インクジェット プリンターとインク@正しい選び方

インクジェットプリンターや複合機の比較と消耗品のインクの純正、詰め替え、互換、リサイクルインクを解説

詰め替えインク
互換や詰め替えインクは1円安いじゃなくて業者選びの方が重要です>>
(純正と対なのである程度大きな会社で初期不良の対応も速やかな)

TS8330インクの純正、互換、詰め替えインクについて

TS8330は2019年発売のインクジェット複合機です
消耗品でインクがあります


インクは最高6種使用します
2種類の黒とシアン、マゼンダ、イエロー、グレーです
キャノンはこれらのTS8330インクに標準、小容量、大容量と用意しています


これはTS8330が売れ筋機種だから3種も選べるのでしょう
更に5個パックや6個パックというお得なものも用意しています
TS8330インク純正や互換、詰め替えと揃っています

続きを読む

2019年新発売のキャノンのG7030とブラザーのMFC-J1605を比較
PIXUSとPRIVIOの今回の共通はギガタンクやファーストタンクという各メーカー名づけてる大容量インクを使った印字コストを普段の複合機より安くするモデル

比較項目G7030MFC-J1605DN
本体カラー
液晶2行モノクロ2.7型タッチパネル
大きさ収納時で幅403×奥行369×高さ234(mm)収納時で幅435×奥行402×高さ195(mm)
重さ約9.6kg約10.0kg
消費電力(コピー時)約15W約20W
スマホプリント
印刷速度37秒/枚14秒/枚
印刷コストA4カラー文書約0.9円A4カラー文書約3.7円
ネットワーク有線&無線LAN有線&無線LAN
FAX〇子機付き
自動両面プリント
給紙方式前面1段と背面前面1段と背面
ディスクレーベル××
インク4色4色
価格G7030MFC-J1605DN

※1.印刷速度やコストはキャノン、ブラザーでの測定環境から紹介しています
(印字速度はL版フチなし)
よってメーカーの考えから若干差が生じる可能性もありますご了承願います



G7030とMFC-J1605DNですが見た目はやはり違います
両機種FAXとADFつきなのですがブラザーは子機もあります


G7030とMFC-J1605DNのお得なポイント


G7030とMFC-J1605DNも4色なので色域は期待できない
このタイプはコストを安くするのを目的なので仕方ない



G7030とMFC-J1605DNですが以前のインクジェット複合機に
比べればコストはかなり安くなるのですがこの両機種のインクコストやスピードは差があります





自動両面プリントは用紙の裏と表を入れ替える手間が省けます

1/2に用紙の節約にもなります







前面給紙と背面給紙があると便利です。
ハガキや名刺は背面給紙からといったようなのが便利です





スマホからの簡単プリントは定番です

キャノンは「Canon PRINT Inkjet/SELPHY」という無料アプリ
ブラザーなら「Brotheriprint&SCAN」





NFC搭載は両機種なし

NFCとは対応のモバイル端末なら製品も本体にかざすだけでモバイル端末内の
データをプリントしたりスキャンした内容を直接端末に取り込めます
WIFIや無線LANの設定は必要ありません






ADFは連続印刷や読み取りと便利なんですが
両機種あり






G7030とMFC-J1605DNの保証はお買い上げ後1年間ですが

その修理や部品の供給期間は製造終了から5年間が多いと思いますが

メーカーでその差もあるので気になる方はその都度確認しましょう





キャノンとブラザーは1年後の保証オプションを用意していますが
内容は違います





キャノンとエプソンはPIXUSとカラリオで長らくブランド化しています

インクジェットプリンターや複合機でいえばシェアを二分するような

国内シェアをこのメーカーが占めています。それを追いかけてきたのがブラザーです



キャノンとブラザーの印字コストが気になるのですが



G7030の最安値を見つける>>




MFC-J1605DNの最安値を見つける>>



G7030とMFC-J1605DNの価格差はほとんどありません
しかし両機種4万円以上なので大容量インクを積まない複合機やプリンターに比べればかなり高価な値付けになっています。こういう場合は月間使用枚数でコスト計算するべきです

↑このページのトップヘ