インクジェット プリンターとインク@正しい選び方

インクジェットプリンターや複合機の比較と消耗品のインクの純正、詰め替え、互換、リサイクルインクを解説

カテゴリ:2017年おすすめ > 2017複合機の比較

2017年発売のブラザー新商品プリビオシリーズのDCP-J973Nと去年のDCP-J968Nの違いを比較、両者ブラザー一押しのインクジェットプリンター複合機です

比較項目DCP-J973NDCP-J968N
本体カラー黒・白の2色黒・白・の2色
液晶モニター2.7型2.7型
大きさ収納時で幅400×奥行341×高さ172(mm)収納時で幅400×奥行341×高さ172(mm)
重さ約8.6kg約8.6kg
消費電力約17W約18W
インク4色4色
印刷速度約14秒(L版フチなし)約14秒(L版フチなし)
印刷コスト約18.6円約18.6円
価格

※1.印刷速度やコストはブラザーのL版印刷での測定環境から紹介しています
よってメーカーの考えから若干差が生じる可能性もありますご了承願います


仕様からDCP-J973NとDCP-J968Nはさすがに同門で多機能モデルで
去年と今年なのでほぼ違いは見当たりません



次に
DCP-J973NとDCP-J968Nの機能の違いをみていきましょう
続きを読む

2017年新機種ブラザーMFC-J893Nと去年のMFC-J887Nを比較しましたその違いは
どちらもA4ですがビジネスで使える複合機でブラザー対決ですファックスとADFつきです

比較項目MFC-J893NMFC-J887N
本体カラー
液晶モニター2.7型2.7型
大きさ収納時で幅400×奥行341×高さ172(mm)収納時で幅400×奥行341×高さ172(mm)
重さ約8.6kg約8.6kg
消費電力約18W約19W
インク4色5色
印刷速度約14秒(L版写真)14秒(L版写真)
印刷コスト約18.6円約18.6円
価格

※1.印刷速度やコストはブラザーのL版印刷での測定環境から紹介しています
よってメーカーの考えから若干差が生じる可能性もありますご了承願います


さすがに同門対決で違いはほとんど見当たりません
しかも見た目も似ていますね



次に
MFC-J893NとMFC-J887Nの機能の違いをみていきましょう
続きを読む

2017年新機種ブラザーMFC-J893NとキャノンTR7530を比較しましたその違いは
どちらもA4ですがビジネスで使える複合機です
ということでファックスとADFつきです

比較項目MFC-J893NTR7530
本体カラー
液晶モニター2.7型3.0型
大きさ収納時で幅400×奥行341×高さ172(mm)収納時で幅438×奥行350×高さ190(mm)
重さ約8.6kg約7.9kg
消費電力約18W約14W
インク4色5色
印刷速度約14秒(L版写真)約31秒(L版写真)
印刷コスト約18.6円約17.2円
価格

※1.印刷速度やコストはキャノンやブラザーのL版印刷での測定環境から紹介しています
よってメーカーの考えから若干差が生じる可能性もありますご了承願います


仕様からMFC-J893NとTR7530は大きな変わりはないですね
インクの色域と印刷スピードあたりでしょうか強いていうなら




次に
MFC-J893NとTR7530の機能の違いをみていきましょう
続きを読む

2017年の新製品キャノンTS3130とブラザーDCP-J572N7を比較しましたその違いはどちらもシンプルなモデルです

比較項目TS3130DCP-J572N
本体カラー黒・白の2色
液晶モニターモノクロ1.5型2.7型
大きさ収納時で幅435×奥行316×高さ145(mm)収納時で幅400×奥行341×高さ151(mm)
重さ約3.9kg約7.1kg
消費電力約11W約17W
インク4色4色
印刷速度約52秒(L版写真)約34秒(L版写真)
印刷コスト約21.7円約18.6円
価格

※1.印刷速度やコストはブラザーやキャノンのL版印刷での測定環境から紹介しています
よってメーカーの考えから若干差が生じる可能性もありますご了承願います



仕様からTS3130とDCP-J572Nは違いはあります


ほぼ大きさは同じなんですが重さが倍近いほど差がありますこれ要チェックでしょうか
印刷速度やコストはDCP-J572Nが有利です


次に
TS3130とDCP-J572Nの機能の違いをみていきましょう
続きを読む

2017年の新製品エプソンEP710AとブラザーDCP-J572N7を比較しましたその違いはどちらもシンプルなモデルです

比較項目EP710ADCP-J572N
本体カラー
液晶モニター1.44型2.7型
大きさ収納時で幅390×奥行338×高さ163(mm)収納時で幅400×奥行341×高さ151(mm)
重さ約5.9kg約7.1kg
消費電力約15W約17W
インク6色4色
印刷速度約17秒(L版写真)約34秒(L版写真)
印刷コスト約26.5円約18.6円
価格

※1.印刷速度やコストはブラザーやエプソンのL版印刷での測定環境から紹介しています
よってメーカーの考えから若干差が生じる可能性もありますご了承願います



仕様からEP710AとDCP-J572Nは違いはあります


ほぼ大きさは同じなんですが重さがDCP-J572Nはあります
印刷速度はEP710AなんですがコストはDCP-J572Nとどちらも一長一短な結果になってます


次に
EP710AとDCP-J572Nの機能の違いをみていきましょう
続きを読む

2017年新発売エプソンEP810AとブラザーDCP-J973Nを比較しましたその違いは
EP810はシリーズの中間機、DCP-J973Nはトップマシーン

比較項目EP810ADCP-J973N
本体カラー黒・白の2色黒・白の2色
液晶モニター2.7型2.7型
大きさ収納時で幅390×奥行339×高さ141(mm)収納時で幅400×奥行341×高さ172(mm)
重さ約6.9kg約8.6kg
消費電力約17W約17W
インク6色4色
印刷速度約13秒(L版写真)約14秒(L版写真)
印刷コスト約26.5円約18.6円
価格

※1.印刷速度やコストはブラザーやエプソンのL版印刷での測定環境から紹介しています
よってメーカーの考えから若干差が生じる可能性もありますご了承願います



仕様からEP810AとDCP-J973N違いはあります


EP810Aがコンパクトさやデザインなどインクの色域などほとんど有利ですが
ただ印刷コストはDCP-J973Nが安くすみそうです


次に
EP810AとDCP-J973Nの機能の違いをみていきましょう
続きを読む

2017年発売の新製品エプソンEP880AとブラザーDCP-J973Nを比較しました
その違いは、両者A4インクジェット複合機ですが売れ筋モデルの対決です

比較項目EP880ADCP-J973N
本体カラー黒・白・赤・ベージュの4色黒・白の2色
液晶モニター4.3型2.7型
大きさ収納時で幅349×奥行340×高さ142(mm)収納時で幅400×奥行341×高さ172(mm)
重さ約6.8kg約8.6kg
消費電力約20W約17W
インク6色4色
印刷速度約13秒(L版写真)約14秒(L版写真)
印刷コスト約20.6円約18.6円
価格

※1.印刷速度やコストはエプソンやブラザーのL版印刷での測定環境から紹介しています
よってメーカーの考えから若干差が生じる可能性もありますご了承願います



仕様からEP880AとDCP-J973Nは概算データから差はでています


一言でいって全てにおいて今のところEP880Aが有利ですね
大きさとかインクのポテンシャルと3年ほど差があるように見えます
さすがEP880Aはトップモデルです


次に
EP880AとDCP-J973Nの機能の違いをみていきましょう
続きを読む

2017年新発売のキャノンTS5130とブラザーDCP-J973Nを比較しましたその違いはただし、キャノンはこのシリーズ5機種対してブラザーは2機種なのでずれは多少あるかもしれません

比較項目TS5130DCP-J973N
本体カラー黒・白の2色黒・白の2色
液晶モニター2.5型2.7型
大きさ収納時で幅425×奥行315×高さ147(mm)収納時で幅400×奥行341×高さ172(mm)
重さ約6.5kg約8.6kg
消費電力約14W約17W
インク4色4色
印刷速度約36秒(L版写真)約14秒(L版写真)
印刷コスト約19.5円約18.6円
価格

※1.印刷速度やコストはキャノンやブラザーのL版印刷での測定環境から紹介しています
よってメーカーの考えから若干差が生じる可能性もありますご了承願います


仕様からTS5130とDCP-J973Nには小さな差がありました


TS5130とDCP-J973Nは大きさや重さはTS5130がかなり有利ですが
その他特にスピードに関してはかなりの差でDCP-J973Nが有利となりました


次に
TS5130とDCP-J973Nの機能の違いをみていきましょう
続きを読む

2017年に新発売したキャノンTS6130とブラザーDCP-J973Nの違いはを比較しました。立ち位置は両機種微妙ですというのもキャノンは5台ほど発売したんですがブラザーは2台だからです

比較項目TS6130DCP-J973N
本体カラー黒・白の2色黒・白の2色
液晶モニター3.0型2.7型
大きさ収納時で幅372×奥行315×高さ139(mm)収納時で幅400×奥行341×高さ172(mm)
重さ約6.2kg約8.6kg
消費電力約14W約17W
インク5色4色
印刷速度約31秒(L版写真)約14秒(L版写真)
印刷コスト約17.2円約18.6円
価格

※1.印刷速度やコストはキャノンやブラザーのL版印刷での測定環境から紹介しています
よってメーカーの考えから若干差が生じる可能性もありますご了承願います


仕様からTS6130とDCP-J973Nは仕様からいくつか差がありました


TS6130の方がかなりコンパクトで軽いですね昔からブラザーはこのあたりは力を入れていません
インクも差があります今までの中で唯一ブラザーが有利なのはスピードですね


次に
TS6130とDCP-J973Nの機能の違いをみていきましょう
続きを読む

エプソンEW-M571Tは2017年の新製品EP-M570Tは去年のモデルを比較しましたその違いはどちらもエコタイプ搭載モデルです。最近エプソンが新たに作ったジャンルです印刷コストに重きを置いています

比較項目EW-M571TEP-M570T
本体カラー
液晶モニター1.44型1.44型
大きさ収納時で幅375×奥行347×高さ187(mm)収納時で幅445×奥行304×高さ169(mm)
重さ約5.5kg約5.0kg
消費電力約12W約13W
インク4色4色
印刷速度約76秒(L版写真)約74秒(L版写真)
印刷コスト約5.9円約5.6円
価格

※1.印刷速度やコストはキャノンやエプソンのL版印刷での測定環境から紹介しています
よってメーカーの考えから若干差が生じる可能性もありますご了承願います



仕様からEW-M571TとEP-M570T大きな違いはないですね


どの項目も差は大きくはないです印刷コストは両者少ないです一般的なA4インクジェット複合機に比べれば1/3ほどです。ただ速度は気になりますね遅いですね両者


次に
EW-M571TとEP-M570Tの機能の違いをみていきましょう
続きを読む

エプソンEP710Aは2017年の新製品EP709Aは去年のモデルを比較しましたその違いはどちらもシンプルなモデルです

比較項目EP710AEP709A
本体カラー
液晶モニター1.44型1.44型
大きさ収納時で幅390×奥行338×高さ163(mm)収納時で幅390×奥行338×高さ163(mm)
重さ約5.9kg約6.0kg
消費電力約15W約15W
インク6色6色
印刷速度約17秒(L版写真)約17秒(L版写真)
印刷コスト約26.5円約26.5円
価格

※1.印刷速度やコストはキャノンやエプソンのL版印刷での測定環境から紹介しています
よってメーカーの考えから若干差が生じる可能性もありますご了承願います



仕様からEP710AとEP709A大きな違いはないですね


EP710Aの新商品の進化が感じられないということでしょうか
その証拠にEP710AとEP709Aのインクが同じものです



次に
EP710AとEP709Aの機能の違いをみていきましょう
続きを読む

2017年発売の新製品エプソンEP880Aと去年のEP879Aを比較しました
その違いは、両者A4インクジェット複合機ですが最高峰モデルで売れ筋タイプ

比較項目EP880AEP879A
本体カラー黒・白・赤・ベージュの4色黒・白・赤の3色
液晶モニター4.3型2.7型
大きさ収納時で幅349×奥行340×高さ142(mm)収納時で幅349×奥行340×高さ142(mm)
重さ約6.8kg約6.7kg
消費電力約20W約19W
インク6色6色
印刷速度約13秒(L版写真)約13秒(L版写真)
印刷コスト約20.6円約20.6円
価格

※1.印刷速度やコストはキャノンやエプソンのL版印刷での測定環境から紹介しています
よってメーカーの考えから若干差が生じる可能性もありますご了承願います



仕様からEP880AとEP879Aは概算データからあまり差がありません


大きさや印刷速度、コストと変わりがありません
液晶モニターが去年のEP879Aより大きくなりましたね


次に
EP880AとEP879Aの機能の違いをみていきましょう
続きを読む

2017年新発売キャノンTS5130と去年のTS5030を比較しましたその違いは
キャノンからはエントリーモデルとの位置づけですが下位機種です

比較項目TS5130TS5030
本体カラー黒・白の2色黒・白の2色
液晶モニター2.5型3.0型
大きさ収納時で幅425×奥行315×高さ147(mm)収納時で幅372×奥行315×高さ128(mm)
重さ約6.5kg約5.5kg
消費電力約14W約12W
インク4色5色
印刷速度約36秒(L版写真)約33秒(L版写真)
印刷コスト約19.5円約15.1円
価格

※1.印刷速度やコストはキャノンやエプソンのL版印刷での測定環境から紹介しています
よってメーカーの考えから若干差が生じる可能性もありますご了承願います


仕様からTS5130とTS5030は仕様からは差がありますね


TS5130はTS5030にほとんどの面で劣って見えます
TS5130のインクは去年のもので独立していませんその点TS5030は5色
独立ですコスト面に現れています


次に
TS5130とTS5030の機能の違いをみていきましょう
続きを読む

2017年新発売キャノンTS6130と去年のTS6030を比較しましたその違いは
両機種ですがキャノンからはスタンダードモデルという位置付けです中間機です

比較項目TS6130TS6030
本体カラー黒・白の2色黒・白の2色
液晶モニター3.0型3.0型
大きさ収納時で幅372×奥行315×高さ139(mm)収納時で幅372×奥行315×高さ139(mm)
重さ約6.2kg約6.2kg
消費電力約14W約13W
インク5色5色
印刷速度約31秒(L版写真)約33秒(L版写真)
印刷コスト約17.2円約15.1円
価格

※1.印刷速度やコストはキャノンやエプソンのL版印刷での測定環境から紹介しています
よってメーカーの考えから若干差が生じる可能性もありますご了承願います


仕様からTS6130とTS6030は仕様からはそんなに差がありませんね


ほとんど一緒ですね去年と基本は同じ考えだったのでしょう速度が若干印刷コストは
TS6030は増量インクを投入したんですが2017年は小容量インクを投入でその差です


次に
TS6130とTS6030の機能の違いをみていきましょう
続きを読む

2017年新発売キャノンTS8130と去年のTS8030を比較しましたその違いは
両者ハイスペックモデルで最高峰機種に次ぐ高性能です

比較項目TS8130TS8030
本体カラー黒・白・赤の3色黒・白・赤・茶の4色
液晶モニター4.3型4.3型
大きさ収納時で幅372×奥行324×高さ139(mm)収納時で幅372×奥行324×高さ139(mm)
重さ約6.5kg約6.5kg
消費電力約16W約16W
インク6色6色
印刷速度約18秒(L版写真)約18秒(L版写真)
印刷コスト約19.4円約15.9円
価格

※1.印刷速度やコストはキャノンやエプソンのL版印刷での測定環境から紹介しています
よってメーカーの考えから若干差が生じる可能性もありますご了承願います


仕様からTS8130とTS8030はほとんど差がありません


印刷コストがTS8030の方が有利なのは大容量タイプがあるからです
TS8130は逆に標準の他は小容量となっておりますこの差がデータに反映されました


次に
TS8130とTS8030の機能の違いをみていきましょう
続きを読む

キャノンXK70とTS9030を比較しましたその違いは
2017年発売のXK70ですがTS9030は去年のモデル2016年ものです
どちらもプレミアムモデルでA4インクジェット複合機の最高峰

比較項目XK70TS9030
本体カラーブラック赤と白の2種
液晶モニター5.0型5.0型
大きさ収納時で幅372×奥行324×高さ140(mm)収納時で幅372×奥行324×高さ140(mm)
重さ約6.7kg約6.7kg
消費電力約16W約14W
インク6色6色
印刷速度約14秒(L版写真)約18秒(L版写真)
印刷コスト約12.5円約15.9円
価格

※1.印刷コストは大容量のインクとL版写真


※2.印刷速度やコストはキャノンやエプソンのL版印刷での測定環境から紹介しています
よってメーカーの考えから若干差が生じる可能性もありますご了承願います


仕様からXK70とTS9030は意外というかやっぱりというか大きな差はないですね
XK70今年は新インクを投入していますその結果でしょうか印字速度やコストが進化しています


見た目のデザインはXK70よりTS9030の方が華やかでしょうか
よく似たデザインですが色のせいでしょうか
XK70とTS9030の機能の違いをみていきましょう
続きを読む

2017年発売のブラザー新商品プリビオシリーズの
DCP-J973NとDCP-J572Nの違いを比較
ブラザーの年賀状2台主力インクジェットプリンターです

比較項目DCP-J973NDCP-J572N
本体カラー黒・白の2色
液晶モニター2.7型2.7型
大きさ収納時で幅400×奥行341×高さ172(mm)収納時で幅400×奥行341×高さ151(mm)
重さ約8.6kg約7.1kg
消費電力約17W約17W
インク4色4色
印刷速度約14秒(L版フチなし)約34秒(L版フチなし)
印刷コスト約18.6円約18.6円
価格

※1.印刷速度やコストはブラザーのL版印刷での測定環境から紹介しています
よってメーカーの考えから若干差が生じる可能性もありますご了承願います


仕様からDCP-J973NとDCP-J572Nは細かな差はありますが
基本的にはその差は小さいですね


大きさがDCP-J973Nが高さや重さがあるのはADFですねスピードは差がありますねこれは要注意です黒が欲しい方はDCP-J973Nになります


次に
DCP-J973NとDCP-J572Nの機能の違いをみていきましょう
続きを読む

2017年新発売のキャノンTS5130とエプソンEP710Aを比較しましたその違いはどちらも下位モデルに近い位置づけです

比較項目TS5130EP710A
本体カラー黒・白の2色
液晶モニター2.5型1.44型
大きさ収納時で幅425×奥行315×高さ147(mm)収納時で幅390×奥行338×高さ163(mm)
重さ約6.5kg約5.9kg
消費電力約14W約15W
インク4色6色
印刷速度約36秒(L版写真)約17秒(L版写真)
印刷コスト約19.5円約26.5円
価格

※1.印刷速度やコストはキャノンやエプソンのL版印刷での測定環境から紹介しています
よってメーカーの考えから若干差が生じる可能性もありますご了承願います


仕様からTS5130とEP710Aは仕様からの数値は当然かもしれませんが差はありますね


TS5130とEP710Aどちらも一長一短があります印刷スピードの差が大きいですね
逆に印字コストはTS5130が有利ですがインクが4色なので6色のEP710Aの方が
色域はよさそうです。ちなみに両機種去年のインクです


次に
TS5130とEP710Aの機能の違いをみていきましょう
続きを読む

2017年に新発売したキャノンTS6130とエプソンEP810Aの違いはを比較しました。立ち位置は両機種とも中間です不要な機能はカットしています

比較項目TS6130EP810A
本体カラー黒・白の2色黒・白の2色
液晶モニター3.0型2.7型
大きさ収納時で幅372×奥行315×高さ139(mm)収納時で幅390×奥行339×高さ141(mm)
重さ約6.2kg約6.9kg
消費電力約14W約14W
インク5色6色
印刷速度約31秒(L版写真)約13秒(L版写真)
印刷コスト約17.2円約26.5円
価格

※1.印刷速度やコストはキャノンやエプソンのL版印刷での測定環境から紹介しています
よってメーカーの考えから若干差が生じる可能性もありますご了承願います


仕様からTS6130とEP810Aは仕様からいくつか差がありました


エプソンはコンパクトなイメージがあったんですがキャノンのEP6130の方が重さはじめ小さいようです大きな差に見えたのが印刷スピードエプソン有利だけどコストが今度はキャノンという具合です(要注意です)


次に
TS6130とEP810Aの機能の違いをみていきましょう
続きを読む

2017年発売のキャノンTS8130とエプソンEP880Aを比較しましたその違いは
両機種ともA4インクジェット複合機での売れ筋でトップモデル

比較項目TS8130EP880A
本体カラー黒・白・赤の3色黒・白・赤・ベージュの4色
液晶モニター4.3型4.3型
大きさ収納時で幅372×奥行324×高さ139(mm)収納時で幅349×奥行340×高さ142(mm)
重さ約6.5kg約6.8kg
消費電力約16W約20W
インク6色6色
印刷速度約18秒(L版写真)約13秒(L版写真)
印刷コスト約19.4円約20.6円
価格

※1.印刷速度やコストはキャノンやエプソンのL版印刷での測定環境から紹介しています
よってメーカーの考えから若干差が生じる可能性もありますご了承願います


仕様からTS8130とEP880Aは細かな差はありますが
その差は小さいですね


見た目勝負なところがありそうですデザイン的にどっちがお好みでしょうか
表向きから見えませんが色域とかの話ですがインクは6色でTS8130もEP880Aも
同じなんですがキャノンは新インク採用でエプソンは去年のままこれは残念ですね


次に
TS8130とTS6130の機能の違いをみていきましょう
続きを読む

エプソンEP-50VとEP-10VAを比較しましたその違いはエプソンの位置づけは両機種カラリオ最高画質でよりキレイによりお得にプリントしたい人への提案です。EP-50Vは2017年発売ですがEP-10VAは2年ほど前の機種です

比較項目EP-50VEP-10VA
本体カラー
液晶モニター2.4型4.3型
大きさ収納時で幅476×奥行369×高さ159(mm)収納時で幅479×奥行395×高さ168(mm)
重さ約8.5kg約9.5kg
消費電力約21W約16W
インク6色6色
印刷速度約34秒(L版写真)約33秒(L版写真)
印刷コスト約12.7円約12.7円
価格

※1.印刷速度やコストはキャノンやエプソンのL版印刷での測定環境から紹介しています
よってメーカーの考えから若干差が生じる可能性もありますご了承願います



仕様からEP-50VとEP-10VAは結構違います


印字コストや速度はほとんど差はありませんが大きさや重さには大きな違いが液晶モニターがEP-10VAの方が立派でワイドでタッチパネルですEP-50Vはありません


そして根本的な差が・・EP-50Vはプリンターで範囲がカード/名刺~A3ノビに対し
EP-10VAはプリンター他コピーやスキャン機能が付いています範囲はL版~A3
複合機が必要かL版でいいのか名刺まで必要なのか


次に
EP-50VとEP-10VAの機能の違いをみていきましょう
続きを読む

エプソンEP-50VとEP-30VAを比較しましたその違いは
エプソンの位置づけは両機種カラリオ最高画質でよりキレイによりお得にプリントしたい人への提案です。EP-50Vは2017年発売ですがEP-30VAは去年の機種です

比較項目EP-50VEP-30VA
本体カラー
液晶モニター2.4型4.3型
大きさ収納時で幅476×奥行369×高さ159(mm)収納時で幅390×奥行339×高さ141(mm)
重さ約8.5kg約7.0kg
消費電力約21W約15W
インク6色6色
印刷速度約34秒(L版写真)約33秒(L版写真)
印刷コスト約12.7円約12.7円
価格

※1.印刷速度やコストはキャノンやエプソンのL版印刷での測定環境から紹介しています
よってメーカーの考えから若干差が生じる可能性もありますご了承願います



仕様からEP-50VとEP-30VAは結構違います


印字コストや速度はほとんど差はありませんが大きさや重さには大きな違いが液晶モニターがEP-30VAの方が立派でワイドでタッチパネルですEP-50Vはありません


そして根本的な差が・・EP-50Vはプリンターで範囲がカード/名刺~A3ノビに対し
EP-30VAはプリンター他コピーやスキャン機能が付いています範囲はL版~A4
複合機が必要かA3サイズはどうかA4でいいのかここで決定しそうな感じです


次に
EP-50VとEP-30VAの機能の違いをみていきましょう
続きを読む

エプソンEP810AとEP710Aを比較しましたその違いは
2017年発売の新機種ですがエプソンから写真も文書も
キレイなプリントを簡単に楽しみたい人向け2機種です

比較項目EP810AEP710A
本体カラー黒・白の2色
液晶モニター2.7型1.44型
大きさ収納時で幅390×奥行339×高さ141(mm)収納時で幅390×奥行338×高さ163(mm)
重さ約6.9kg約5.9kg
消費電力約17W約15W
インク6色6色
印刷速度約13秒(L版写真)約17秒(L版写真)
印刷コスト約26.5円約26.5円
価格

※1.印刷速度やコストはキャノンやエプソンのL版印刷での測定環境から紹介しています
よってメーカーの考えから若干差が生じる可能性もありますご了承願います



仕様からEP810AとEP710A大きな違いはないですね


大きさですねEP810A対してEP710Aの方が高さがあります
インクも両方6色で印刷速度に若干差がある程度ですが気にならないです


次に
EP810AとEP710Aの機能の違いをみていきましょう
続きを読む

エプソンEP880AとEP810Aを比較しましたその違いは
2017年発売の新機種ですがエプソンから写真も文書も
キレイなプリントを簡単に楽しみたい人向け2機種です

比較項目EP880AEP810A
本体カラー黒・白・赤・ベージュの4色黒・白の2色
液晶モニター4.3型2.7型
大きさ収納時で幅349×奥行340×高さ142(mm)収納時で幅390×奥行339×高さ141(mm)
重さ約6.8kg約6.9kg
消費電力約20W約17W
インク6色6色
印刷速度約13秒(L版写真)約13秒(L版写真)
印刷コスト約20.6円約26.5円
価格

※1.印刷速度やコストはキャノンやエプソンのL版印刷での測定環境から紹介しています
よってメーカーの考えから若干差が生じる可能性もありますご了承願います

※2.印刷コストですがEP880Aには増量インクがありそちらで記載によりEP810Aより単価が低くなっています


仕様からEP880AとEP810Aは見た目がちょっと違います


大きさですねEP810A対してEP880Aの方がコンパクトに更に選べる色が多い
EP880Aはエプソンとしては売れ筋なので液晶モニターも大きいしタッチパネルです
EP810Aは小さいしタッチパネルではありません


次に
EP880AとEP810Aの機能の違いをみていきましょう
続きを読む

キャノンTR8530とTR7530を比較しましたその違いは
2017年発売の両機種ですがキャノンからA4ビジネスで使える複合機です
よく似た機種ですがファックスとADFつきです

比較項目TR8530TR7530
本体カラー
液晶モニター4.3型3.0型
大きさ収納時で幅438×奥行351×高さ190(mm)収納時で幅438×奥行350×高さ190(mm)
重さ約8.0kg約7.9kg
消費電力約15W約14W
インク5色5色
印刷速度約31秒(L版写真)約31秒(L版写真)
印刷コスト約17.2円約17.2円
価格

※1.印刷速度やコストはキャノンやエプソンのL版印刷での測定環境から紹介しています
よってメーカーの考えから若干差が生じる可能性もありますご了承願います


仕様からTR8530とTR7530は外観はほとんど変わりありません


液晶モニターの大きさぐらいでしょうか
インクは同じなのでスピードや印字コストはまったく同じです



次に
TR8530とTR7530の機能の違いをみていきましょう
続きを読む

キャノンTS5130とTS3130を比較しましたその違いは
2017年発売の両機種ですがキャノンからはエントリーモデルと
シンプルモデルとの位置づけ早い話が下位機種2台です

比較項目TS5130TS3130
本体カラー黒・白の2色黒・白の2色
液晶モニター2.5型1.5型モノクロ
大きさ収納時で幅425×奥行315×高さ147(mm)収納時で幅435×奥行316×高さ145(mm)
重さ約6.5kg約3.9kg
消費電力約14W約11W
インク4色4色
印刷速度約36秒(L版写真)約52秒(L版写真)
印刷コスト約19.5円約21.7円
価格

※1.印刷速度やコストはキャノンやエプソンのL版印刷での測定環境から紹介しています
よってメーカーの考えから若干差が生じる可能性もありますご了承願います


仕様からTS5130とTS3130は仕様からは細かく差をつけてますね


TS3130はTS5130にほとんどの面で劣っています
明らかに勝っているのは重さですねかなり軽いさすがシンプルモデルだからですね
印字スピードの差は大きいですね


次に
TS5130とTS3130の機能の違いをみていきましょう
続きを読む

キャノンTS6130とTS5130を比較しましたその違いは
2017年発売の両機種ですがキャノンからはスタンダードモデルと
エントリーモデルとの位置づけ要するに中間機です

比較項目TS6130TS5130
本体カラー黒・白の2色黒・白の2色
液晶モニター3.0型2.5型
大きさ収納時で幅372×奥行315×高さ139(mm)収納時で幅425×奥行315×高さ147(mm)
重さ約6.2kg約6.5kg
消費電力約14W約14W
インク5色4色
印刷速度約31秒(L版写真)約36秒(L版写真)
印刷コスト約17.2円約19.5円
価格

※1.印刷速度やコストはキャノンやエプソンのL版印刷での測定環境から紹介しています
よってメーカーの考えから若干差が生じる可能性もありますご了承願います


仕様からTS6130とTS5130は仕様からはそんなに差がありませんね


気になったのが大きさですねTS6130はコンパクトですがTS5130は大きくなりますその結果、重さがTS5130の方が重い。そしてインクがTS5130はカラー一体化の為TS6130の方が色域や独立タンクということでエコでしょうね


次に
TS6130とTS5130の機能の違いをみていきましょう
続きを読む

キャノンTS8130とTS6130を比較しましたその違いは
2017年発売の両機種ですがキャノンからハイスペックモデルと
スタンダードモデルとの位置づけ

比較項目TS8130TS6130
本体カラー黒・白・赤の3色黒・白の2色
液晶モニター4.3型3.0型
大きさ収納時で幅372×奥行324×高さ139(mm)収納時で幅372×奥行315×高さ139(mm)
重さ約6.5kg約6.2kg
消費電力約16W約14W
インク6色5色
印刷速度約18秒(L版写真)約31秒(L版写真)
印刷コスト約19.4円約17.2円
価格

※1.印刷速度やコストはキャノンやエプソンのL版印刷での測定環境から紹介しています
よってメーカーの考えから若干差が生じる可能性もありますご了承願います


仕様からTS8130とTS6130は結構細かく差はつけてますね


液晶モニターの大きさやインクがTS8130が6色でTS6130が5色なので
色域が当然TS8130がよさそうです。が逆にコストは若干高くなります
一番驚いたのがスピード倍とはいいませんがなかなかの差です


次に
TS8130とTS6130の機能の違いをみていきましょう
続きを読む

キャノンXK50とTS8130を比較しましたその違いは
2017年発売の両機種ですがキャノンからはXK50がプレミアム
TS8130がA4複合機のハイスペックモデルとのこと、しかし見た目は似てますね

比較項目XK50TS8130
本体カラーシルバー黒・白・赤の3色
液晶モニター4.3型4.3型
大きさ収納時で幅372×奥行324×高さ139(mm)収納時で幅372×奥行324×高さ139(mm)
重さ約6.5kg約6.5kg
消費電力約16W約16W
インク6色6色
印刷速度約14秒(L版写真)約18秒(L版写真)
印刷コスト約12.5円約19.4円
価格XK50の価格比較
TS8130 BLACKで価格比較

※1.印刷コストは大容量のインクとL版写真(XK50)、しかしTS8130はインクが大容量無しにより標準インクとなってますよってコストはXK50が有利


※2.印刷速度やコストはキャノンやエプソンのL版印刷での測定環境から紹介しています
よってメーカーの考えから若干差が生じる可能性もありますご了承願います


仕様からXK50とTS8130は大きな差はないですね生き写しぽさがあります
しかしインクは両機種新規採用ですが違うものを使っています
結果、スピードが速い、印字コスト有利はXK50になっています(要チェック)


次に
XK50とTS8130の機能の違いをみていきましょう
続きを読む

キャノンXK70とXK50を比較しましたその違いは
2017年発売の両機種ですがどちらもプレミアムシリーズの位置づけです
キャノンインクジェットプリンター複合機で最高峰の2台であるわけです

比較項目XK70XK50
本体カラーブラックシルバー
液晶モニター5.0型4.3型
大きさ収納時で幅372×奥行324×高さ140(mm)収納時で幅372×奥行324×高さ139(mm)
重さ約6.7kg約6.5kg
消費電力約16W約16W
インク6色6色
印刷速度約14秒(L版写真)約14秒(L版写真)
印刷コスト約12.5円約12.5円
価格XK70価格比較
XK50価格比較

※1.印刷コストは大容量のインクとL版写真


※2.印刷速度やコストはキャノンやエプソンのL版印刷での測定環境から紹介しています
よってメーカーの考えから若干差が生じる可能性もありますご了承願います


仕様からXK70とXK50は大きな差はないですね
インクが同じなので印刷スピードやコストは一緒です


見た目のデザインはXK70とXK50は違います
XK50は下位モデルと同じデザインですが
XK70は特別感があります。では機能の差はどうなんでしょうか
続きを読む

ブラザー新製品複合機MFC-J6980CDWとMFC-J6580CDWを比較しましたその違いは両機種貴重なA3サイズを使える複合機ですまずは仕様から比較してみました

比較項目MFC-J6980CDWMFC-J6580CDW
本体カラー
液晶モニター3.7型タッチパネル2.7型タッチパネル
大きさ幅575×奥行477×高さ375(mm)幅575×奥行477×高さ305(mm)
重さ約23.4kg約19.8kg
消費電力(コピー時)約28W約28W
インク4色(LC3119と3117)4色(LC3119と3117)
印刷速度約20ipm約20ipm
印刷コスト約6.0円約6.0円
価格 MFC-J6980CDW (FAX付) MFC-J6580CDW (FAX付)

※印刷速度やコストはブラザーの測定環境から紹介しています



MFC-J6980CDWとMFC-J6580CDWの違いは
上記の仕様からはほとんど変わりがありません
液晶モニターあたりと価格でしょうか


MFC-J6980CDWとMFC-J6580CDWの両者の大きな特徴が
A3というキーワードです
プリントにコピーにスキャンにFAXと最大A3対応です


MFC-J6980CDWとMFC-J6580CDWとも
自動両面プリント最大A3ですが両面同時スキャンはMFC-J6980CDWだけ




ランニングコストを詳しくいいますと
MFC-J6980CDWとMFC-J6580CDWはA4カラー文書で約6円/枚
A4モノクロ文書で約1.3円/枚



MFC-J6980CDWにはADF付き50枚
MFC-J6580CDWはADF付き30枚


MFC-J6980CDWは2段給紙トレイあり
MFC-J6580CDWは1段給紙です



スマートフォンやタブレットにも対応しています
Brother iPrint&Scan
AirPrint
NFC対応はMFC-J6980CDWでMFC-J6580CDWにはありません

NFCとは
スマホをプリンターにかざすだけで
選んだ写真が面倒な設定なしで印刷



MFC-J6980CDWとMFC-J6580CDW両者有線/無線LANできます



MFC-J6980CDWとMFC-J6580CDW両者Wi-FiDirect



MFC-J6980CDWとMFC-J6580CDW違い


大きな違いはありません
強いて言えば価格でしょうか


ブラザーとしてもWORKシリーズというブランドということで
ビジネス向けであるのは想像できますが
完全な業務用複合機ではありません


厳密にはSOHO向けでしょうか
MFC-J6980CDWとMFC-J6580CDWどっちかは
細かな違いで必要か不要で選べばよさそうです


MFC-J6980CDWとMFC-J6580CDWは価格で1万以上差があります

↑このページのトップヘ