度確認しましょう



ブラザーは修理費と送料が必要です
修理費+引き取り費2,500円/1台(税抜き)









MFC-J6999CDWとMFC-J6997CDWの違いは前面給紙ぐらいしか見当たりませんでした価格差は約1万円です。この2機種はコピー、プリント、スキャン、FAX、ADFとオールインワン複合機ビジネス向けですねブラザーはこの手は力が入っていますそして印字コストも抑えれる超大容量インクを用意しました。


価格が10万円近いのがポイントでしょうか

2018年の新製品ブラザーPRIVIOシリーズDCP-J988NとDCP-J978Nその違いは、A4インクジェット複合機となります

比較項目DCP-J988NDCP-J978N
本体カラー白と黒の2色
液晶2.7型タッチ2.7型タッチ
大きさ収納時で幅435×奥行341×高さ195(mm)収納時で幅400×奥行341×高さ172(mm)
重さ約8.7kg約8.6kg
消費電力(コピー時)約20W約17W
スマホプリント
印刷速度14秒/枚14秒/枚
印刷コスト約10.0円約18.6円
ネットワーク無線/有線LAN無線/有線LAN
自動電源
自動両面プリント
給紙方式前面1段と背面前面2段と背面
ディスクレーベル
インク4色4色
価格3万円台1万円台

※1.印刷速度やコストはブラザーでの測定環境から紹介しています
よってメーカーの考えから若干差が生じる可能性もありますご了承願います
印刷コストと速度はL版写真でのデーターです



DCP-J988NとDCP-J978Nはファーストインク搭載か
今までのHOMEタイプかですどちらもA4複合機(FAX搭載なし)



ファーストタンクモデルとは
黒なら標準インクの16本分がタンクに収められているイメージです


だから交換後は1年以上はインクの心配はいらない
サブタンクも搭載しているのでインク切れ後も200枚ほど刷れる仕組み
だから上の表でインクコストが安くなっています


上記の比較でも印字コストが8.6円ほど安くなっています
これが大きな特徴でしょうか



DCP-J988NとDCP-J978Nのお得なポイント



インクは独立タンクなら1色ずつ交換もできるので無駄なく使えますなので経済的です。
ただ
DCP-J988NもDCP-J978Nは4色なので色域は期待出来かねます







インクには

染料インクと顔料インクがあります



染料インクは表面に染み込ませます

顔料インクは用紙の表面に付着します



だから染料インクは光沢紙へ印刷する場合用紙の質感がそのまま印刷結果に

光沢感のある写真印刷が可能ですコピーや文章にも印刷できるので幅広い活躍できます




逆に顔料インクは先の説明よりインクが用紙に染み込みにくいわけです

だからインク径が広がらずよりくっきりとした印刷が可能となります。他にも

顔料インクはオゾンや光に分解されにくく変色しにくい耐水性が高い水濡れでもにじみにくい特性です




メーカーによってやり方は違うのですが
ブラザーは黒が顔料でカラーインクが染料というパターンが多いようです






自動両面プリントは用紙の裏と表を入れ替える手間が省けます

1/2に用紙の節約にもなります







前面給紙と背面給紙があると便利です。ハガキや名刺は背面給紙からといったようなのが便利です





スマホからの簡単プリントは定番です

ブラザーなら「Broheriprint&SCAN」








NFC搭載は両機種搭載しています


NFCとは対応のモバイル端末なら製品も本体にかざすだけでモバイル端末内の
データをプリントしたりスキャンした内容を直接端末に取り込めます
WIFIや無線LANの設定は必要ありません






ADFは連続印刷や読み取りと便利なんですが両機種搭載しています






DCP-J988NとDCP-J978Nの保証はお買い上げ後1年間ですが

その修理や部品の供給期間は製造終了から5年間が多いと思いますが

メーカーでその差もあるので気になる方はその都度確認しましょう



ブラザーは修理費と送料が必要です
修理費+引き取り費2,500円/1台(税抜き)






キャノンとエプソンはPIXUSとカラリオで長らくブランド化しています

インクジェットプリンターや複合機でいえばシェアを二分するような

国内シェアをこのメーカーが占めています。ブラザーはこれを追いかけてきました



DCP-J988NとDCP-J978Nの大きな違いは先でも紹介しました印字コストですねそれと前面2段やディスクレーベルはDCP-J978Nが優れていて使い勝手はよさそうです


ではこの2機種の価格差は16,000円ほどDCP-988Nが高い


DCP-J988Nは印刷を相当するなら有利です本体価格を吸収できます
ただ本体は高めの設定なので年間通じて年賀状+少々ならお得じゃないかもしれませんトータル的に本体と印刷枚数を計算して検討するのがよろしいかと思います。

2018年の新製品ブラザーPRIVIOシリーズDCP-J988NとMFC-J1500Nその違いは、A4インクジェット複合機となります

比較項目DCP-J988NMFC-J1500N
本体カラー
液晶2.7型タッチ2.7型タッチ
大きさ収納時で幅435×奥行341×高さ195(mm)収納時で幅435×奥行341×高さ195(mm)
重さ約8.7kg約8.8kg
消費電力(コピー時)約20W約20W
スマホプリント
印刷速度14秒/枚14秒/枚
印刷コスト約10.0円約10.0円
ネットワーク無線/有線LAN無線/有線LAN
自動電源
自動両面プリント
給紙方式前面1段と背面前面1段と背面
ディスクレーベル
インク4色4色
価格3万円台3万円台

※1.印刷速度やコストはブラザーでの測定環境から紹介しています
よってメーカーの考えから若干差が生じる可能性もありますご了承願います
印刷コストと速度はL版写真でのデーターです



DCP-J988NとMFC-J1500Nはほぼ同じ商品です
では何が大きな違いかはFAXがあるかないかです

MFC-J1500NがFAX付きの複合機です



この二機種で共通しているのですが最も大きな特徴は
ファーストタンクというモデル
要するに黒なら標準の16本分のインクがタンクに収められているイメージです


だから交換後は1年以上はインクの心配はいらない
サブタンクも搭載しているのでインク切れ後も200枚ほど刷れる仕組み
だから上の表でインクコストが安くなっています


普通のインクジェット複合機だったらどのメーカーでも1枚@20円近いはず
エプソンのエコタンク搭載モデルに対抗でしょうか




DCP-J988NとMFC-J1500Nのお得なポイント



インクは独立タンクなら1色ずつ交換もできるので無駄なく使えますなので経済的です。

DCP-J988NもMFC-J1500Nは4色なので色域は期待出来かねます







インクには

染料インクと顔料インクがあります



染料インクは表面に染み込ませます

顔料インクは用紙の表面に付着します



だから染料インクは光沢紙へ印刷する場合用紙の質感がそのまま印刷結果に

光沢感のある写真印刷が可能ですコピーや文章にも印刷できるので幅広い活躍できます




逆に顔料インクは先の説明よりインクが用紙に染み込みにくいわけです

だからインク径が広がらずよりくっきりとした印刷が可能となります。他にも

顔料インクはオゾンや光に分解されにくく変色しにくい耐水性が高い水濡れでもにじみにくい特性です




メーカーによってやり方は違うのですが
ブラザーは黒が顔料でカラーインクが染料というパターンが多いようです






自動両面プリントは用紙の裏と表を入れ替える手間が省けます

1/2に用紙の節約にもなります







前面給紙と背面給紙があると便利です。ハガキや名刺は背面給紙からといったようなのが便利です





スマホからの簡単プリントは定番です

ブラザーなら「Broheriprint&SCAN」








NFC搭載は両機種搭載しています


NFCとは対応のモバイル端末なら製品も本体にかざすだけでモバイル端末内の
データをプリントしたりスキャンした内容を直接端末に取り込めます
WIFIや無線LANの設定は必要ありません






ADFは連続印刷や読み取りと便利なんですが両機種搭載しています






DCP-J988NとMFC-J1500Nの保証はお買い上げ後1年間ですが

その修理や部品の供給期間は製造終了から5年間が多いと思いますが

メーカーでその差もあるので気になる方はその都度確認しましょう



ブラザーは修理費と送料が必要です
修理費+引き取り費2,500円/1台(税抜き)






キャノンとエプソンはPIXUSとカラリオで長らくブランド化しています

インクジェットプリンターや複合機でいえばシェアを二分するような

国内シェアをこのメーカーが占めています。ブラザーはこれを追いかけてきました



DCP-J988NとMFC-J1500Nの違いは簡単ですFAXがあるかないかその価格差は約5,000円なので妥当です後はA4プリントで問題ないかということです。


この2機種は印刷が相当枚数刷るユーザーの位置づけだと思います
本体は高めの設定なので年間通じて年賀状+少々ならお得じゃないかもしれませんトータル的にこのあたりは本体と印刷枚数を計算して検討するのがよろしいかと思います。

2018年の新製品エプソンカラリオシリーズEP811Aとエコインク搭載モデルEWM770Tその違いは今いえるのは印字コストはEWM770Tが有利だけど・・・

比較項目EP-811AEWM770T
本体カラー白・黒の2色白・黒の2色
液晶2.7型TFT2.7型TFT
大きさ収納時で幅390×奥行339×高さ141(mm)収納時で幅425×奥行359×高さ161(mm)
重さ約6.9kg約8.0kg
消費電力(コピー時)約17W約16W
スマホプリント
印刷速度13秒/枚24秒/枚
印刷コスト約26.5円約6.0円
ネットワーク無線LAN有線&無線LAN
自動電源
自動両面プリント
給紙方式前面2段と背面前面2段と背面
ディスクレーベル
インク6色5色
価格2万円台5万円台

※1.印刷速度やコストはエプソンでの測定環境から紹介しています
よってメーカーの考えから若干差が生じる可能性もありますご了承願います



EP-811AとEWM770Tとは機能的にはそんなに大きな差はありませんでした
ただ印字スピードと印字コストは大きな差になっています




EP-811AのEWM770Tのお得なポイント


インクが6色と色域もいいし独立タンクということで1色ずつ交換もできるので無駄なく使えますなので経済的です。

両機種ともインクは去年のもので残念です





インクには

染料インクと顔料インクがあります

EP811AやEWM770Tにも使われています




染料インクは表面に染み込ませます

顔料インクは用紙の表面に付着します



だから染料インクは光沢紙へ印刷する場合用紙の質感がそのまま印刷結果に

光沢感のある写真印刷が可能ですコピーや文章にも印刷できるので幅広い活躍できます




逆に顔料インクは先の説明よりインクが用紙に染み込みにくいわけです

だからインク径が広がらずよりくっきりとした印刷が可能となります。他にも

顔料インクはオゾンや光に分解されにくく変色しにくい耐水性が高い水濡れでもにじみにくい特性です





黒が2色あったりするのは顔料インクと染料インクで永年維持することや発色のいいとこどりを






自動両面プリントは用紙の裏と表を入れ替える手間が省けます

1/2に用紙の節約にもなります







前面給紙と背面給紙があると便利です。ハガキや名刺は背面給紙からといったようなのが便利です





スマホからの簡単プリントは定番です

エプソンEP811Aは無料アプリ「EpsoniPrint」




NFC搭載は両機種なし


NFCとは対応のモバイル端末なら製品も本体にかざすだけでモバイル端末内の
データをプリントしたりスキャンした内容を直接端末に取り込めます
WIFIや無線LANの設定は必要ありません






ADFは連続印刷や読み取りと便利なんですが両機種なし






EP811AとEWM770Tの保証はお買い上げ後1年間ですが

その修理や部品の供給期間は製造終了から5年間が多いと思いますが

メーカーでその差もあるので気になる方はその都度確認しましょう





エプソンは引取修理サービスや送付修理サービス、持ち込み修理サービス

全て有料です。エプソンには保守契約のようなものもカラリオスマイル



カラリオスマイル5年間で3,000円(税抜き)

内容は有償修理の代金を半額に、ネットで申し込むと自宅まで引き取り

手元に残った未使用インクをポイントに交換






キャノンとエプソンはPIXUSとカラリオで長らくブランド化しています

インクジェットプリンターや複合機でいえばシェアを二分するような

国内シェアをこのメーカーが占めています。



EWM770Tは有線LANがありEP811AはQRコード接続ができます
カラリオスマイル(保守契約)はEWM770Tはできません
メーカー保証は持ち込み1年があるのですがEWM770TはMYEPSON登録で引き取り2年に延長可


印字スピードはEP811Aが速く印字コストはEWM770Tなのですが価格差がですね約35,000円(黒と白でちょっと変わってきますが)EP811Aが安いわけです。EWM770Tは本体価格が高い


大量に刷るなら問題なくエコタンク搭載モデルがお得だと思いますがもしですね年賀状100枚しか年間刷らないとすると
EP811A@26.5円×100=2,650円 10年使うと本体合わして5万円ほど
EWM770T@6円×100=600円 同じく期間で本体合わして6万4千円ほど


ちょっと極端な計算でしたが使用枚数によってどっちがいいかは変ってくると思いますのでシュミレーションは必要かなって思いました

2018年の新製品ブラザーMFC-J898Nと去年のMFC-J893Nその違いは今回はビジネスでも使えるA4カラーインクジェット複合機です

比較項目MFC-J898NMFC-J893N
本体カラー
液晶2.7型タッチ2.7型タッチ
大きさ収納時で幅400×奥行341×高さ172(mm)収納時で幅400×奥行341×高さ172(mm)
重さ約8.6kg約8.6kg
消費電力(コピー時)約18W約18W
スマホプリント
印刷速度14秒/枚14秒/枚
印刷コスト約18.6円約18.6円
ネットワーク有線&無線LAN有線&無線LAN
自動電源
自動両面プリント
給紙方式前面2段と背面前面2段と背面
ディスクレーベル
インク4色4色
価格2万円台2万円台

※1.印刷速度やコストはブラザーでの測定環境から紹介しています
よってメーカーの考えから若干差が生じる可能性もありますご了承願います



MFC-J898NとMFC-J893Nは同じタイプで今年と去年
ほとんど差がありません




MFC-J898NとMFC-J893Nのお得なポイント



インクは独立タンクなら1色ずつ交換もできるので無駄なく使えますなので経済的です。

MFC-J898NNもMFC-J893Nは4色なので色域は期待出来かねます

インク情報で新製品もインクは去年のものです残念ですね




インクには

染料インクと顔料インクがあります



染料インクは表面に染み込ませます

顔料インクは用紙の表面に付着します



だから染料インクは光沢紙へ印刷する場合用紙の質感がそのまま印刷結果に

光沢感のある写真印刷が可能ですコピーや文章にも印刷できるので幅広い活躍できます




逆に顔料インクは先の説明よりインクが用紙に染み込みにくいわけです

だからインク径が広がらずよりくっきりとした印刷が可能となります。他にも

顔料インクはオゾンや光に分解されにくく変色しにくい耐水性が高い水濡れでもにじみにくい特性です




黒が2色あったりするのは顔料インクと染料インクで永年維持することや発色のいいとこどりを






自動両面プリントは用紙の裏と表を入れ替える手間が省けます

1/2に用紙の節約にもなります







前面給紙と背面給紙があると便利です。ハガキや名刺は背面給紙からといったようなのが便利です





スマホからの簡単プリントは定番です

ブラザーなら「Broheriprint&SCAN」








NFC搭載は両機種ありません


NFCとは対応のモバイル端末なら製品も本体にかざすだけでモバイル端末内の
データをプリントしたりスキャンした内容を直接端末に取り込めます
WIFIや無線LANの設定は必要ありません






ADFは連続印刷や読み取りと便利なんですが両機種あり






MFC-J898NNとMFC-J893Nの保証はお買い上げ後1年間ですが

その修理や部品の供給期間は製造終了から5年間が多いと思いますが

メーカーでその差もあるので気になる方はその都度確認しましょう



ブラザーは修理費と送料が必要です
修理費+引き取り費2,500円/1台(税抜き)





MFC-J898NMFC-J893Nはビジネスでも使えるタイプのインクジェット複合機です

コピー、スキャン、プリンター、FAX、ADFのオールインワン
問題はA4サイズまでで問題ないかということです

機能は充実したものですだから価格はそこそこします

MFC-J898NとMFC-J893Nの価格差はほとんどありませんでした

2018年の新製品ブラザーPRIVIODCP-J577Nと去年のDCP-J572Nその違いは今回は家庭で使えるA4カラーインクジェット複合機です

比較項目DCP-J577NDCP-J572N
本体カラー
液晶2.7型タッチ2.7型タッチ
大きさ収納時で幅400×奥行341×高さ151(mm)収納時で幅400×奥行341×高さ151(mm)
重さ約7.1kg約7.1kg
消費電力(コピー時)約17W約17W
スマホプリント
印刷速度34秒/枚34秒/枚
印刷コスト約18.6円約18.6円
ネットワーク無線LAN無線LAN
自動電源
自動両面プリント
給紙方式前面2段と背面前面2段と背面
ディスクレーベル
インク4色4色
価格1万円台数千円台

※1.印刷速度やコストはブラザーでの測定環境から紹介しています
よってメーカーの考えから若干差が生じる可能性もありますご了承願います



DCP-J577NとDCP-J572Nは同じタイプで今年と去年
ほとんど差がありません




DCP-J577NとDCP-J572Nのお得なポイント



インクは独立タンクなら1色ずつ交換もできるので無駄なく使えますなので経済的です。

DCP-J577NもDCP-J572N4色なので色域は期待出来かねます

インク情報で新製品もインクは去年のものです残念ですね




インクには

染料インクと顔料インクがあります



染料インクは表面に染み込ませます

顔料インクは用紙の表面に付着します



だから染料インクは光沢紙へ印刷する場合用紙の質感がそのまま印刷結果に

光沢感のある写真印刷が可能ですコピーや文章にも印刷できるので幅広い活躍できます




逆に顔料インクは先の説明よりインクが用紙に染み込みにくいわけです

だからインク径が広がらずよりくっきりとした印刷が可能となります。他にも

顔料インクはオゾンや光に分解されにくく変色しにくい耐水性が高い水濡れでもにじみにくい特性です




黒が2色あったりするのは顔料インクと染料インクで永年維持することや発色のいいとこどりを






自動両面プリントは用紙の裏と表を入れ替える手間が省けます

1/2に用紙の節約にもなります







前面給紙と背面給紙があると便利です。ハガキや名刺は背面給紙からといったようなのが便利です





スマホからの簡単プリントは定番です

ブラザーなら「Broheriprint&SCAN」








NFC搭載は両機種ありません


NFCとは対応のモバイル端末なら製品も本体にかざすだけでモバイル端末内の
データをプリントしたりスキャンした内容を直接端末に取り込めます
WIFIや無線LANの設定は必要ありません






ADFは連続印刷や読み取りと便利なんですが両機種ありません






DCP-J577NとDCP-J572Nの保証はお買い上げ後1年間ですが

その修理や部品の供給期間は製造終了から5年間が多いと思いますが

メーカーでその差もあるので気になる方はその都度確認しましょう



ブラザーは修理費と送料が必要です
修理費+引き取り費2,500円/1台(税抜き)






キャノンとエプソンはPIXUSとカラリオで長らくブランド化しています

インクジェットプリンターや複合機でいえばシェアを二分するような

国内シェアをこのメーカーが占めています。ブラザーはこれを追いかけてきました



DCP-J577NとDCP-J572Nは差が感じませんでした。両機種スタンダードモデルなのでお求め安い価格も設定です。DCP-J572Nは去年のモデルなので5,000円ほど安くなっていました

2018年の新製品ブラザーPRIVIODCP-J978Nと去年のDCP-J973Nその違いはA4カラーインクジェット複合機のホームタイプの最高峰モデルで比較しました

比較項目DCP-J978NDCP-J973N
本体カラー白・黒の2色白・黒の2色
液晶2.7型タッチ2.7型タッチ
大きさ収納時で幅400×奥行341×高さ172(mm)収納時で幅400×奥行341×高さ172(mm)
重さ約8.6kg約8.6kg
消費電力(コピー時)約17W約17W
スマホプリント
印刷速度14秒/枚14秒/枚
印刷コスト約18.6円約18.6円
ネットワーク有線LANと無線LAN有線LANと無線LAN
自動電源
自動両面プリント
給紙方式前面2段と背面前面2段と背面
ディスクレーベル
インク4色4色
価格1万円台1万円台

※1.印刷速度やコストはブラザーでの測定環境から紹介しています
よってメーカーの考えから若干差が生じる可能性もありますご了承願います



DCP-J978NAとDCP-J973Nとホームタイプの今年と去年の
モデルほとんど変わりありません
両機種ADFがついていますよく印字する方はこれは助かります





DCP-J978NとDCP-J973Nのお得なポイント


インクが独立タンクということで1色ずつ交換もできるので無駄なく使えますなので経済的です。

ただ、DCP-J978Nは4色でトップモデルしては心もとないです。しかもインクは去年のものです





インクには

染料インクと顔料インクがあります



染料インクは表面に染み込ませます

顔料インクは用紙の表面に付着します



だから染料インクは光沢紙へ印刷する場合用紙の質感がそのまま印刷結果に

光沢感のある写真印刷が可能ですコピーや文章にも印刷できるので幅広い活躍できます




逆に顔料インクは先の説明よりインクが用紙に染み込みにくいわけです

だからインク径が広がらずよりくっきりとした印刷が可能となります。他にも

顔料インクはオゾンや光に分解されにくく変色しにくい耐水性が高い水濡れでもにじみにくい特性です





黒が2色あったりするのは顔料インクと染料インクで永年維持することや発色のいいとこどりを






自動両面プリントは用紙の裏と表を入れ替える手間が省けます

1/2に用紙の節約にもなります







前面給紙と背面給紙があると便利です。ハガキや名刺は背面給紙からといったようなのが便利です





スマホからの簡単プリントは定番です

ブラザーなら「Broheriprint&SCAN」やNFCがあります






NFC搭載は両機種あり


NFCとは対応のモバイル端末なら製品も本体にかざすだけでモバイル端末内の
データをプリントしたりスキャンした内容を直接端末に取り込めます
WIFIや無線LANの設定は必要ありません






ADFは連続印刷や読み取りと便利なんですが両機種あり








DCP-J978NとDCP-J973Nの保証はお買い上げ後1年間ですが

その修理や部品の供給期間は製造終了から5年間が多いと思いますが

メーカーでその差もあるので気になる方はその都度確認しましょう



ブラザーは修理費と送料が必要です
修理費+引き取り費2,500円/1台(税抜き)






キャノンとエプソンはPIXUSとカラリオで長らくブランド化しています

インクジェットプリンターや複合機でいえばシェアを二分するような

国内シェアをこのメーカーが占めています。ブラザーはこれを追いかけてきました



DCP-J978NとDCP-J973Nはほとんど変わりないですね
インクも去年のものですしADFとNFCは他メーカーついていません
評価は高いですインクが4色は前からですが残念ですね


DCP-J978NとDCP-J973Nどっち
価格は約5,000円旧モデルDCP-J973Nが安い

2018年の新製品キャノンPIXUSシリーズTS3130SとエプソンカラリオPX049Aその違いは今回は家庭で使えるA4カラーインクジェット複合機です

比較項目TS3130SPX049A
本体カラー黒と白
液晶1.5型モノクロ
大きさ収納時で幅435×奥行316×高さ145(mm)収納時で幅390×奥行300×高さ145(mm)
重さ約3.9kg約3.9kg
消費電力(コピー時)約11W約12W
スマホプリント
印刷速度52秒/枚74秒/枚
印刷コスト約21.7円約27.5円
ネットワーク無線LAN無線LAN
自動電源OFFだけ
自動両面プリント
給紙方式背面だけ背面だけ
ディスクレーベル
インク黒とカラーは一体型4色
価格数千円台数千円台

※1.印刷速度やコストはキャノンとエプソンでの測定環境から紹介しています
よってメーカーの考えから若干差が生じる可能性もありますご了承願います



TS3130SとPX049Aの差はありますが小さいしよく似ています
ちなみのPX049Aは過去のモデルです



TS3130SのPX049Aのお得なポイント



インクは独立タンクなら1色ずつ交換もできるので無駄なく使えますなので経済的です。

TS3130Sのカラーは一体型で手を抜き気味ですねPX049Aも4色なので色域は期待出来かねます


インク情報で両機種インクは去年のものです残念ですね




インクには

染料インクと顔料インクがあります



染料インクは表面に染み込ませます

顔料インクは用紙の表面に付着します



だから染料インクは光沢紙へ印刷する場合用紙の質感がそのまま印刷結果に

光沢感のある写真印刷が可能ですコピーや文章にも印刷できるので幅広い活躍できます




逆に顔料インクは先の説明よりインクが用紙に染み込みにくいわけです

だからインク径が広がらずよりくっきりとした印刷が可能となります。他にも

顔料インクはオゾンや光に分解されにくく変色しにくい耐水性が高い水濡れでもにじみにくい特性です




黒が2色あったりするのは顔料インクと染料インクで永年維持することや発色のいいとこどりを






自動両面プリントは用紙の裏と表を入れ替える手間が省けます

1/2に用紙の節約にもなります







前面給紙と背面給紙があると便利です。ハガキや名刺は背面給紙からといったようなのが便利です





スマホからの簡単プリントは定番です

キャノンTS3130Sは無料アプリ「CanonPRINTInkjet」

PX049Aは無料アプリ「EpsoniPrint」







NFC搭載は両機種ありません


NFCとは対応のモバイル端末なら製品も本体にかざすだけでモバイル端末内の
データをプリントしたりスキャンした内容を直接端末に取り込めます
WIFIや無線LANの設定は必要ありません






ADFは連続印刷や読み取りと便利なんですが両機種ありません






TS3130SとPX049Aの保証はお買い上げ後1年間ですが

その修理や部品の供給期間は製造終了から5年間が多いと思いますが

メーカーでその差もあるので気になる方はその都度確認しましょう





キャノンの修理はらくらく修理便(有料)

指定日にキャノン指定業者(ヤマト)が引き取りに

修理終了後お客様宅へお届けとのこと




エプソンは引取修理サービスや送付修理サービス、持ち込み修理サービス

全て有料です。エプソンには保守契約のようなものもカラリオスマイル



カラリオスマイル5年間で3,000円(税抜き)

内容は有償修理の代金を半額に、ネットで申し込むと自宅まで引き取り

手元に残った未使用インクをポイントに交換





キャノンとエプソンはPIXUSとカラリオで長らくブランド化しています

インクジェットプリンターや複合機でいえばシェアを二分するような

国内シェアをこのメーカーが占めています。



今回のTS3130SとPX049Aはエントリーモデル的な存在なので割り切っていますそのせいかよく似た感じですね投げやりな言い方ですがどっちでもいい気がします。ただ価格は約2,000円以上PX049Aが安い

2018年の新製品エプソンカラリオEP711Aと過去のモデルだけどカタログには載るPX049Aその違いは同メーカーの比較ですA4カラー複合機

比較項目EP711APX049A
本体カラー
液晶1.44型
大きさ収納時で幅390×奥行338×高さ163(mm)収納時で幅390×奥行300×高さ145(mm)
重さ約5.9kg約3.9kg
消費電力(コピー時)約15W約12W
スマホプリント
印刷速度17秒/枚74秒/枚
印刷コスト約26.5円約27.5円
ネットワーク無線LAN無線LAN
自動電源OFFだけOFFだけ
自動両面プリント
給紙方式前面1段だけ背面だけ
ディスクレーベル
インク6色4色
価格1万円台数千円台

※1.印刷速度やコストはエプソンでの測定環境から紹介しています
よってメーカーの考えから若干差が生じる可能性もありますご了承願います



EP-711AとPX-049Aですが同メーカー対決ですが
結構な差はありましたモニターなし、重さ、速度、色域などほとんどがEP711Aが優です



EP711AのPX049Aのお得なポイント



インクは独立タンクなら1色ずつ交換もできるので無駄なく使えますなので経済的です。

EP-711Aは6色なので評価はできますがPX049Aは4色

ちなみにインクは去年のものです残念ですね




インクには

染料インクと顔料インクがあります



染料インクは表面に染み込ませます

顔料インクは用紙の表面に付着します



だから染料インクは光沢紙へ印刷する場合用紙の質感がそのまま印刷結果に

光沢感のある写真印刷が可能ですコピーや文章にも印刷できるので幅広い活躍できます




逆に顔料インクは先の説明よりインクが用紙に染み込みにくいわけです

だからインク径が広がらずよりくっきりとした印刷が可能となります。他にも

顔料インクはオゾンや光に分解されにくく変色しにくい耐水性が高い水濡れでもにじみにくい特性です




黒が2色あったりするのは顔料インクと染料インクで永年維持することや発色のいいとこどりを






自動両面プリントは用紙の裏と表を入れ替える手間が省けます

1/2に用紙の節約にもなります







前面給紙と背面給紙があると便利です。ハガキや名刺は背面給紙からといったようなのが便利です





スマホからの簡単プリントは定番です

エプソンEP711A、PX049Aは無料アプリ「EpsoniPrint」

Wi-Fi Direct とQRコード接続はEP711Aだけ




NFC搭載は両機種ありません


NFCとは対応のモバイル端末なら製品も本体にかざすだけでモバイル端末内の
データをプリントしたりスキャンした内容を直接端末に取り込めます
WIFIや無線LANの設定は必要ありません






ADFは連続印刷や読み取りと便利なんですが両機種ありません






EP-711AとPX049Aの保証はお買い上げ後1年間ですが

その修理や部品の供給期間は製造終了から5年間が多いと思いますが

メーカーでその差もあるので気になる方はその都度確認しましょう





エプソンは引取修理サービスや送付修理サービス、持ち込み修理サービス

全て有料です。エプソンには保守契約のようなものもカラリオスマイル



カラリオスマイル5年間で3,000円(税抜き)

内容は有償修理の代金を半額に、ネットで申し込むと自宅まで引き取り

手元に残った未使用インクをポイントに交換






キャノンとエプソンはPIXUSとカラリオで長らくブランド化しています

インクジェットプリンターや複合機でいえばシェアを二分するような

国内シェアをこのメーカーが占めています。ブラザーはこれを追いかけてきました



EP711AとPX049Aの差は上記の比較からそれなりの差がありました後はその差が必要か不要かと価格の兼ね合いではないでしょうか約11,000円PX049Aが安いです

2018年の新製品エプソンカラリオEP711AとキャノンPIXUSTS3130Sその違いは今回は家庭で使えるA4カラーインクジェット複合機のエントリーモデル

比較項目EP711ATS3130S
本体カラー白のみ白・黒の2色
液晶1.44型1.5型モノクロ
大きさ収納時で幅390×奥行338×高さ163(mm)収納時で幅435×奥行316×高さ145(mm)
重さ約5.9kg約3.6kg
消費電力(コピー時)約15W約11W
スマホプリント
印刷速度17秒/枚52秒/枚
印刷コスト約26.5円約21.7円
ネットワーク無線LAN無線LAN
自動電源OFFだけ
自動両面プリント
給紙方式前面1段だけ背面だけ
ディスクレーベル
インク6色黒と一体型カラー
価格1万円台数千円台

※1.印刷速度やコストはエプソンとキャノンでの測定環境から紹介しています
よってメーカーの考えから若干差が生じる可能性もありますご了承願います



EP-711AとTS3130S流石にエントリーモデルなので豪華さ
はなく不要なものは削られています
デザインというか重さ、印字速度、色域が大きいですかね




EP-711AのTS3130Sのお得なポイント



インクは独立タンクなら1色ずつ交換もできるので無駄なく使えますなので経済的です。

EP-711Aは6色なので評価はできますがTS3130Sはカラーは一体型です
インク情報で両機種インクは去年のものです残念ですね




インクには

染料インクと顔料インクがあります



染料インクは表面に染み込ませます

顔料インクは用紙の表面に付着します



だから染料インクは光沢紙へ印刷する場合用紙の質感がそのまま印刷結果に

光沢感のある写真印刷が可能ですコピーや文章にも印刷できるので幅広い活躍できます




逆に顔料インクは先の説明よりインクが用紙に染み込みにくいわけです

だからインク径が広がらずよりくっきりとした印刷が可能となります。他にも

顔料インクはオゾンや光に分解されにくく変色しにくい耐水性が高い水濡れでもにじみにくい特性です




黒が2色あったりするのは顔料インクと染料インクで永年維持することや発色のいいとこどりを






自動両面プリントは用紙の裏と表を入れ替える手間が省けます

1/2に用紙の節約にもなります







前面給紙と背面給紙があると便利です。ハガキや名刺は背面給紙からといったようなのが便利です





スマホからの簡単プリントは定番です

エプソンEP711Aは無料アプリ「EpsoniPrint」

キャノンTS3130Sは無料アプリ「CanonPRINTInkjet」





NFC搭載は両機種ありません


NFCとは対応のモバイル端末なら製品も本体にかざすだけでモバイル端末内の
データをプリントしたりスキャンした内容を直接端末に取り込めます
WIFIや無線LANの設定は必要ありません






ADFは連続印刷や読み取りと便利なんですが両機種ありません






EP-711AとTS3130Sの保証はお買い上げ後1年間ですが

その修理や部品の供給期間は製造終了から5年間が多いと思いますが

メーカーでその差もあるので気になる方はその都度確認しましょう





エプソンは引取修理サービスや送付修理サービス、持ち込み修理サービス

全て有料です。エプソンには保守契約のようなものもカラリオスマイル



カラリオスマイル5年間で3,000円(税抜き)

内容は有償修理の代金を半額に、ネットで申し込むと自宅まで引き取り

手元に残った未使用インクをポイントに交換




キャノンの修理はらくらく修理便(有料)

指定日にキャノン指定業者(ヤマト)が引き取りに

修理終了後お客様宅へお届けとのこと





キャノンとエプソンはPIXUSとカラリオで長らくブランド化しています

インクジェットプリンターや複合機でいえばシェアを二分するような

国内シェアをこのメーカーが占めています。ブラザーはこれを追いかけてきました



EP711AとTS3130Sで気になった差が個人的には印字速度です。色域もEP711Aがよさそうですエントリーモデルでも6色ただですね価格をみてびっくりダブルスコアTS3130Sが9,000円ほど安いだったらTS3130Sがなぜか魅力的に感じますね

2018年の新製品エプソンカラリオシリーズEP811AとキャノンTS5130Sその違いは今回は家庭で使えるA4カラーインクジェット複合機のエントリーモデル

比較項目EP-811ATS5130S
本体カラー白・黒の2色白・黒の2色
液晶2.7型TFT2.7型TFT
大きさ収納時で幅390×奥行339×高さ141(mm)収納時で幅425×奥行315×高さ147(mm)
重さ約6.9kg約6.5kg
消費電力(コピー時)約17W約14W
スマホプリント
印刷速度13秒/枚36秒/枚
印刷コスト約26.5円約19.5円
ネットワーク無線LAN無線LAN
自動電源
自動両面プリント〇(はがき非対応)
給紙方式前面2段と背面前面1段と背面
ディスクレーベル
インク6色黒とカラーは一体型
価格2万円台1万円台

※1.印刷速度やコストはエプソンとキャノンでの測定環境から紹介しています
よってメーカーの考えから若干差が生じる可能性もありますご了承願います



EP-811AとTS5130Sのグレードが似ているので差はあまりありませんが印字速度と印字コストと色域が好みが分かれそうでしょうかEP811Aの方が質は高いのですが




EP-811AのTS5130Sのお得なポイント


インクが6色と色域もいいし独立タンクということで1色ずつ交換もできるので無駄なく使えますなので経済的です。

TS5130Sはカラーが一体型。両機種ともインクは去年のもので残念です





インクには

染料インクと顔料インクがあります

EP811AやTS5130Sにも使われています




染料インクは表面に染み込ませます

顔料インクは用紙の表面に付着します



だから染料インクは光沢紙へ印刷する場合用紙の質感がそのまま印刷結果に

光沢感のある写真印刷が可能ですコピーや文章にも印刷できるので幅広い活躍できます




逆に顔料インクは先の説明よりインクが用紙に染み込みにくいわけです

だからインク径が広がらずよりくっきりとした印刷が可能となります。他にも

顔料インクはオゾンや光に分解されにくく変色しにくい耐水性が高い水濡れでもにじみにくい特性です





黒が2色あったりするのは顔料インクと染料インクで永年維持することや発色のいいとこどりを






自動両面プリントは用紙の裏と表を入れ替える手間が省けます

1/2に用紙の節約にもなります







前面給紙と背面給紙があると便利です。ハガキや名刺は背面給紙からといったようなのが便利です





スマホからの簡単プリントは定番です

エプソンEP811Aは無料アプリ「EpsoniPrint」

キャノンTS5130Sは無料アプリ「CanonPRINTInkjet」





NFC搭載は両機種なし


NFCとは対応のモバイル端末なら製品も本体にかざすだけでモバイル端末内の
データをプリントしたりスキャンした内容を直接端末に取り込めます
WIFIや無線LANの設定は必要ありません






ADFは連続印刷や読み取りと便利なんですが両機種なし






EP811AとTS5130Sの保証はお買い上げ後1年間ですが

その修理や部品の供給期間は製造終了から5年間が多いと思いますが

メーカーでその差もあるので気になる方はその都度確認しましょう





エプソンは引取修理サービスや送付修理サービス、持ち込み修理サービス

全て有料です。エプソンには保守契約のようなものもカラリオスマイル



カラリオスマイル5年間で3,000円(税抜き)

内容は有償修理の代金を半額に、ネットで申し込むと自宅まで引き取り

手元に残った未使用インクをポイントに交換




キャノンの修理はらくらく修理便(有料)

指定日にキャノン指定業者(ヤマト)が引き取りに

修理終了後お客様宅へお届けとのこと





キャノンとエプソンはPIXUSとカラリオで長らくブランド化しています

インクジェットプリンターや複合機でいえばシェアを二分するような

国内シェアをこのメーカーが占めています。



エプソンのEP-811Aは若干TS5130Sより優れているように思えます。大きな差はないようですの後は価格差での判断も大きいかもしれませんなんとTS5130Sの方が1万円以上安くなりそうです

2018年の新製品エプソンカラリオシリーズEP-811AとキャノンTS5030Sその違いは今回は家庭で使えるA4カラーインクジェット複合機のエントリーモデル

比較項目EP-811ATS5030S
本体カラー白・黒の2色白・黒・グレーの3色
液晶2.7型TFT3.0型TFT
大きさ収納時で幅390×奥行339×高さ141(mm)収納時で幅372×奥行315×高さ126(mm)
重さ約6.9kg約5.5kg
消費電力(コピー時)約17W約12W
スマホプリント
印刷速度13秒/枚33秒/枚
印刷コスト約26.5円約15.8円
ネットワーク無線LAN無線LAN
自動電源
自動両面プリント
給紙方式前面2段と背面背面のみ
ディスクレーベル
インク6色5色
価格2万円台1万円台

※1.印刷速度やコストはエプソンとキャノンでの測定環境から紹介しています
よってメーカーの考えから若干差が生じる可能性もありますご了承願います



EP-811AとTS5030S特色がはっきり分かれた部分とそんなに差がないところが見受けられましたエプソンがコンパクトってイメージでしたがいつのまにかキャノンの方が色んな意味でデザインは進化しているようです


TS5030Sは特別色のグレーが、印字速度はEP811Aこれと前面2段は大きな差ですね自動両面プリントもディスクレーベルもTS5030Sはありません






EP-811AのTS5030Sのお得なポイント


インクが6色と色域もいいし独立タンクということで1色ずつ交換もできるので無駄なく使えますなので経済的です。

TS5030Sは5色です。両機種ともインクは去年のもので残念です





インクには

染料インクと顔料インクがあります

EP811AやTS5030Sにも使われています




染料インクは表面に染み込ませます

顔料インクは用紙の表面に付着します



だから染料インクは光沢紙へ印刷する場合用紙の質感がそのまま印刷結果に

光沢感のある写真印刷が可能ですコピーや文章にも印刷できるので幅広い活躍できます




逆に顔料インクは先の説明よりインクが用紙に染み込みにくいわけです

だからインク径が広がらずよりくっきりとした印刷が可能となります。他にも

顔料インクはオゾンや光に分解されにくく変色しにくい耐水性が高い水濡れでもにじみにくい特性です





黒が2色あったりするのは顔料インクと染料インクで永年維持することや発色のいいとこどりを






自動両面プリントは用紙の裏と表を入れ替える手間が省けます

1/2に用紙の節約にもなります







前面給紙と背面給紙があると便利です。ハガキや名刺は背面給紙からといったようなのが便利です





スマホからの簡単プリントは定番です

エプソンEP811Aは無料アプリ「EpsoniPrint」

キャノンTS5030Sは無料アプリ「CanonPRINTInkjet」





NFC搭載は両機種なし


NFCとは対応のモバイル端末なら製品も本体にかざすだけでモバイル端末内の
データをプリントしたりスキャンした内容を直接端末に取り込めます
WIFIや無線LANの設定は必要ありません






ADFは連続印刷や読み取りと便利なんですが両機種なし






EP811AとTS5030Sの保証はお買い上げ後1年間ですが

その修理や部品の供給期間は製造終了から5年間が多いと思いますが

メーカーでその差もあるので気になる方はその都度確認しましょう





エプソンは引取修理サービスや送付修理サービス、持ち込み修理サービス

全て有料です。エプソンには保守契約のようなものもカラリオスマイル



カラリオスマイル5年間で3,000円(税抜き)

内容は有償修理の代金を半額に、ネットで申し込むと自宅まで引き取り

手元に残った未使用インクをポイントに交換




キャノンの修理はらくらく修理便(有料)

指定日にキャノン指定業者(ヤマト)が引き取りに

修理終了後お客様宅へお届けとのこと





キャノンとエプソンはPIXUSとカラリオで長らくブランド化しています

インクジェットプリンターや複合機でいえばシェアを二分するような

国内シェアをこのメーカーが占めています。



エプソンのEP-811AはTS5030Sより優れているように思えます。気になったのがスピードと前面給紙関係頻繁に複合機を動かすなら特にただデザインを絡めると好みになりますそして大きなのが価格5,000円ほどTS5030Sが安い

2018年の新製品キャノンPIXUSシリーズTS6230とエプソンカラリオEP881Aその違いは今回は家庭で使えるA4カラーインクジェット複合機でホームタイプ

比較項目TS6230EP881A
本体カラー白・黒の2色白・黒・赤・ベージュの4色
液晶3.0型タッチ4.3型タッチ
大きさ収納時で幅372×奥行315×高さ139(mm)収納時で幅349×奥行340×高さ142(mm)
重さ約6.2kg約6.8kg
消費電力(コピー時)約14W約20W
スマホプリント
印刷速度18秒/枚13秒/枚
印刷コスト約17.3円約20.6円
ネットワーク無線LAN無線LANと有線LAN
自動電源
自動両面プリント
給紙方式前面1段と背面前面2段と背面
ディスクレーベル
インク6色独立6色独立
価格2万円台3万円台

※1.印刷速度やコストはキャノンとエプソンでの測定環境から紹介しています
よってメーカーの考えから若干差が生じる可能性もありますご了承願います



TS6230とEP881Aはメーカーのジャンルで位置づけがちょっとずれているのでがそのせいか結構な差がでました。機能的にはEP881Aが有利でコンパクトやデザイン、印字コストや速度で小さな差があります





TS6230のEP881Aのお得なポイント



インクが6色と色域もいいし独立タンクということで1色ずつ交換もできるので無駄なく使えますなので経済的です。


インク情報でTS6230インクは去年のものです残念ですねEP-881Aは新インクで評価できます




インクには

染料インクと顔料インクがあります

TS6230やEP881Aにも使われています



染料インクは表面に染み込ませます

顔料インクは用紙の表面に付着します



だから染料インクは光沢紙へ印刷する場合用紙の質感がそのまま印刷結果に

光沢感のある写真印刷が可能ですコピーや文章にも印刷できるので幅広い活躍できます




逆に顔料インクは先の説明よりインクが用紙に染み込みにくいわけです

だからインク径が広がらずよりくっきりとした印刷が可能となります。他にも

顔料インクはオゾンや光に分解されにくく変色しにくい耐水性が高い水濡れでもにじみにくい特性です





黒が2色あったりするのは顔料インクと染料インクで永年維持することや発色のいいとこどりを






自動両面プリントは用紙の裏と表を入れ替える手間が省けます

1/2に用紙の節約にもなります







前面給紙と背面給紙があると便利です。ハガキや名刺は背面給紙からといったようなのが便利です





スマホからの簡単プリントは定番です

キャノンTS6230は無料アプリ「CanonPRINTInkjet」

エプソンEP881Aなら「EpsoniPrint」








NFC搭載は両機種ありません


NFCとは対応のモバイル端末なら製品も本体にかざすだけでモバイル端末内の
データをプリントしたりスキャンした内容を直接端末に取り込めます
WIFIや無線LANの設定は必要ありません






ADFは連続印刷や読み取りと便利なんですが両機種ありません






TS6230とEP881Aの保証はお買い上げ後1年間ですが

その修理や部品の供給期間は製造終了から5年間が多いと思いますが

メーカーでその差もあるので気になる方はその都度確認しましょう





キャノンの修理はらくらく修理便(有料)

指定日にキャノン指定業者(ヤマト)が引き取りに

修理終了後お客様宅へお届けとのこと




エプソンは引取修理サービスや送付修理サービス、持ち込み修理サービス

全て有料です。エプソンには保守契約のようなものもカラリオスマイル



カラリオスマイル5年間で3,000円(税抜き)

内容は有償修理の代金を半額に、ネットで申し込むと自宅まで引き取り

手元に残った未使用インクをポイントに交換







キャノンとエプソンはPIXUSとカラリオで長らくブランド化しています

インクジェットプリンターや複合機でいえばシェアを二分するような

国内シェアをこのメーカーが占めています。



今回のTS6230とEP881Aはお互い小さな差があってEP881Aの方が有利に見えますがデザインの好みもあるのと価格差も考慮しなくてはなりませんが約7千円EP881Aの方が高くなっています

2018年の新製品エプソンカラリオEP-711AとブラザーPRIVIODCP-J577Nその違いは今回は家庭で使えるA4カラーインクジェット複合機です

比較項目EP-711ADCP-J577N
本体カラー白のみ
液晶1.44型モノクロ2.7型タッチ
大きさ収納時で幅390×奥行338×高さ163(mm)収納時で幅400×奥行341×高さ151(mm)
重さ約5.9kg約7.1kg
消費電力(コピー時)約15W約17W
スマホプリント
印刷速度17秒/枚34秒/枚
印刷コスト約26.5円約18.6円
ネットワーク無線LAN無線LAN
自動電源OFFだけ
自動両面プリント
給紙方式前面1段だけ前面2段と背面
ディスクレーベル
インク6色4色
価格1万円台1万円台

※1.印刷速度やコストはエプソンとブラザーでの測定環境から紹介しています
よってメーカーの考えから若干差が生じる可能性もありますご了承願います



EP-711AとDCP-J577Nは結構な差がでました。
大きさ、重さ、印字速度、色域はEP-711A
タッチパネル、給紙方法、印字コスト、自動両面はDCP-J577N



EP-711AのDCP-J577Nのお得なポイント



インクは独立タンクなら1色ずつ交換もできるので無駄なく使えますなので経済的です。

EP-711Aは6色なので評価はできますがDCP-J577Nも4色なので色域は期待出来かねます


インク情報で両機種インクは去年のものです残念ですね




インクには

染料インクと顔料インクがあります



染料インクは表面に染み込ませます

顔料インクは用紙の表面に付着します



だから染料インクは光沢紙へ印刷する場合用紙の質感がそのまま印刷結果に

光沢感のある写真印刷が可能ですコピーや文章にも印刷できるので幅広い活躍できます




逆に顔料インクは先の説明よりインクが用紙に染み込みにくいわけです

だからインク径が広がらずよりくっきりとした印刷が可能となります。他にも

顔料インクはオゾンや光に分解されにくく変色しにくい耐水性が高い水濡れでもにじみにくい特性です




黒が2色あったりするのは顔料インクと染料インクで永年維持することや発色のいいとこどりを






自動両面プリントは用紙の裏と表を入れ替える手間が省けます

1/2に用紙の節約にもなります







前面給紙と背面給紙があると便利です。ハガキや名刺は背面給紙からといったようなのが便利です





スマホからの簡単プリントは定番です

エプソンEP-711Aは無料アプリ「EpsoniPrint」

ブラザーDCP-J577Nなら「Broheriprint&SCAN」








NFC搭載は両機種ありません


NFCとは対応のモバイル端末なら製品も本体にかざすだけでモバイル端末内の
データをプリントしたりスキャンした内容を直接端末に取り込めます
WIFIや無線LANの設定は必要ありません






ADFは連続印刷や読み取りと便利なんですが両機種ありません






EP-711AとDCP-J577Nの保証はお買い上げ後1年間ですが

その修理や部品の供給期間は製造終了から5年間が多いと思いますが

メーカーでその差もあるので気になる方はその都度確認しましょう





エプソンは引取修理サービスや送付修理サービス、持ち込み修理サービス

全て有料です。エプソンには保守契約のようなものもカラリオスマイル



カラリオスマイル5年間で3,000円(税抜き)

内容は有償修理の代金を半額に、ネットで申し込むと自宅まで引き取り

手元に残った未使用インクをポイントに交換




ブラザーは修理費と送料が必要です
修理費+引き取り費2,500円/1台(税抜き)






キャノンとエプソンはPIXUSとカラリオで長らくブランド化しています

インクジェットプリンターや複合機でいえばシェアを二分するような

国内シェアをこのメーカーが占めています。ブラザーはこれを追いかけてきました



今回のEP-711AとDCP-J577Nは大きな差がありました。メーカーによって力の入れる部分が違います。個人的には給紙が気になりました。もう一つ大きなポイントが価格差は3,000円ほどでDCP-J577Nが安いです

2018年の新製品エプソンカラリオシリーズEP-811AとブラザーPRIVIODCP-J978Nその違いは今回は家庭で使えるA4カラーインクジェット複合機のホームタイプを比較しました

比較項目EP-811ADCP-J978N
本体カラー白・黒の2色白・黒の2色
液晶2.7型TFT2.7型TFTタッチ
大きさ収納時で幅390×奥行339×高さ141(mm)収納時で幅400×奥行341×高さ172(mm)
重さ約6.9kg約8.6kg
消費電力(コピー時)約17W約17W
スマホプリント
印刷速度13秒/枚14秒/枚
印刷コスト約26.5円約18.6円
ネットワーク無線LAN有線LANと無線LAN
自動電源
自動両面プリント
給紙方式前面2段と背面前面2段と背面
ディスクレーベル
インク6色独立4色
価格2万円台1万円台

※1.印刷速度やコストはエプソンとブラザーでの測定環境から紹介しています
よってメーカーの考えから若干差が生じる可能性もありますご了承願います



EP-811AとDCP-J978Nメーカーの特色がはっきり分かれた部分と
そんなに差がないところが見受けられました
サイズは似てるけど重さが、印字コストに差がしかし有利な方はインクが4色と難しい


DCP-J978NにはADFがついていますよく印字する方はこれ大きいか





EP-811AのDCP-J978Nのお得なポイント


インクが6色と色域もいいし独立タンクということで1色ずつ交換もできるので無駄なく使えますなので経済的です。

しかしDCP-J978Nは4色でトップモデルしては心もとないです。これなら印字コストが安くても納得できませんしかもインクは去年のものです





インクには

染料インクと顔料インクがあります

EP-811AやDCP-J978Nにも使われています




染料インクは表面に染み込ませます

顔料インクは用紙の表面に付着します



だから染料インクは光沢紙へ印刷する場合用紙の質感がそのまま印刷結果に

光沢感のある写真印刷が可能ですコピーや文章にも印刷できるので幅広い活躍できます




逆に顔料インクは先の説明よりインクが用紙に染み込みにくいわけです

だからインク径が広がらずよりくっきりとした印刷が可能となります。他にも

顔料インクはオゾンや光に分解されにくく変色しにくい耐水性が高い水濡れでもにじみにくい特性です





黒が2色あったりするのは顔料インクと染料インクで永年維持することや発色のいいとこどりを






自動両面プリントは用紙の裏と表を入れ替える手間が省けます

1/2に用紙の節約にもなります







前面給紙と背面給紙があると便利です。ハガキや名刺は背面給紙からといったようなのが便利です





スマホからの簡単プリントは定番です

エプソンEP-811Aは無料アプリ「EpsoniPrint」

ブラザーDCP-J978Nなら「Broheriprint&SCAN」やNFCがあります






NFC搭載はDCP-J978Nだけ


NFCとは対応のモバイル端末なら製品も本体にかざすだけでモバイル端末内の
データをプリントしたりスキャンした内容を直接端末に取り込めます
WIFIや無線LANの設定は必要ありません






ADFは連続印刷や読み取りと便利なんですがDCP-J978Nだけ







EP-811AとDCP-J978Nの保証はお買い上げ後1年間ですが

その修理や部品の供給期間は製造終了から5年間が多いと思いますが

メーカーでその差もあるので気になる方はその都度確認しましょう





エプソンは引取修理サービスや送付修理サービス、持ち込み修理サービス

全て有料です。エプソンには保守契約のようなものもカラリオスマイル



カラリオスマイル5年間で3,000円(税抜き)

内容は有償修理の代金を半額に、ネットで申し込むと自宅まで引き取り

手元に残った未使用インクをポイントに交換




ブラザーは修理費と送料が必要です
修理費+引き取り費2,500円/1台(税抜き)






キャノンとエプソンはPIXUSとカラリオで長らくブランド化しています

インクジェットプリンターや複合機でいえばシェアを二分するような

国内シェアをこのメーカーが占めています。ブラザーはこれを追いかけてきました



エプソンのEP-811Aはデザインや色域が有利ですが他は差があまりなくて逆にDCP-J978Nにしかない機能がADFとNFCプラス印字コストが大きな差です。これらが必要かどうかと価格を絡めてでしょうか4,000円ほどの差DCP-J978Nが安い

2018年の新製品エプソンカラリオシリーズEP-881AとブラザーPRIVIODCP-J978Nその違いは今回は家庭で使えるA4カラーインクジェット複合機のメーカー最高峰モデルを比較しました

比較項目EP-881ADCP-J978N
本体カラー白・黒・赤・ベージュの4色白・黒の2色
液晶4.3型タッチ2.7型TFTタッチ
大きさ収納時で幅349×奥行340×高さ142(mm)収納時で幅400×奥行341×高さ172(mm)
重さ約6.8kg約8.6kg
消費電力(コピー時)約20W約17W
スマホプリント
印刷速度13秒/枚14秒/枚
印刷コスト約20.6円約18.6円
ネットワーク有線LANと無線LAN有線LANと無線LAN
自動電源
自動両面プリント
給紙方式前面2段と背面前面2段と背面
ディスクレーベル
インク6色独立4色
価格約3万円1万円台

※1.印刷速度やコストはエプソンとブラザーでの測定環境から紹介しています
よってメーカーの考えから若干差が生じる可能性もありますご了承願います



EP-881AとDCP-J978N流石メーカー最高峰モデルです機能も充実していますしかしほぼすべてにおいてEP-881Aが有利となっています。印字コストも6色と4色なので説明がつきます


DCP-J978NにはADFがついていますこれは真似できません





EP-881AのDCP-J978Nのお得なポイント


インクが6色と色域もいいし独立タンクということで1色ずつ交換もできるので無駄なく使えますなので経済的です。

しかしDCP-J978Nは4色でトップモデルしては心もとないです。これなら印字コストが安くても納得できませんしかもインクは去年のものです


対してEP-881Aは新インクを投入!これは評価できます




インクには

染料インクと顔料インクがあります

EP-881AやDCP-J978Nにも使われています




染料インクは表面に染み込ませます

顔料インクは用紙の表面に付着します



だから染料インクは光沢紙へ印刷する場合用紙の質感がそのまま印刷結果に

光沢感のある写真印刷が可能ですコピーや文章にも印刷できるので幅広い活躍できます




逆に顔料インクは先の説明よりインクが用紙に染み込みにくいわけです

だからインク径が広がらずよりくっきりとした印刷が可能となります。他にも

顔料インクはオゾンや光に分解されにくく変色しにくい耐水性が高い水濡れでもにじみにくい特性です





黒が2色あったりするのは顔料インクと染料インクで永年維持することや発色のいいとこどりを






自動両面プリントは用紙の裏と表を入れ替える手間が省けます

1/2に用紙の節約にもなります







前面給紙と背面給紙があると便利です。ハガキや名刺は背面給紙からといったようなのが便利です





スマホからの簡単プリントは定番です

エプソンEP-881Aは無料アプリ「EpsoniPrint」

ブラザーDCP-J978Nなら「Broheriprint&SCAN」やNFCがあります






NFC搭載はDCP-J978Nだけ


NFCとは対応のモバイル端末なら製品も本体にかざすだけでモバイル端末内の
データをプリントしたりスキャンした内容を直接端末に取り込めます
WIFIや無線LANの設定は必要ありません






ADFは連続印刷や読み取りと便利なんですがDCP-J978Nだけ







EP-881AとDCP-J978Nの保証はお買い上げ後1年間ですが

その修理や部品の供給期間は製造終了から5年間が多いと思いますが

メーカーでその差もあるので気になる方はその都度確認しましょう





エプソンは引取修理サービスや送付修理サービス、持ち込み修理サービス

全て有料です。エプソンには保守契約のようなものもカラリオスマイル



カラリオスマイル5年間で3,000円(税抜き)

内容は有償修理の代金を半額に、ネットで申し込むと自宅まで引き取り

手元に残った未使用インクをポイントに交換




ブラザーは修理費と送料が必要です
修理費+引き取り費2,500円/1台(税抜き)






キャノンとエプソンはPIXUSとカラリオで長らくブランド化しています

インクジェットプリンターや複合機でいえばシェアを二分するような

国内シェアをこのメーカーが占めています。ブラザーはこれを追いかけてきました



エプソンのEP-881Aはデザインやコンパクトを含めほぼDCP-J978Nを凌駕しています。ただブラザーが得意なADFやNFCはEP-881Aにはありませんそして価格差も結構大きいです1万円以上!

2018年の新製品キャノンPIXUSシリーズTS3130SとブラザーPRIVIODCP-J577Nその違いは今回は家庭で使えるA4カラーインクジェット複合機です

比較項目TS3130SDCP-J577N
本体カラー白と黒
液晶1.5型モノクロ2.7型タッチ
大きさ収納時で幅435×奥行316×高さ145(mm)収納時で幅400×奥行341×高さ151(mm)
重さ約3.9kg約7.1kg
消費電力(コピー時)約11W約17W
スマホプリント
印刷速度52秒/枚34秒/枚
印刷コスト約21.7円約18.6円
ネットワーク無線LAN無線LAN
自動電源
自動両面プリント
給紙方式背面だけ前面2段と背面
ディスクレーベル
インク黒とカラーは一体型4色
価格数千円台1万円台

※1.印刷速度やコストはキャノンとブラザーでの測定環境から紹介しています
よってメーカーの考えから若干差が生じる可能性もありますご了承願います



TS3130SとDCP-J577Nは結構な差がでました。ほとんどでDCP-J577Nが優ですが重さぐらいでしょうか



TS3130SのDCP-J577Nのお得なポイント



インクは独立タンクなら1色ずつ交換もできるので無駄なく使えますなので経済的です。

TS3130Sのカラーは一体型で手を抜き気味ですねDCP-J577Nも4色なので色域は期待出来かねます


インク情報で両機種インクは去年のものです残念ですね




インクには

染料インクと顔料インクがあります



染料インクは表面に染み込ませます

顔料インクは用紙の表面に付着します



だから染料インクは光沢紙へ印刷する場合用紙の質感がそのまま印刷結果に

光沢感のある写真印刷が可能ですコピーや文章にも印刷できるので幅広い活躍できます




逆に顔料インクは先の説明よりインクが用紙に染み込みにくいわけです

だからインク径が広がらずよりくっきりとした印刷が可能となります。他にも

顔料インクはオゾンや光に分解されにくく変色しにくい耐水性が高い水濡れでもにじみにくい特性です




黒が2色あったりするのは顔料インクと染料インクで永年維持することや発色のいいとこどりを






自動両面プリントは用紙の裏と表を入れ替える手間が省けます

1/2に用紙の節約にもなります







前面給紙と背面給紙があると便利です。ハガキや名刺は背面給紙からといったようなのが便利です





スマホからの簡単プリントは定番です

キャノンTS3130Sは無料アプリ「CanonPRINTInkjet」

ブラザーDCP-J577Nなら「Broheriprint&SCAN」








NFC搭載は両機種ありません


NFCとは対応のモバイル端末なら製品も本体にかざすだけでモバイル端末内の
データをプリントしたりスキャンした内容を直接端末に取り込めます
WIFIや無線LANの設定は必要ありません






ADFは連続印刷や読み取りと便利なんですが両機種ありません






TS3130SとDCP-J577Nの保証はお買い上げ後1年間ですが

その修理や部品の供給期間は製造終了から5年間が多いと思いますが

メーカーでその差もあるので気になる方はその都度確認しましょう





キャノンの修理はらくらく修理便(有料)

指定日にキャノン指定業者(ヤマト)が引き取りに

修理終了後お客様宅へお届けとのこと




ブラザーは修理費と送料が必要です
修理費+引き取り費2,500円/1台(税抜き)






キャノンとエプソンはPIXUSとカラリオで長らくブランド化しています

インクジェットプリンターや複合機でいえばシェアを二分するような

国内シェアをこのメーカーが占めています。ブラザーはこれを追いかけてきました



今回のTS3130SとDCP-J577Nは大きな差がありました。気になったのが速度と前面給紙このあたりは必要かそうでないか再考する必要がありそうです。価格差は6,000円ほどでTS3130Sが安いです

2018年の新製品キャノンPIXUSシリーズTS5130SとブラザーPRIVIODCP-J577Nその違いは今回は家庭で使えるA4カラーインクジェット複合機です

比較項目TS5130SDCP-J577N
本体カラー白・黒の2色
液晶2.5型TFT2.7型タッチ
大きさ収納時で幅425×奥行315×高さ147(mm)収納時で幅400×奥行341×高さ151(mm)
重さ約6.5kg約7.1kg
消費電力(コピー時)約14W約17W
スマホプリント
印刷速度36秒/枚34秒/枚
印刷コスト約19.5円約18.6円
ネットワーク無線LAN無線LAN
自動電源
自動両面プリント〇(はがき非対応)
給紙方式前面1段と背面前面2段と背面
ディスクレーベル
インク黒とカラーは一体型4色
価格数千円台1万円台

※1.印刷速度やコストはキャノンとブラザーでの測定環境から紹介しています
よってメーカーの考えから若干差が生じる可能性もありますご了承願います



TS5130SとDCP-J577Nはいい勝負となっています。印字速度やコストが差が小さいです
選択は好みになりそうですしかし価格差は・・・




TS5130SのDCP-J577Nのお得なポイント



インクは独立タンクなら1色ずつ交換もできるので無駄なく使えますなので経済的です。

TS5130Sのカラーは一体型で手を抜き気味ですねDCP-J577Nも4色なので色域は期待出来かねます


インク情報で両機種インクは去年のものです残念ですね




インクには

染料インクと顔料インクがあります



染料インクは表面に染み込ませます

顔料インクは用紙の表面に付着します



だから染料インクは光沢紙へ印刷する場合用紙の質感がそのまま印刷結果に

光沢感のある写真印刷が可能ですコピーや文章にも印刷できるので幅広い活躍できます




逆に顔料インクは先の説明よりインクが用紙に染み込みにくいわけです

だからインク径が広がらずよりくっきりとした印刷が可能となります。他にも

顔料インクはオゾンや光に分解されにくく変色しにくい耐水性が高い水濡れでもにじみにくい特性です




黒が2色あったりするのは顔料インクと染料インクで永年維持することや発色のいいとこどりを






自動両面プリントは用紙の裏と表を入れ替える手間が省けます

1/2に用紙の節約にもなります







前面給紙と背面給紙があると便利です。ハガキや名刺は背面給紙からといったようなのが便利です





スマホからの簡単プリントは定番です

キャノンTS5130Sは無料アプリ「CanonPRINTInkjet」

ブラザーDCP-J577Nなら「Broheriprint&SCAN」








NFC搭載は両機種ありません


NFCとは対応のモバイル端末なら製品も本体にかざすだけでモバイル端末内の
データをプリントしたりスキャンした内容を直接端末に取り込めます
WIFIや無線LANの設定は必要ありません






ADFは連続印刷や読み取りと便利なんですが両機種ありません






TS5130SとDCP-J577Nの保証はお買い上げ後1年間ですが

その修理や部品の供給期間は製造終了から5年間が多いと思いますが

メーカーでその差もあるので気になる方はその都度確認しましょう





キャノンの修理はらくらく修理便(有料)

指定日にキャノン指定業者(ヤマト)が引き取りに

修理終了後お客様宅へお届けとのこと




ブラザーは修理費と送料が必要です
修理費+引き取り費2,500円/1台(税抜き)






キャノンとエプソンはPIXUSとカラリオで長らくブランド化しています

インクジェットプリンターや複合機でいえばシェアを二分するような

国内シェアをこのメーカーが占めています。ブラザーはこれを追いかけてきました



今回のTS5130SとDCP-J577Nは大きな差がありませでした両機種最高峰モデルと比べると色んな面で劣っていますが仕方ないでしょうかTS5130SとDCP-J577Nの価格差は5,000円ほどです。TS5130Sは価格は1万円を切ります

2018年の新製品キャノンPIXUSシリーズTS6230とブラザーPRIVIODCP-J577Nその違いは今回は家庭で使えるA4カラーインクジェット複合機のメーカーでいう中間機

比較項目TS6230DCP-J577N
本体カラー白・黒の2色
液晶3.0型タッチ2.7型タッチ
大きさ収納時で幅372×奥行315×高さ139(mm)収納時で幅400×奥行341×高さ151(mm)
重さ約6.2kg約7.1kg
消費電力(コピー時)約14W約17W
スマホプリント
印刷速度18秒/枚34秒/枚
印刷コスト約17.3円約18.6円
ネットワーク無線LAN無線LAN
自動電源
自動両面プリント
給紙方式前面1段と背面前面2段と背面
ディスクレーベル
インク6色独立4色
価格2万円台1万円台

※1.印刷速度やコストはキャノンとブラザーでの測定環境から紹介しています
よってメーカーの考えから若干差が生じる可能性もありますご了承願います



TS6230とDCP-J577Nは中間的な機械で比較していますがブラザーは発売種類が少ないのでちょっとずれているかもしれませんなぜならほぼすべてにおいてTS6230が優位だからです



印字速度がかなり差がありますこれは印字枚数によって考えが違いますが・・・ブラザーの前面2段は評価できます





TS6230のDCP-J577Nのお得なポイント



インクが6色と色域もいいし独立タンクということで1色ずつ交換もできるので無駄なく使えますなので経済的です。

しかしDCP-J577Nは4色で色域はどうも問題です。これブラザー毎年のことです


インク情報で両機種インクは去年のものです残念ですね




インクには

染料インクと顔料インクがあります

TS6230やDCP-J577Nにも使われています



染料インクは表面に染み込ませます

顔料インクは用紙の表面に付着します



だから染料インクは光沢紙へ印刷する場合用紙の質感がそのまま印刷結果に

光沢感のある写真印刷が可能ですコピーや文章にも印刷できるので幅広い活躍できます




逆に顔料インクは先の説明よりインクが用紙に染み込みにくいわけです

だからインク径が広がらずよりくっきりとした印刷が可能となります。他にも

顔料インクはオゾンや光に分解されにくく変色しにくい耐水性が高い水濡れでもにじみにくい特性です





黒が2色あったりするのは顔料インクと染料インクで永年維持することや発色のいいとこどりを






自動両面プリントは用紙の裏と表を入れ替える手間が省けます

1/2に用紙の節約にもなります







前面給紙と背面給紙があると便利です。ハガキや名刺は背面給紙からといったようなのが便利です





スマホからの簡単プリントは定番です

キャノンTS8230は無料アプリ「CanonPRINTInkjet」

ブラザーDCP-J577Nなら「Broheriprint&SCAN」








NFC搭載は両機種ありません


NFCとは対応のモバイル端末なら製品も本体にかざすだけでモバイル端末内の
データをプリントしたりスキャンした内容を直接端末に取り込めます
WIFIや無線LANの設定は必要ありません






ADFは連続印刷や読み取りと便利なんですが両機種ありません






TS6230とDCP-J577Nの保証はお買い上げ後1年間ですが

その修理や部品の供給期間は製造終了から5年間が多いと思いますが

メーカーでその差もあるので気になる方はその都度確認しましょう





キャノンの修理はらくらく修理便(有料)

指定日にキャノン指定業者(ヤマト)が引き取りに

修理終了後お客様宅へお届けとのこと




ブラザーは修理費と送料が必要です
修理費+引き取り費2,500円/1台(税抜き)






キャノンとエプソンはPIXUSとカラリオで長らくブランド化しています

インクジェットプリンターや複合機でいえばシェアを二分するような

国内シェアをこのメーカーが占めています。ブラザーはこれを追いかけてきました



今回のTS6230とDCP-J577Nで機能的には大きな差がありませんが色域とか速度、見た目のデザイン含めコンパクトさなど基本の部分の差がでましたこれはちょっと比較のレベルが元々ずれていたのかもしれません。そうそう価格差も結構大きいです約1万円

TS8230DCPJ978N
2018年の新製品キャノンPIXUSシリーズTS8230とブラザーPRIVIODCP-J978Nその違いは今回は家庭で使えるA4カラーインクジェット複合機のメーカー最高峰モデルを比較しました

比較項目TS8230DCP-J978N
本体カラー白・黒・赤の3色白・黒の2色
液晶4.3型タッチ2.7型TFTタッチ
大きさ収納時で幅373×奥行319×高さ140(mm)収納時で幅400×奥行341×高さ172(mm)
重さ約6.6kg約8.6kg
消費電力(コピー時)約16W約17W
スマホプリント
印刷速度18秒/枚14秒/枚
印刷コスト約19.4円約18.6円
ネットワーク無線LAN有線LANと無線LAN
自動電源
自動両面プリント
給紙方式前面1段と背面前面2段と背面
ディスクレーベル
インク6色独立4色
価格約3万円1万円台

※1.印刷速度やコストはキャノンとブラザーでの測定環境から紹介しています
よってメーカーの考えから若干差が生じる可能性もありますご了承願います



TS8230とDCP-J978N流石メーカー最高峰モデルです機能も充実していますしかしメーカーのカラーがくっきり分かれましたデザインや選択色、液晶の大きさ、本体重さこのあたりはTS8230の軍配というところでしょうか


印字速度や有線LANあり、前面給紙2段というところはDCP-J978Nが充実していますそしてなんとDCP-J978NにはADFまでついていますこれは大きな差じゃないでしょうか年間に年賀状だけ印字なら不要かもしれませんがそこそこ印刷するならうれしい





TS8230のDCP-J978Nのお得なポイント
続きを読む

2018年の新製品キャノンTR4530とブラザーのPRIVIO新製品MFC-J898Nを比較しましたその違いはどちらもビジネスでも使えるタイプです

比較項目TR4530MFC-J898N
本体カラー
液晶モニターモノクロ2行2.7型タッチ
大きさ収納時で幅435×奥行295×高さ189(mm)収納時で幅400×奥行341×高さ172(mm)
重さ約5.9kg約8.6kg
消費電力約8W約18W
インク黒とカラーは一体型4色
印刷速度約52秒(L版写真)約14秒(L版写真)
印刷コストメーカー未記載約18.6円
価格1万円台2万円台

※1.印刷速度やコストはキャノンとブラザーのL版印刷での測定環境から紹介しています
よって各メーカーの考えから若干差が生じる可能性もありますご了承願います


TR4530とMFC-J898Nメーカーは違いますがA4カラー複合機で
ビジネスでも使えるプリント・コピー・スキャナ他両機種FAXとADFを搭載しています


ただ結構な差がでています。デザインと重さはキャノンでしょうかしかしモニターやスピード印字コストはブラザーです


次に
TR4530とMFC-J898Nの機能の違いをみていきましょう
続きを読む

2018年の新製品ブラザーのPRIVIODCP-J978NとDCP-J577Nを比較しましたその違いはどちらも4カラーインクジェット複合機です

比較項目DCP-J978NDCP-J577N
本体カラー黒・白の2種
液晶モニター2.7型タッチ2.7型タッチ
大きさ収納時で幅400×奥行341×高さ172(mm)収納時で幅400×奥行341×高さ151(mm)
重さ約8.6kg約7.1kg
消費電力(コピー時)約17W約17W
インク4色4色
印刷速度約14秒(L版写真)約34秒(L版写真)
印刷コスト約18.6円約18.6円
価格1万円台1万円台

※1.印刷速度やコストはブラザーのL版印刷での測定環境から紹介しています
よってメーカーの考えから若干差が生じる可能性もありますご了承願います



DCP-J978NとDCP-J577Nは差があります
特に印字速度に大きな感じをうけます



次に
DCP-J978NとDCP-J577Nの機能の違いをみていきましょう
続きを読む

2018年の新製品エプソンエコタンク搭載モデルEW-M7630TとEW-M670FTを比較しましたその違いはどちらも4カラーインクジェット複合機です

比較項目EW-M630TEW-M670FT
本体カラー黒・白の2種黒・白の2種
液晶モニター2.4型液晶2.4型タッチパネル
大きさ収納時で幅375×奥行347×高さ187(mm)収納時で幅375×奥行347×高さ231(mm)
重さ約5.8kg約6.8kg
消費電力(コピー時)約12W約12W
インク4色4色
印刷速度約75秒(L版写真)約75秒(L版写真)
印刷コスト約5.9円約5.9円
価格4万円台5万円台

※1.印刷速度やコストはエプソンのL版印刷での測定環境から紹介しています
よってメーカーの考えから若干差が生じる可能性もありますご了承願います



EW-M630TとEW-M670FTですがエコインク搭載モデルということで
上記のデータでもインクコストが従来のインクジェットプリンターに比べても
かなり安くなります。


デザインが似ていたんですがまさに兄弟複合機でしょうか
サイズも印刷速度もほとんんど変わりません

次に
EW-M630TとEW-M670FTの機能の違いをみていきましょう
続きを読む

2018年の新製品エプソンエコタンク搭載モデルEW-M770TとEW-M670FTを比較しましたその違いはどちらも4カラーインクジェット複合機です

比較項目EW-M770TEW-M670FT
本体カラー黒・白の2種黒・白の2種
液晶モニター2.7型2.4型タッチパネル
大きさ収納時で幅425×奥行359×高さ161(mm)収納時で幅375×奥行347×高さ231(mm)
重さ約8.0kg約6.8kg
消費電力(コピー時)約16W約12W
インク5色4色独立
印刷速度約24秒(L版写真)約75秒(L版写真)
印刷コスト約6円約5.9円
価格5万円台5万円台

※1.印刷速度やコストはエプソンのL版印刷での測定環境から紹介しています
よってメーカーの考えから若干差が生じる可能性もありますご了承願います



EW-M770TとEW-M670FTですがエコインク搭載モデルということで
上記のデータでもインクコストが従来のインクジェットプリンターに比べても
かなり安くなります。


印刷コストは変わりませんが小さな差はあります
速度は気になります。かなり大きく感じます


次に
EW-M770TとEW-M670FTの機能の違いをみていきましょう
続きを読む

2018年の新製品エプソンエコタンク搭載モデルEW-M770TとEW-M571Tを比較しましたその違いはどちらも4カラーインクジェット複合機です

比較項目EW-M770TEW-M571T
本体カラー黒・白の2種黒・白の2種
液晶モニター2.7型1.44型
大きさ収納時で幅425×奥行359×高さ161(mm)収納時で幅375×奥行347×高さ187(mm)
重さ約8.0kg約5.5kg
消費電力(コピー時)約16W約12W
インク5色4色独立
印刷速度約24秒(L版写真)約76秒(L版写真)
印刷コスト約6円約5.9円
価格5万円台3万円台

※1.印刷速度やコストはエプソンのL版印刷での測定環境から紹介しています
よってメーカーの考えから若干差が生じる可能性もありますご了承願います



EW-M770TとEW-M571Tですがエコインク搭載モデルということで
上記のデータでもインクコストが従来のインクジェットプリンターに比べても
かなり安くなります。


すべてにおいて差があります。大きさ、印字速度、色域など
ここまでで印刷速度がきになりました


次に
EW-M770TとEW-M571Tの機能の違いをみていきましょう
続きを読む

2018年の新製品エプソンカラリオシリーズEP-711Aと去年のEP-710Aを比較しましたその違いはどちらもホーム系のA4カラーインクジェット複合機です

比較項目EP711AEP710A
本体カラー白の1種白の1種
液晶モニター1.44型液晶1.44型液晶
大きさ収納時で幅390×奥行338×高さ163(mm)収納時で幅390×奥行338×高さ163(mm)
重さ約5.9kg約5.9kg
消費電力約15W約15W
インク6色独立6色独立
印刷速度約17秒(L版写真)約17秒(L版写真)
印刷コスト約26.5円約26.5円
価格1万円台数千円台

※1.印刷速度やコストはエプソンのL版印刷での測定環境から紹介しています
よってメーカーの考えから若干差が生じる可能性もありますご了承願います



EP-711AとEP-710Aですが大きな差は今のところありません
ほぼ一緒ですね



次に
EP-711AとEP-710Aの機能の違いをみていきましょう
続きを読む

2018年の新製品エプソンカラリオシリーズEP-881Aと去年のモデルEP-880Aを比較しましたその違いはどちらもホーム系のA4カラーインクジェット複合機です

比較項目EP881AEP880A
本体カラー黒・白・赤・ベージュの4種黒・白・赤・ベージュの4種
液晶モニター4.3型タッチ4.3型タッチ
大きさ収納時で幅349×奥行340×高さ142(mm)収納時で幅349×奥行340×高さ142(mm)
重さ約6.8kg約6.8kg
消費電力約20W約20W
インク6色独立6色独立
印刷速度約13秒(L版写真)約13秒(L版写真)
印刷コスト約20.6円約20.6円
価格3万円台1万円台

※1.印刷速度やコストはエプソンのL版印刷での測定環境から紹介しています
よってメーカーの考えから若干差が生じる可能性もありますご了承願います



EP-881AとEP-880Aですがエプソンの屋台骨の売れ筋の2機種です
今のところ全く同じのデータとなっています


次に
EP-881AとEP-880Aの機能の違いをみていきましょう
続きを読む

2018年の新製品エプソンカラリオシリーズEP-811AとEP-711Aを比較しましたその違いはどちらもホーム系のA4カラーインクジェット複合機です

比較項目EP811AEP711A
本体カラー黒・白の2種
液晶モニター2.7型液晶1.44型液晶
大きさ収納時で幅390×奥行339×高さ141(mm)収納時で幅390×奥行338×高さ163(mm)
重さ約6.9kg約5.9kg
消費電力約17W約15W
インク6色独立6色独立
印刷速度約13秒(L版写真)約17秒(L版写真)
印刷コスト約26.5円約26.5円
価格2万円台1万円台

※1.印刷速度やコストはエプソンのL版印刷での測定環境から紹介しています
よってメーカーの考えから若干差が生じる可能性もありますご了承願います



EP-811AとEP-711Aですが大きな差は今のところありませんが
小さな差はあるので問題ないか確認しましょう



次に
EP-811AとEP-711Aの機能の違いをみていきましょう
続きを読む

2018年の新製品エプソンカラリオシリーズEP-881AとEP-811Aを比較しましたその違いはどちらもホーム系のA4カラーインクジェット複合機です

比較項目EP881AEP811A
本体カラー黒・白・赤・ベージュの4種黒・白の2種
液晶モニター4.3型タッチ2.7型
大きさ収納時で幅349×奥行340×高さ142(mm)収納時で幅390×奥行339×高さ141(mm)
重さ約6.8kg約6.9kg
消費電力約20W約17W
インク6色独立6色独立
印刷速度約13秒(L版写真)約13秒(L版写真)
印刷コスト約20.6円約26.5円
価格3万円台2万円台

※1.印刷速度やコストはエプソンのL版印刷での測定環境から紹介しています
よってメーカーの考えから若干差が生じる可能性もありますご了承願います



EP-881AとEP-811Aですがエプソンの屋台骨とその次のマシーン
だからでしょうか色んな意味で小さな差があります
タッチパネル、印刷コストの差があります



次に
EP-881AとEP-811Aの機能の違いをみていきましょう
続きを読む

2018年の新製品キャノンTR4530と前回発売のTR7530を比較しましたその違いはどちらもビジネスでも活躍できるタイプですが品番から推測するのはTR7530の方がスペックは高い

比較項目TR4530TR7530
本体カラー
液晶モニターモノクロ2行3.0型タッチ
大きさ収納時で幅435×奥行295×高さ189(mm)収納時で幅438×奥行350×高さ190(mm)
重さ約5.9kg約7.9kg
消費電力約8W約14W
インク黒とからーは一体型5色独立
印刷速度約52秒(L版写真)約31秒(L版写真)
印刷コストメーカー未記載約17.6円
価格1万円台2万円台

※1.印刷速度やコストはキャノンのL版印刷での測定環境から紹介しています
よってメーカーの考えから若干差が生じる可能性もありますご了承願います


TR4530とTR7530両者スタンダードモデルという位置付けですが
TR4530の方がコンパクトですが色域、モニターなどTR7530より
劣っています。そしてスピードの差と印刷コストはノーコメントのようです



次に
TR4530とTR7530の機能の違いをみていきましょう
続きを読む

2018年の新製品キャノンTR9530と前回発売のTR7530を比較しましたその違いはどちらもビジネスでも活躍できるタイプ

比較項目TR9530TR7530
本体カラー黒・白の2種
液晶モニター4.3型タッチ3.0型タッチ
大きさ収納時で幅468×奥行336×高さ193(mm)収納時で幅438×奥行350×高さ190(mm)
重さ約9.7kg約7.9kg
消費電力約14W約14W
インク5色独立5色独立
印刷速度約18秒(L版写真)約31秒(L版写真)
印刷コスト約17.3円約17.6円
価格3万円台2万円台

※1.印刷速度やコストはキャノンのL版印刷での測定環境から紹介しています
よってメーカーの考えから若干差が生じる可能性もありますご了承願います


TR9530とTR7530大きさは一回り差があるようです。というのも
TR9530はA3サイズ、TR8530はA4サイズここ大きな差ですね
そしてスピードも結構な差が?



次に
TR9530とTR7530の機能の違いをみていきましょう
続きを読む

2018年の新製品キャノンTR9530とすでに過去のものTR8530を比較しましたその違いはどちらもビジネスでも活躍するタイプ

比較項目TR9530TR8530
本体カラー黒・白の2種
液晶モニター4.3型タッチ4.3型タッチ
大きさ収納時で幅468×奥行336×高さ193(mm)収納時で幅438×奥行351×高さ190(mm)
重さ約9.7kg約8.0kg
消費電力約14W約15W
インク5色独立5色独立
印刷速度約18秒(L版写真)約31秒(L版写真)
印刷コスト約17.3円約17.6円
価格3万円台2万円台

※1.印刷速度やコストはキャノンのL版印刷での測定環境から紹介しています
よってメーカーの考えから若干差が生じる可能性もありますご了承願います


TR9530とTR8530大きさは一回り差があるようです。というのも
TR9530はA3サイズ、TR8530はA4サイズここ大きな差ですね
そしてスピードも結構な差がでました倍近い?


次に
TR9530とTR8530の機能の違いをみていきましょう
続きを読む

2018年の新製品キャノンTS3130Sと去年のモデルTS3130を比較しましたその違いはどちらもPIXUSシリーズです下位モデル2機種です

比較項目TS3130STS3130
本体カラー白・黒の2色白・黒の2色
液晶モニター1.5型モノクロ1.5型モノクロ
大きさ収納時で幅435×奥行316×高さ145(mm)収納時で幅435×奥行316×高さ145(mm)
重さ約3.9kg約3.9kg
消費電力約11W約11W
インク黒とカラーの一体型黒とカラー一体型
印刷速度約52秒(L版写真)約52秒(L版写真)
印刷コスト約21.7円約21.7円
価格8千円台5千円台

※1.印刷速度やコストはキャノンのL版印刷での測定環境から紹介しています
よってメーカーの考えから若干差が生じる可能性もありますご了承願います


TS3130SとTS3130は今のところ差はありません
シンプルモデルなので付け加えるとか変化は基本1年ぐらいではないのでしょう


次に
TS3130SとTS3130の機能の違いをみていきましょう
続きを読む

2018年の新製品キャノンTS5130Sと去年のTS5130を比較しましたその違いはどちらもPIXUSシリーズですがエントリーモデルです

比較項目TS5130STS5130
本体カラー白・黒の2色白・黒の2色
液晶モニター2.5型2.5型
大きさ収納時で幅425×奥行315×高さ147(mm)収納時で幅425×奥行315×高さ147(mm)
重さ約6.5kg約6.5kg
消費電力約14W約14W
インク黒とカラー一体型黒とカラー一体型
印刷速度約36秒(L版写真)約36秒(L版写真)
印刷コスト約19.5円約19.5円
価格1万円台数千円

※1.印刷速度やコストはキャノンのL版印刷での測定環境から紹介しています
よってメーカーの考えから若干差が生じる可能性もありますご了承願います


TS5130SとTS5130S全てにおいて同じですね
数字的には


次に
TS5130SとTS5130の機能の違いをみていきましょう
続きを読む

2018年の新製品キャノンTS6230と去年発売のTS6130を比較しましたその違いはどちらもPIXUSシリーズのスタンダードモデル中間機です

比較項目TS6230TS6130
本体カラー白・黒の2色白・黒の2色
液晶モニター3.0型タッチ3.0型
大きさ収納時で幅372×奥行315×高さ139(mm)収納時で幅372×奥行315×高さ139(mm)
重さ約6.2kg約6.2kg
消費電力約14W約14W
インク6色5色
印刷速度約18秒(L版写真)約31秒(L版写真)
印刷コスト約17.3円約17.2円
価格2万円台1万円台

※1.印刷速度やコストはキャノンのL版印刷での測定環境から紹介しています
よってメーカーの考えから若干差が生じる可能性もありますご了承願います


TS6230とTS6130は新製品と去年ということで
差はほとんどないですね
強いて言えば印刷スピードですね



次に
TS6230とTS6130の機能の違いをみていきましょう
続きを読む

2018年の新製品キャノンTS8230と去年発売のTS8130を比較しましたその違いはどちらもPIXUSシリーズの屋台骨の売れ筋モデルですが大きな違いはあるのでしょうか

比較項目TS8230TS8130
本体カラー白・黒・赤の3色白・黒・赤の3色
液晶モニター4.3型タッチ4.3型タッチ
大きさ収納時で幅373×奥行319×高さ140(mm)収納時で幅372×奥行324×高さ139(mm)
重さ約6.6kg約6.5kg
消費電力約16W約16W
インク6色6色
印刷速度約18秒(L版写真)約18秒(L版写真)
印刷コスト約19.4円約19.4円
価格2万円台1万円台

※1.印刷速度やコストはキャノンのL版印刷での測定環境から紹介しています
よってメーカーの考えから若干差が生じる可能性もありますご了承願います


TS8230とTS8130はほぼ全く同じですね
サイズが若干ってぐらいです




次に
TS8230とTS8130の機能の違いをみていきましょう
続きを読む

2018年の新製品キャノンXK80と去年発売XK70を比較しましたその違いは
どちらもPIXUSシリーズでは最高峰モデル

比較項目XK80XK70
本体カラーメタリックシルバー
液晶モニター4.3型タッチ5.0型タッチ
大きさ収納時で幅373×奥行319×高さ140(mm)収納時で幅372×奥行324×高さ140(mm)
重さ約6.6kg約6.7kg
消費電力約16W約16W
インク6色6色
印刷速度約14秒(L版写真)約14秒(L版写真)
印刷コスト約12.6円約12.5円
価格3万円台です4万円台です

※1.印刷速度やコストはキャノンのL版印刷での測定環境から紹介しています
よってメーカーの考えから若干差が生じる可能性もありますご了承願います


XK80とXK70の大きな違いは感じません
速度、コストも同じですね



次に
XK80とXK70の機能の違いをみていきましょう
続きを読む

2018年の新製品キャノンTS5030SとTS3130Sを比較しましたその違いは
どちらもPIXUSシリーズですがどちらかというと下位モデル2機種です

比較項目TS5030STS3130S
本体カラー白・黒の2色と特別グレーあり白・黒の2色
液晶モニター3.0型TFT1.5型モノクロ
大きさ収納時で幅372×奥行315×高さ126(mm)収納時で幅435×奥行316×高さ145(mm)
重さ約5.5kg約3.9kg
消費電力約12W約11W
インク5色黒とカラー一体型
印刷速度約33秒(L版写真)約52秒(L版写真)
印刷コスト約15.8円約21.7円
価格1万円台8千円台

※1.印刷速度やコストはキャノンのL版印刷での測定環境から紹介しています
よってメーカーの考えから若干差が生じる可能性もありますご了承願います


TS5030SとTS3130Sは今のところ差は色々あります
といいますか速度や印字コストをはじめTS5030Sの方がワンランク上です


次に
TS5030SとTS3130Sの機能の違いをみていきましょう
続きを読む

2018年の新製品キャノンTS5130SとTS3130Sを比較しましたその違いは
どちらもPIXUSシリーズですがどちらかというと下位モデル2機種です

比較項目TS5130STS3130S
本体カラー白・黒の2色白・黒の2色
液晶モニター2.5型TFT1.5型モノクロ
大きさ収納時で幅425×奥行315×高さ147(mm)収納時で幅435×奥行316×高さ145(mm)
重さ約6.5kg約3.9kg
消費電力約14W約11W
インク黒とカラー一体型黒とカラー一体型
印刷速度約36秒(L版写真)約52秒(L版写真)
印刷コスト約19.5円約21.7円
価格1万円台8千円台

※1.印刷速度やコストはキャノンのL版印刷での測定環境から紹介しています
よってメーカーの考えから若干差が生じる可能性もありますご了承願います


TS5130SとTS3130Sは今のところ差は色々あります
TS3130Sはシンプルモデルということで今までのPIXUSと雰囲気は違いますね
特にTS3130Sスピードは更に遅めですがコンパクトさや重量は軽い


次に
TS5130SとTS3130Sの機能の違いをみていきましょう
続きを読む

2018年の新製品キャノンTS5130SとTS5030Sを比較しましたその違いは
どちらもPIXUSシリーズですが品番的にもよく似ている大きな違いはあるのでしょうか

比較項目TS5130STS5030S
本体カラー白・黒の2色白・黒の2色と限定色グレー
液晶モニター2.5型3.0型
大きさ収納時で幅425×奥行315×高さ147(mm)収納時で幅372×奥行315×高さ126(mm)
重さ約6.5kg約5.5kg
消費電力約14W約12W
インク黒とカラー一体型5色
印刷速度約36秒(L版写真)約33秒(L版写真)
印刷コスト約19.5円約15.8円
価格1万円台1万円台

※1.印刷速度やコストはキャノンのL版印刷での測定環境から紹介しています
よってメーカーの考えから若干差が生じる可能性もありますご了承願います


TS5130SとTS5030Sは品番が似ているのですが全体的に
TS5030Sの方が優れてます。コスト、色域、重量など



次に
TS5130SとTS5030Sの機能の違いをみていきましょう
続きを読む

2018年の新製品キャノンTS6230とTS5030Sを比較しましたその違いは
どちらもPIXUSシリーズですが大きな違いはあるのでしょうか

比較項目TS6230TS5030S
本体カラー白・黒の2色白・黒の2色と限定色グレー
液晶モニター3.0型タッチ3.0型
大きさ収納時で幅372×奥行315×高さ139(mm)収納時で幅372×奥行315×高さ126(mm)
重さ約6.2kg約5.5kg
消費電力約14W約12W
インク6色5色
印刷速度約18秒(L版写真)約33秒(L版写真)
印刷コスト約17.3円約15.8円
価格2万円台1万円台

※1.印刷速度やコストはキャノンのL版印刷での測定環境から紹介しています
よってメーカーの考えから若干差が生じる可能性もありますご了承願います


TS6230とTS5030Sは見た目は似ていますが
TS5030Sの方がコンパクとです。速度は大きな差がありますTS6230有利
しかしコストはTS5030Sに軍配


次に
TS6230とTS5030Sの機能の違いをみていきましょう

続きを読む

2018年の新製品キャノンTS6230とTS5130Sを比較しましたその違いは
どちらもPIXUSシリーズですが大きな違いはあるのでしょうか

比較項目TS6230TS5130S
本体カラー白・黒の2色白・黒の2色
液晶モニター3.0型タッチ2.5型
大きさ収納時で幅372×奥行315×高さ139(mm)収納時で幅425×奥行315×高さ147(mm)
重さ約6.2kg約6.5kg
消費電力約14W約14W
インク6色黒とカラー一体型
印刷速度約18秒(L版写真)約36秒(L版写真)
印刷コスト約17.3円約19.5円
価格2万円台1万円台

※1.印刷速度やコストはキャノンのL版印刷での測定環境から紹介しています
よってメーカーの考えから若干差が生じる可能性もありますご了承願います


TS6230とTS5130Sは見た目は似ています
しかし小さな差はあるようです
印刷コストやスピードに差があります



次に
TS6230とTS5130Sの機能の違いをみていきましょう

続きを読む

2018年の新製品キャノンTS8230とTS6230を比較しましたその違いは
どちらもPIXUSシリーズですが大きな違いはあるのでしょうか

比較項目TS8230TS6230
本体カラー白・黒・赤の3色白・黒の2色
液晶モニター4.3型タッチ3.0型タッチ
大きさ収納時で幅373×奥行319×高さ140(mm)収納時で幅372×奥行315×高さ139(mm)
重さ約6.6kg約6.2kg
消費電力約16W約14W
インク6色5色
印刷速度約18秒(L版写真)約18秒(L版写真)
印刷コスト約19.4円約17.3円
価格2万円台です2万円台

※1.印刷速度やコストはキャノンのL版印刷での測定環境から紹介しています
よってメーカーの考えから若干差が生じる可能性もありますご了承願います


見た目はTS8230の方がスタイリッシュです
そして大きな違いはないにしろ微妙に全体に差が感じると思います


小さな差はあるでは


次に
TS8230とTS6230の機能の違いをみていきましょう
続きを読む

2018年の新製品キャノンXK80とTS8230を比較しましたその違いは
どちらもPIXUSシリーズで差はそんなにないと思いますが果たしてどこが

比較項目XK80TS8230
本体カラーメタリックシルバー白・黒・赤の3色
液晶モニター4.3型タッチ4,3型タッチ
大きさ収納時で幅373×奥行319×高さ140(mm)収納時で幅373×奥行319×高さ140(mm)
重さ約6.6kg約6.6kg
消費電力約16W約16W
インク6色6色
印刷速度約14秒(L版写真)約18秒(L版写真)
印刷コスト約12.6円約19.4円
価格3万円台2万円台

※1.印刷速度やコストはキャノンのL版印刷での測定環境から紹介しています
よってメーカーの考えから若干差が生じる可能性もありますご了承願います


見た目は変わりないのですが本体カラーが全く違います
XK80はプレミアム感をTS8230は普段の黒・白・赤と


大きな差はこれでしょうスピードと印字コストです
印刷が多いならXK80がオススメとなりそうです


次に
XK80とTS8230の機能の違いをみていきましょう
続きを読む

キャノンからインクジェット複合機限定で
SPRINGキャンペーン2018開催
特定機種購入でキャッシュバックされます


キャノンもここ最近この手のキャンペーン年に1回はやってますが
同じくライバルのエプソンも同時期キャンペーン行っています


機種によってキャッシュバック金額が違います
家庭用複合機を買う予定の方はこの機会はチャンスです


期間

対象購入期間 2018年の5月28日(月)まで
応募締め切り 2018年6月15(金)※当日消印有効



対象商品は決まっています

こちら TS8130とTS6130


本体+インク購入でさらにキャッシュバックもあります



キャノンGOING2020SPRINGキャンペーン2018は
製品購入後登録を行いキャンペーンバナーが表れるので
応募フォームに必要事項を書き込み

レシート、領収書、キャノン保証書、製品箱など写真アップロード


詳細>>> キャノン公式サイトこちら

春のキャッシュバックキャンペーン

エプソンから選べる春のキャッシュバックキャンペーンなら
最大15,000円キャッシュバックされます(応募が必要)


エプソンでは最近毎年このキャッシュバックキャンペーンやってます
本体も手ごろになっているのでキャッシュバックと合わせて安値狙い


機種によってキャッシュバック金額が違います
プリンターを買う予定の方はこの機会はチャンスです


期間

対象購入期間 2018年の5月7日(月)まで
応募締め切り 2018年5月21(月)※当日消印有効



対象商品は決まっています
例えば


エプソンカラリオ売れ筋商品記載はホワイトですが他の色も対象


関連で

インクパックL、M、標準の各抱き合わせでもキャンペーン対象
つまり本体+インクパックという組み合わせ



エコタンク搭載モデル4機も対象です




エコタンク搭載モデルとは
最近エプソンが力を入れている複合機、プリンターで
インクのコストを格安に抑えているのでランニングコストが

安くなります


本体に液を直接注入するようなイメージです
ちなみにキャノンもこのタイプを投入しだしました



キャッシュバックするには申込が必要です
申込用紙をダウンロードして
プリンターの領収書+保証書コピー+ノズルチェックパターン

を1セットで申し込み
(プリンター本体のみ購入の場合)

>>>申し込み用紙(PDF)ダウンロードや詳細こちら エプソン春のキャッシュバックキャンペーン

↑このページのトップヘ