ブラザー新製品複合機MFC-J6980CDWとMFC-J6580CDWを比較しましたその違いは両機種貴重なA3サイズを使える複合機ですまずは仕様から比較してみました

比較項目MFC-J6980CDWMFC-J6580CDW
本体カラー
液晶モニター3.7型タッチパネル2.7型タッチパネル
大きさ幅575×奥行477×高さ375(mm)幅575×奥行477×高さ305(mm)
重さ約23.4kg約19.8kg
消費電力(コピー時)約28W約28W
インク4色(LC3119と3117)4色(LC3119と3117)
印刷速度約20ipm約20ipm
印刷コスト約6.0円約6.0円
価格 MFC-J6980CDW (FAX付) MFC-J6580CDW (FAX付)

※印刷速度やコストはブラザーの測定環境から紹介しています



MFC-J6980CDWとMFC-J6580CDWの違いは
上記の仕様からはほとんど変わりがありません
液晶モニターあたりと価格でしょうか


MFC-J6980CDWとMFC-J6580CDWの両者の大きな特徴が
A3というキーワードです
プリントにコピーにスキャンにFAXと最大A3対応です


MFC-J6980CDWとMFC-J6580CDWとも
自動両面プリント最大A3ですが両面同時スキャンはMFC-J6980CDWだけ




ランニングコストを詳しくいいますと
MFC-J6980CDWとMFC-J6580CDWはA4カラー文書で約6円/枚
A4モノクロ文書で約1.3円/枚



MFC-J6980CDWにはADF付き50枚
MFC-J6580CDWはADF付き30枚


MFC-J6980CDWは2段給紙トレイあり
MFC-J6580CDWは1段給紙です



スマートフォンやタブレットにも対応しています
Brother iPrint&Scan
AirPrint
NFC対応はMFC-J6980CDWでMFC-J6580CDWにはありません

NFCとは
スマホをプリンターにかざすだけで
選んだ写真が面倒な設定なしで印刷



MFC-J6980CDWとMFC-J6580CDW両者有線/無線LANできます



MFC-J6980CDWとMFC-J6580CDW両者Wi-FiDirect



MFC-J6980CDWとMFC-J6580CDW違い


大きな違いはありません
強いて言えば価格でしょうか


ブラザーとしてもWORKシリーズというブランドということで
ビジネス向けであるのは想像できますが
完全な業務用複合機ではありません


厳密にはSOHO向けでしょうか
MFC-J6980CDWとMFC-J6580CDWどっちかは
細かな違いで必要か不要で選べばよさそうです


MFC-J6980CDWとMFC-J6580CDWは価格で1万以上差があります