インクジェット プリンターとインク@正しい選び方

インクジェットプリンターや複合機の比較と消耗品のインクの純正、詰め替え、互換、リサイクルインクを解説

詰め替えインク
互換や詰め替えインクは1円安いじゃなくて業者選びの方が重要です>>
(純正と対なのである程度大きな会社で初期不良の対応も速やかな)

EW452Aはエプソンのインクジェット複合機です
消耗品はインクになるのですが
ブラック・シアン・マゼンダ・イエローの4色で構成されています


エプソンではEW452Aインクの純正はマグカップという名称があります


MUG-BK/C/M/Yという具合で
お得な4個パックも用意されています


EW452Aインクの純正や互換、詰め替えの比較をしてみましょう


目次

  1. EW452Aインク純正

  2. EW452Aインク詰め替え

  3. EW452Aインク互換

  4. EW452Aインクのまとめ





EW452Aインク純正


>> MUG-4CL 4色パック (目印:マグカップ)

>> MUG-BK ブラック (目印:マグカップ)

>> MUG-C シアン (目印:マグカップ)

>> MUG-M マゼンタ (目印:マグカップ)

>> MUG-Y イエロー (目印:マグカップ)

これらはメーカーの絶対消耗品の純正インクです
エプソンの純正インクは大きな値引きはありません
しかし高品質は約束されています


インクジェットプリンターのインクや消耗品はメーカーの利益の源です
メーカー以外にも子会社や協力会社、販売店なども恩恵を受けています
価格体系は崩れない


崩せない
純正インクがもし半値以下で売られているのがあれば
訳あり品や賞味期限切れでしょうか?



EW452Aインク詰め替え


liquid-933132_640
詰め替えインクは、液体だけの販売です
インクカートリッジに自分で液体を補充します

ちょっと面倒なのですが液体をこぼさないようにしなくてはなりませんし
しかし詰め替えインクは一番安いといえそうな価格です


液の挿入は自分で程度を決めれるので自由というのがいいです
しかしメーカーとは対の商品です。


また業者が空になった純正インクのカートリッジを集め
メーカーではない業者がクリーニングを施したり液を詰め替える
リサイクルインクというのがあります


リサイクルは意外と価格は高いです人件費や手間がかかるのでしょう 
このリサイクルインクは純正より安いですが互換や詰め替えインクより高いですね
もちろんリサイクルインクもメーカーとは対です



EW452Aインク互換


互換インクはメーカーではない業者が汎用インクとして独自に作ったものです
やはり純正インクに比べて互換はかなり安くなります


安くなかったら売れないわけですから当然といえば当然ですが。。


価格は安いのはわかったが疑うべきは品質ですね
やはり新品といえども純正と比べると問題はあります

互換のいいところは詰め替えと違って手間がいらないところ
メーカーの純正と同じように設置するだけです
しかしメーカーとは対なので自己責任といえます


互換でも詰め替えインクでもどうしても使うなら
やはり業者や販売先で選ぶべきですね
仮に1円安くても業者の対応がまずいと困惑します




EW452Aインクのまとめ


adult-1260380_640
EW452Aインクは純正~詰め替え、互換と色んな商品が揃っています
価格だけ見るとやはり純正以外の汎用品的なものが安いです。


ただ、詰め替えインクも互換もリサイクルも販売しているのはメーカーではない業者です
特に会社規模の小さいところが多いです。
初期不良なんかで交換がずさんであったりするリスクはあります


そして
メーカーはこのような業者とは対です
仲間ではありません


最近メーカーのサイトでもカタログでも
複合機の印字を高品質にするには純正インクを使うべきだと
そして純正インク以外のものを使うとトラブルの原因になる可能性があると


通販購入でも詰め替えだけ互換だけおすすめの業者は要注意です
価格だけPRするのは信用できません
インクは品質というのも見逃せないのです


過去メーカーと業者の間で裁判も起こっています
独占禁止法だ、いや特許侵害だと・・・
インクといえどもリスク管理は必要です

EW052Aはエプソンのインクジェット複合機です
消耗品はインクになるのですが
ブラック・シアン・マゼンダ・イエローの4色で構成されています


エプソンではEW052Aインクの純正はマグカップという名称があります


MUG-BK/C/M/Yという具合で
お得な4個パックも用意されています


EW052Aインクの純正や互換、詰め替えの比較をしてみましょう
続きを読む

↑このページのトップヘ