インクジェット プリンターとインク@正しい選び方

詰め替え、激安、最安値、口コミ、エプソン、キャノン、楽天、評判、リサイクル、互換、汎用、純正、HP、ブラザー、薄い、訴訟

カテゴリ: 2015年おすすめ

A3プリンター
A4プリンターに比べて少数派ですが

安心ください
今年も新機種がA3プリンター発売されました


キャノンとエプソンを主と考えたんですが
絶対数が少ないのでブラザーも紹介します

まずはエプソンです
2017年の新製品です

A3ノビまでの高品質モデルです。新インクソリの投入で色域は期待できそうです



エコタンク搭載A3ノビ対応インクジェット複合機ですプリンター・コピー・スキャナ・FAX・ADFありオールインワン



エコタンク搭載のA3カラーインクジェットプリンター
続きを読む

カシオのPCP2400インクは厳密に言えば
去年発売の年賀状プリンター

PCP2400で使う消耗品が
こちら
>>> カシオ プリン写ル専用カートリッジ PI-110C

>>> プリン写ル専用L判フォト光沢用紙(50枚入り) PO-150

>>> プリン写ル シール用紙 PO-165


PCP2400インクといえばPI110Cというカラー一体型
なのでインク代としては高くつきますが・・・。


こんなのもあります


詰め替えインクですがこれらはメーカーと対です
つまりカシオは認めていない
ので自己責任です

しかし詰め替えインクは確かに安いですね
そんなに年賀状やはがきを印刷しないなら純正が無難です

BCI-351+350互換インク

このシリーズにはBCI-351の黒と
シアン、マゼンダ、イエローと
BCI-350の黒の5種類のタイプと


+グレーの6種類があります
それぞれBCI351+350 5P
BCI351+350 6Pのパックインクがあります


インクは純正が基本なんですが
大きな値引きはありません

当然高品質なのですが
高いですね

大量に印刷したり
年賀状シーズンには互換インクや詰め替えを使いたくなります


例えばBCI-351+350互換インク

5P



6P




BCI-350互換インクなら




BCI-351+350互換インクとは
メーカーではない業者が作っているので信頼度は低いですが

やはり安いですね

安くなかったら売れないわけですが当然といえばトウゼンです
関連でエコリカというリサイクルインクってのがあります


ここは空のインクカートリッジを集めて
メーカーが認めないインク(液)を詰替えて販売します
空カートリッジのクリーニングや詰める手間がある為価格は高いです



BCI-351+350互換インクは
メーカーとは対です

故障はインクのせいだということもあるかもしれません
過去には裁判も起こっています
純正インク以外を使うにはリスク管理が必要です


BCI-351+350互換で要注意は
業者が小企業が多いので不良品のときには対応に不安が残ります
初期不良なんかが多いかもしれません



エレコムのような上場企業の方が気休めになるかも・・・。

↑このページのトップヘ